しばんちろぐ 03

こちらは過去ログ置き場です。今はWordPressにいます。

iKnow!

[画像で振り返る、2015年10月の英語] iKnow!退会後初100時間/月。

StudyPlusに掲げている目標【100時間/月学習】、ほんとにぎりぎりで達成しました。



但し、その「中身」は、結構お粗末です。
数値目標だけ、取りあえず帳尻合わせたよ~ って感じの学習ぶりです。

studyplus_log_10312015

「iKnow!で3時間/週学習する!」てノルマ設定をしていて、【そのノルマをクリアするためならば 眠気も覚める】という具合の パブロフの犬的条件反射が 2012年から染みついていることがわかる 学習ぶりのグラフ。
ほとんど失業状態の中で、iKnow!のノルマクリア連勝記録を伸ばすことで 仕事がないというピンチの中の明るい面を見る事ができたから、本当に iKnow!には感謝してもしきれない。

そのiKnow!を、突如手放すことにした 先月。
やっぱり iKnow!なしの英語学習生活には、急にはなじめなかった。
とあるツイ友さんに 「英語上達完全マップ」を紹介していただき、手持ち教材の範囲でだけれど「標準プラン」など作ってみた。
【iKnow!を辞める】というコストを払って始めた学習法だが・・・9月の学習状況を見る限りでは、しばは 気持ちの切り替えがへたくそだ。
「新たなメソッドでやると決めたなら、メソッド変わっても目標値はキープ」が 理想だったのだが、できなかった。
そして10月。
「完全マップ標準プラン」の中で 定着したのは・・・実は学習プランではなく・・・

一度きりしか聞けない種の英語の 聞き流し習慣をやめる

これだけだ。
9月は、聞き流し型英語をやめた分は、もろに「学習時間減」になった。
10月は、100時間/月は達成できたのだけど、聞き流しをやめた分を 持ち帰り仕事(PC系)で埋めた
だから、厳しい見方したら、100時間できたことを 喜んじゃいけない。
(10月、実は、持ち帰り仕事に要した時間は50時間強あった。だから、自分のための学習のNET時間数は、むしろ9月よりも減ったのだ) 


自分は、なぜ、7年半愛したiKnow!を 突然辞めたんだろう?

同じ教材を7年半継続・・・は、中1で英語の授業始まってから数えても、最長記録。
7年半飽きない(途中波あっても復帰してる)って、我ながら、尋常じゃない長さだって思う。
この答えは、DMM英会話をしている/始めた ツイ友さんやネッ友さんの取り組みの中に、見え始めた。


iKnow!とDMM英会話の業務提携は、自分にとって、単なる業務提携に終わらなかった。
当時、iKnow!+レアジョブをやってた自分は、【iKnow!をお得に続けるためにレアジョブからDMMに移るか、iKnow!を(契約切れたら時点で)辞めてレアジョブ一筋にするか?】の 究極の二択を迫られてる気分になった。

iKnoworRarejob_nitaku
(iKnow!公式サイトをキャプチャさせていただきました)

今年8月に、セレゴジャパンが DMMと 業務提携しました。
その際、iKnow!の運営権を DMMに譲渡しました。
ウェブサイトでは、こんな風に説明されています。

---ということは、このサイト(のスクショ)のうたい文句によると、



(1)DMM英会話(有料)会員は iKnow!も追加料金なしで使える 
(2)iKnow!だけをやりたい人は、【DMM社提供のiKnow!】に対して課金する

ことになるのだが、このスクショのリンクからは、iKnow!の料金プランのページに行けない。
【iKnow!だけを/だけは続けていきたいが、オンライン英会話はDMM以外がいいな】な学習者に対応しているとは思えない。


今思えば--- だけど、私は 元を正せば、【DMM英会話有料会員にiKnow!無料利用権】の逆パターン の部分に 生理的レベルで怒った。
だから、7年半続けたものに、何度もブログネタにし、他人にさえも勧めたほどのものに、掌を返したんだろうなあ。


---とまあ、回顧談はこのくらいにして、ほんとに、「完全マップ」に出会えて、よかった。
標準プランの浸透度はまだまだだけど、少なくとも、「無意味または極めて非効率なインプット癖」を 開始2ヶ月で直せたって点は、自分で自分を褒めようと思う。
しばは ミーハーな ゲーマーなので、型から入るほうが 燃えるんで、今月、8月までの100時間/月を支えていた 「ほぼ無意味なインプット」の代わりに 持ち帰り仕事を充てた。
だが、NET(純粋)英語学習時間量の回復に時間がかかって鬱になるよりは、「ほぼ無意味な英語インプット習慣以外の」緩く楽しい英語系活動、中国語 あるいはPC系在宅ワークを増やして100時間/月確保して達成感を得るほうが 挫折しにくい!(^^♪ と、固く信じてる。

来月も、100時間/日 やるぞ~~!!
 

