しばんちろぐ 03

子ども達が全員 18歳以上に達したので、近日 改装に入ります。

BNA

【日記じゃないんだけど、英文ライティング】レアジョブ Beginner News Article / Entertainment / Hayao Miyazaki's Animation World

「気まま英文日記でない英語ライティング練習」の第3弾です。
全編、文字起こしを日記として書くとは限りませんが、できるだけ多く書きます。
4月(英語一時休止に陥る前)の カウンセリング時に提案いただいたメニューの「気ままな英文日記でなくて、特定テーマに沿った英文を書くライティング練習」を、Beginner News Articleを使って 細々と行っています。

BNAの Exercise 4 が ディスカッションの練習課題なのですが、設問が

 "I agree because --- "(賛成の時) または "I disagree because ---" (不賛成の時) で意見を言いなさい(ライティングならば、書きなさい)

となっています。(BNAの記事は、全30テーマすべてこのスタイルです)
実際のレッスンでは、文字起こしを読み上げることはしません。
【書けることは、話せる】との 希望的前提に立っての、論点整理目的での ライティングです。 


今回は、趣向を変えて、英語部分を 