画像で振り返る、2015年2月の英語。

iknow_studylog_20150228

2月第1週が0時間・・・なのは、昨年から、進歩がない。
iPad Retina2012 の通信速度低下が目立ってから、レアジョブのレッスン時間は 悲しくなるほど激減してる。
自分は 「家では、飯(朝食)、風呂、寝る だけの人」 なんだなぁ・・・と再認識を余儀なくされる。
iPhoneでフリートークとか、DNA(=Daily News Article)などの教材を紙に印刷!! とか、力づくでiPhoneでもレッスン受ける執着心が皆無(要は スマホでレッスン受ける際は、回線がブツ切れした時でも、振替レッスン請求を遠慮すればよいのだ)。
そのくらい、昨年秋に 「受信感度の安定しないスマートフォンでレッスン受けておいて ”回線不良なので振替レッスンください”はunfair」という とある先生の言葉が 心に刺さってる。
寝坊すれば、朝食が通勤途上になって、家でやることが 「風呂 & 寝る」 に より一層劣化してしまう。

参考までに、昨年2月のiKnow!進捗。

iknow_studylog_20140228

今年は、「ノルマを達成しよう欲」だけは UPしたようだ。


そして、下旬に入ると、学習メニューの断捨離が始まる。

studyplus_hondana_revision2015

「ラジオ英会話」を、今年度いっぱいで 打ち止め。
デジタルテキストも、購読停止手続きをした。
普段用のメニューは、1日2種に絞って、ノルマと関係なく「その日の限界値までの学習量をやる」ことに努める。
要は 「やれる時に無制限にやることで、学習時間総量を引き上げる」のだ。

運転しながらや、家事中に流す TuneInでの英語放送や ポッドキャストは、Studyplusの英語の「学習」からは 外した。
英語が流れる「環境づくり」の意義はあっても、直接インプットや試験対策と絡むわけではないので、#ユルタノ に移動して、 Studyplus内で 「真に学習と呼べるもの と、 #ユルタノ(英語環境づくり)の比率」 を視覚化して、【英語漬けの質】 を 徹底的に見直す。

ゆるく楽しくも 悪くないんだけど、「英語と闘って、英語を通して何かを勝ち取る系」の色をもっと前面に出さないと、TOEICの点も上がらないし、今後の職探しにもつながらないことが、1月のTOEICの前回比-5点で、よぉ~~くわかった。

--- というわけで、2015年2月は、「英語学習フォーマット月間」。
来月以降に斯うご期待(^_^.)

画像で振り返る、2015年1月の英語。

iknow_studylog_10312015

ただただ、「お粗末」のひとこと。
ちょっと 英語人らしかったのは、TOEICの前(1月第2週)まで。
1/11がTOEICの日なのだけど、その後は、iKnow! を3時間/週 できてない×3連荘。
他の教材の取り組みがズタズタでも、iKnow!だけはやっていたことを思うと、 本丸落ちた って感じ。

iknow_achievement_550hours

1月最終日に、入会日から数えて550時間 に到達したみたいなのだが、いつもなら このバッジ見ると「やった~」と思ってツイートしたりするのだけど、それもない。(でも一応スクショだけは撮った)

朝 起きるのもギリギリ。
オハヨツイートする元気はない。
夫や娘2の弁当を作れない日が 半分くらいあった。
仕事から帰ると、即行布団入りな日が 1/3くらいあった。
「インフルにならないように」 「ノロにならないように」 「急病で仕事に穴開けないように」を最優先に考えて行動してたら、必死にiKnow! はじめ 英語漬けする気力も、スタミナも、残ってない・・・
自ら、 「冬眠」 と称したよ。

仕事帰りに車内学習しようとしても、iPad Air2が 思った以上にiPhoneとテザリングできない。
「どこからでも、ネットにアクセス(=ネット使用機器の電源ON)」が 自分の英語モードスイッチをつかさどっていたのかな、仕事帰りの帰路でiPadがネットにつながらないのは、かなりの痛手。
iPhone版のアプリも、スタックしたりした。

ネットがつながらないならば、非ネットなものにシフトする。
その シフト先は・・・ ポケモンだった。
ダンジョン内の長い読み物類(英語)があるステージは、あらかたクリア済み。
だから、ポケモンde English を味わう間もなく、伝ポケ(=伝説ポケモン)や 珍ポケ を、捕まえまくる。
捕まえようとするポケモンのレベル、タイプ、使う技、迎え撃つ自分はどんなポケモンのどんな技を使うか、即ゲットにするか、長く戦って疲れさせてからにするか、どんなボールをいくつくらい用意するか、どこまでHPを削ってから眠らせるか・・・
---- こんな具合の、短時間で即結果の出るタスクの戦略を練って、【ゲットに成功する】って成果を その日のうちに(数分、数十分単位で)味わっては、悦に入った。


ちょっと退廃的に過ごしてた1月最終週に、コンビニで この本に えらく惹かれて、購入。


「自分は 勉強モノ の比率を多くして、ネットを利用してるから、依存なんか してないぞ!」 て、10何年かずっと思い続けてきたけれど、 【本丸落ちたり、冬眠】 と称する 節ネット・節ツイの日々(=ポケモンしたから 完全なオフラインではないのだが)は、不思議と体が休まった。
「眠い時は 寝よう」は、最初のうちは 気が咎めたけども、 「それでも、眠いものは眠いぞ」 と言い聞かせて iKnow! や Duolingoからのアラートをスルーして早寝してみると、翌日 体が軽いし、職場でも、雑談を楽しめたりしたのだ。(英語バリバリやるモードな時は、職場で雑談することは 極力避ける傾向)

「体が軽い」 は、ネットから離れて 脳をはじめ全身の疲労が軽減されたからだし、 「職場での雑談が楽しい」は、ささやかな刺激でもドーパミンを分泌できた(脳疲労軽減の成果)からだ・・・て、お持ち帰り本がうたっていたりすると、「自分の サイトを始めてから10ン年の英語への取り組みは、何だったんだろう?」 て気持ちになってきた。
(詳しくは、「ついった~英語部」 2015/02の冒頭文 を見てね)



だけど待てよ。
脳生理学とか 脳内物質の名前 なんかを 全く気にしなくても、ちょっと俯瞰に、ちょっと動物的に考え直せば、すごく単純なこと。

しばには、好きなコト(はまってるコト)が、複数ある。
【複数ある】 は、すなわち、好きなコトは 潜在意識の中で 無意識のうちに常にランク付けされている ってこと。
その時の体調、心理状態で、好きなコトの 順位は変わる。
好きなコトランキング上位のコトは、自ずと習慣化( 仕事や学業に活きない系のものは、常習化)するし、下位のコトは、頻度が減る。

2015年1月、しば「の理性(顕在意識)」は、「英語が、好きなコトランキングのぶっちぎり1位であってくれ」 と願った。
だけど、実際は、TOEICが終わった途端 「睡眠」が突然1位をかっさらい、1月第4週(英検1次終了の、1/25あたりから)は、ポケモンが1位に躍り出た。
ネットから距離を置いたことで、「体がラクなように過ごしたいな」って感じていた心の声(潜在意識)の力が、強まった・・・て言ったらいいのかな。

ツイートでは、「楽してはならぬ」と 自分に気合いを入れる書き込みをしてるけど、件の磯村先生著書によると、

人の本音(潜在意識でのキモチ)は、オンライン上に現れない

--- のだそうだ。
著書読んで、気付いたこと。

自分は、これまで約12年間、「先にオンラインで大口を叩き(=憧れを公言し)、有言実行で締められるように、自分の行動を鼓舞・調整・監視する」カタチで 英語学習に取り組んできた。
情けない話だが、今年1月は、風邪と 仕事での忙殺とで オフラインで過ごす時間が増えた際、「憧れる姿の自分になるために必要なタスクを さぼってしまう」 ことが複数回あった。
必要タスクをさぼった時のキモチは、見方を変えれば、そのタスクを大切に思う度合いの強さ。
「ラクをすることを心地よい」と思うのは、いけないことではなくて、自然なこと。

1月中旬~下旬の頃は、自分の潜在意識の中で、

英語が 潜在意識内好きなコトランキングの1位を取れていなかったから、英語学習タスクをさぼった時に、「ラクだ」「心地いい」と思った。


これは、認めなくちゃならない。
逆もまた真なりで、「インフル中だけど 英語勉強したぞ~」という時は(2013/02/06~02/13くらい)、英語は 潜在意識内好きなコトランキングで ぶっちぎりの1位を取れている。


「やりたいことができている」 とか 「目標に向かって努力・精進を楽しめている」 っていうのは、

憧れと本音とが、シンクロされた状態を保てている

--- ことを言うのかなぁ・・・て、今更ながら 思ってる。
憧れは 理性 / 顕在意識。 本音は、潜在意識。
本音は 往々にして、自分自身ででも認めたくない時と場合があるけど、ひとまず 受け止める。
本音にしたがって行動すると法に触れるとか、周りの人を災難に巻き込む時以外は、できるだけ 本音のほうを行動の糧にしていくようにするよ。
怠け心は、(自律他律問わず)封じるのでなくって、怠けたくなくなるくらいハマれるコトを探したり、ハマれるコト見つからずとも、目の前のコトの細かい部分まで味わって、「時間があっという間に過ぎたよ」で締めるように、心がける。

2015年は、しばの潜在意識内好きなコトランキングで、英語が安定の・・・ 万一英語に飽きてる時でも、学習系(中国語とか、心理学、ITリテラシー)が 手堅く1位を取れるような生活を目指すぞ~ (*^。^*)



中国語学習 習慣化へのあゆみ。

今年の8月、「ヴァーチャル夏休み #vana6 」で、 【中国語を、もっとマメに学習する】という誓いを立てたのを機に、ようやく 程度はゆるいなりにも、中国語学習が、生活の中に 溶け込みつつあります。

しかし、最初に 「中国語をやるぞ~」 と意気込んでから、そこそこ生活の中になじむまでには、すでに9年経過している。
2005年秋 から ラジオ講座を垂れ流して、2008くらいまで、積ん読になりつつも 「まいにち中国語」のテキスト買ったり、「テレビで中国語」を見たりしてたのだけど、 2009から先が、全くもって、長続きしない。 

studyplus_log_hangyu_201210

2009年の、英会話教室勤務開始とともに、中国語は自然消滅し、その後 「もう一度、やってみようかなぁ」と思うまでに、3年を要す。
2012年4月、デジタルテキストを半年購読して始めるも、何とかついていけたのは、最初の1か月だけ。

studyplus_log_hangyu_201303

さらに悪い事に、「TOEICや英検対策に集中しなくちゃ!」と気合いを入れると、中国語熱は二乗に比例するくらいの勢いで冷めてゆく。
2013年7月~8月、「ヴァーチャル夏休み #vana5」参加があるのだけど、この時の成果は、【学習時間量の自己ベスト更新】と、【文単1周完了】がメイン。中国語は、正直、脇役。

そして、新しい仕事開始とともに、忙殺されて、私の脳内での、中国語の存在は、ますます薄くなっていく。

studyplus_log_hangyu_201310

はい、挫折2回目。
今年3月に、とある有名どころの中国語学校が作ってるアプリを 試してみたけれど・・・
有名どころ産アプリよりも、iKnow! 簡体字コースのほうが、なんとかモチベ保てて・・・ だけど、簡体字ステップ2の途中で、猛烈にサボった後に久しぶりに中国語のコース開いたら、ピンインのディクテが全くできない!

studyplus_log_hangyu_201405
 
わずか2か月で、3度目の挫折。
そして7月、「コース診断」から再度やり直し、そこで勧められたコースが、【Core500簡体字ステップ1(英語版)】。
要は、英語話者向けの 中国語コース。
これを、一番最初の Core500簡体字ステップ1 から、解き直しした。
理解できたかどうかは、二の次で、音楽を聞くように中国語の読み上げを聞いて、調音の書き取りをするような気分で、ピンイン入力に励んだ。
意味の分からぬ外国語は、音楽と思えばいい・・・て気持ち。

すると、不思議なもんだ。
中国語を、おととしや昨年よりも、長時間やっても、苦でなくなってくる。
2年前は、1回に10問分解くのがやっとこだった iKnow 中国語が、8月には、1回の演習量を20問にしても平気になってきて・・・そして今では、20問×2セット分(日本語版+英語版 とか、iKnow + BrainSpeed 等)できる日も たまにある。
無心にiKnow! をやって、気が付くと、6時間/月超えて、中国語漬けをしてた。

中国語をやらない日が3日以上続くと、自分から、「そろそろやらないとやばいぞ」と思うようになって、今では、iKnowをする時は、中国語を先に解いている。
月当たりの学習量が 5時間台までの時は、しばらく中国語やらない日々が続いても、別に何とも思わなかったけど、一度 6時間/月 を見てしまうと、不思議なことに、【中国語を聞かないと、何となくさみしい】 と思うようになってきた。

昨年までは よく感じていた、「英語と中国語を両方やったら、どちらの発音もへたくそになりそう」 て気持ちも、感じなくなった。
英語も、中国語も、ネイティヴと同じ音を出せるはずがないのだし、いつの間にか 「たとえ英語と中国語とが脳内干渉を起こしてでも、両方とも、練習を続けよう」 て、開き直っていた。

先月から、「まいにち中国語」が、おととし上半期(4月~9月)と同じスキットをやっている。
今ならば、2年前より、楽しく聞けるかな?

画像で振り返る、10月第3週~第4週の英語。

iknow_studylog_10312014

iKnow! と、レアジョブの取り組み記録。
手堅く、3時間/週 の iKnow! 学習は 死守することができた。
コレのためなら、手段を選ばず 何でもやったなぁ。
無謀なことも 家族に迷惑かけることも したよ。
寝坊が怖くて、車中泊した日もある。
だけど、 そうしてでも ターゲットクリアを したいんだよ。
しいては 【あの日よりも伸びた英語力】が、ほしいんだよ。 

応援歴8年の Jay先生のコースを見つけて、激しくときめいて、iKnowのコース、始めちゃった!
ここの掲載語句と、レアジョブやNPRのラジオで 再会すること多いんだ。 幸せ



レアジョブは、今月は 10レッスン受講。
月の前半は、「レッスン受けるならば 予習しよう」 論でいくのか、 「予習云々よりも、とにかく回数多く受けよう」論でいくのか 自分の受講スタイルを 決めかねてた。
今は、どちらかというと、後者(レッスン回数優先) 寄りのスタンスでレッスン受けてるけどね。
今日、フリートークのレッスンで、「喉まで出てたけど言えなかった英単語」は、コレ。


dripper


ちなみにこれは、日本語だと 「コーヒーサーバー」 て呼ばれるけど、英語は、coffee pot。
粉末のレギュラーコーヒーは、 ground coffee。


レアジョブは、【月1回コース】なんだけど、レッスン受講頻度が3日に1回でも、「月謝もったいない」 とは、あまり思わない。
レッスンで使う 使わざるにかかわらず、Daily News Article (DNA) を読むのが、地味に楽しいの。 
オンラインニュースを有料で読んでる(それも読み上げ音声付き)--- て気持ち。
教材系は、iKnow! は一番頻繁に、 レアジョブのDNA は二番目に頻繁に、 パス単やウェブリオなどの単語帳系をたま~に シャッフルしながらやってる。
どれをやる時も、それぞれで、掲載語句と出会って、そのたびに、さらに深く覚えられたり、忘れてたことに気づいたり・・・を楽しんでる。
んで、気が付くと、レアジョブの先生とのフリートークで口をついて出てきたり、レッスンの時にスムーズにQAに答えられたり、要約ができたり (*^。^*) の、いい流れが ちょっとずつだけど、できてきてる。
DNA学習のおかげで、10月も、100時間/月 学習できたよ★

studyplus_log_10312014
 
11月も、大人げなく、楽しく、英語やるよ~  (。◠‿◠。)

画像で振り返る、2014年8月前半の英語。

ブログネタ
英会話 に参加中!
iKnow_studylog_08162014

「画像で振り返る」英語学習なので、画像多用します。
iKnow! の学習記録カレンダーモードの画像にメモ書きをしているので、ある意味、本文なくても大丈夫?かもしれないですね。

「あ、しばは、8/11から13は、iKnow! さぼったね?」 
「8/3から9は、超がんばったね」
「いろいろ書き込んであるのは、言い訳かい?!」

--- 画像見て、私の学習風景を 自由に 妄想して楽しんでください。


なお、「娘1帰省期間」の注意書きのフォントを 勘亭流にしてあるのは・・・ 娘1が帰省してる間は、なにかと野暮用をたのまれたり、買い物をしたりで、学習時間を削がれるからです。
あと2か月でハタチになるのに、いまだに、英語に対してやきもち焼きます。
どちらかというと、「アンチ英語」に属す部類、かつ pester power (願望かなうまでだだをこね続ける力)が強いので、下手に口論すると、気疲れして、ホントに嫌な気分になります。
避けられるケンカは極力避けたいんで、娘1が帰ってくる時期、私は 腹を決めます。

英語は彼女が寝てる間に書き入れて、あとは家族サービスだ

---と。
ただし、私は 一旦仕事部屋に入ると、家族の動きが全くわからないくらいの「トランス」(集中力・・・なんてもんじゃない、夫や子ども達が帰宅したり、寝たのも気付かないくらいの 放置です)に入ってしまうことがあるので、朝と夕食後は、デスクトップの前で過ごさないように努めてます。



Studyplus の画像も、貼っちゃおう!

IMG_0668

8/10は、英語系のツイ友さん達と 「8時間/日 学習しようデイ」なので、ずば抜けてます。
ツイッターでは、#8勉部 て呼んでます。
Bn_8benbu

「毎月 第2日曜日に、8時間/日(以上)がっつり学習して、自分の ”限界超え” をしよう」 から始まったオンラインの学習イベントなんですが、実は、絶対8時間/日学習しなくちゃいけない代物ではないのです。(進め方はこちら)
なのにしばは、タグを字面通りに解釈して、8時間意地で詰め込んでは、ヘトヘトになってます。
8時間/日 達成できないと、敗北感でどんよりします。
9月14日が、来月の 「活動日」 なんですが、それまでに、進め方ページを改定して、「連続した2日間(主に土日)合計で8時間(以上)」のコースを新設予定です。



画像で振り返る、2014年7月の英語。

5月と、6月は、かなり忙殺された感大。
iKnow! を、毎日こつこつできてないし。

7月に入って、それも、子ども達の学校が夏休みシフトになってから、よう~~やく、コツコツ学習ができるようになったよ。

iknow_studylog_08012014

iKnow! も、これまでは、「とりあえず、英語はしっかりやろう!」だったけれど、「ヴァーチャル夏休み」 をきっかけに、中国語もコツコツやってみよう と誓いを立てた。
中国語を後回しにしないように、iKnow!にログインしたら、まずは中国語をやってる。
難しいし、しんどいんだけど、粘ってやってるよ。
職場に行けば、私が中国語学習で感じるような状況を、与える側になるんだから。

たとえわからなくても、わからないなりに耐えて、中国語のiKnow! を解いてから、英語のコースを解くと、【英語・中国語各1コースずつ】やっても、2言語合計で30分をちょっと超えるくらいの学習量を出せる。
7日のうちに2日おサボリ日があるのは、ちょっと多めだけど、3時間/週のノルマを守るにはギリギリ想定内。


新年の誓いの頃は、 「毎日1レッスン 習慣化」と言っていた オンライン英会話も、 仕事の締め切り前はズッタズタに忙殺されて、レッスンしない日の連発。
「家に帰ると、疲れて朝まで寝ちゃうから、家に帰る前にレッスンしよう!」 と念じて、職場からの帰り道に、車内でiPad広げてレッスン受けるのが、一番手堅くレッスンできるスタイルになっていた。 

rarejob_90lessons
 
そういえば、オンライン英会話の頻度は、ならすと、3~4日に1回になってしまったなぁ。
「通算100レッスンに到達!」も 「バーチャル夏休み」課題に挙げていたよ。
こちらの達成も、もちろん目指すよ(*^。^*)
 

iKnow! 中国語コースの、 「コース診断テスト」

iKnow!、秋には、値上げになるそうです。
消費税増税だから、しょうがないかななぁ・・・

それか、「ワンコインキャンペーン」 中にしか、新規会員数伸びてないのかなぁ?
それで、思うほどの利益、上げられてないのかなぁ??
私も、有料に「するぞ」の時のキャンペーンで、無料iKnow!の時の履歴引き継いで入会して、2回更新した時も、「ワンコインキャンペーン」の期間狙って更新してたなぁ。 てへ (^_^.)


--- という、値段の話はここまで で!

今日は、久しぶりに、iKnow! で、中国語やったよ。
英語は、ちょいちょいやってるけど (激務期はサボっちゃうけど)、中国語は、完全にお留守だった。
最後に解いたの、3月。
ブランク4か月。
中国語アプリ も、 めげた。

画像1

英語初心者の方が、自学を試みていろんな教材試すけど、いつの間にか挫折 ・・・ これが、私の中国語学習の中で起こってる。
記憶が正しければ、4度目くらい。
期限付きで曲りなりにやり遂げて・・・さえもいない。
「まいにち中国語」も聞かず、ダウンロードしたアプリも解かず・・・iKnow! が一番長く続いたけど、そのiKnow!も開店休業。
何と言っても、ピンインのディクテーションが、全くと言っていいほどできなくなってた((+_+))
音素は当たっても、四声で間違う。


「この先も中国語続けるなら、iKnow!は仕切り直しだ」 と思って、コース診断テストを受けてみた。
中→日 と、日→中 なら、どうにか解ける。
だけど、中文単語を見てピンインを打つのと、音を聞いてピンインを打つのが、壊滅。

そして、コース診断テストの結果:

iKnow_zhongwen_forenpeople

2年くらい前に解いたものと同じヤツの、英語バージョン。
進捗度 0%。
一度クリア済みの(日本語版)を再度解きながら、英語版を解いたら、同じ問題を2周やることになるから、記憶に残るかな?
ピンインディクテも、部分モードにして、大変だけどこまめに聞き取りする。
音素の発音を忘れちゃってるから、そっちも何とかする・・・ 

画像で振り返る、2014年4月の英語。

以前は毎週このスクショを撮ってたのに、今月はすっかりオサボリです。
スクショ撮って、未編集でとりあえずツイッターに上げて終わり ☆ てのも多々あった。

勤務時間が短くなった (=給料は減ったが、自分用の学習時間を増やすチャンスは来た、ともいえる) のを、全く活かせていない。

BlogPaint
春休みから、年度替わり期にかけては、そこそこ頑張れた。
コレがデフォルトなのが理想だけど、派遣仕事を始める直前の2012年秋並みのコツコツ学習ができたよ。
「いつも、こんな感じだといいな・・・」 と、淡い夢を抱くが、実際はそうはいかなかった。

iknow_studylog_04192014
仕事本格稼働してみると、職場で自分用ノパソが使えなくなっていた。
あるにはあるんだけど、XPなもんで、職場内イントラネットからも切られて、必要なファイルが入ってるNASフォルダにアクセスしたり、ブツを印刷できなくなってしまった。
もちろん、サポートの終わったXPで文書を作っても、もうNASに入れることはできない。
代わりに、家で作って、仕事用の外付けHDD側に保存し、出勤時は常時ポータブル外付けを持ち歩く。



同業の方で、「自分用ノパソは貸与されてないよ。家で書類作るの、フツーフツー」 ておっしゃる方を知り、「昨年度が、ラッキーすぎたんだなぁ」 と発想転換することはできた。
と同時に、自分が 「たとえサービス残業してでも、家に職場の仕事を持ち帰りたくない種の人だった」 事を再認識した。

iKnow! にログインできていない平日は、「職場で使う書類作りや、印刷」に追われていた。
直前にならないとやる気が起きない悪癖のためだ。

iknow_studylog_04262014

・・・てな感じで、フタを開けてみると、週末しかiKnow!をやらない週が、2連続でできてしまった。
どっかりため込んだ夏休みの宿題 (^_^;) じゃないけれど、平日完全にiKnow! へのログインなし×5のツケは、土曜一日では取り返せない。


今年度は、夫が6時半前に家を出てしまうことがあるので、5時台のうちに弁当を作り終えなければならなくなった。
昨年度は「5時台起きがフツー」だったが、今年度はもう5時台起床では、完全に寝坊。
作る弁当の数も増えたし、4時半に台所に立ち始めて、ギリギリ。
台所ではTuneInで海外ラジオをつけてるけど(通勤時車内でもつけてる)、とても学習したといえるものではない。「全くやらないよりマシ」な程度の英語への触れ方。


家で座学できないならば、家の外で積極的に座学時間取らないとね。
カフェ勉(これは、たまの贅沢)、マック勉、車内勉・・・か?
「1日ン時間英語インプットするまで、帰りま10、帰れま10」 的に、種々の小言に耐えて英語の鬼になって、試験で結果を出す事を通して最終的にわかってもらう ・・・も、辞さず かなあ。
これから先。
livedoor プロフィール
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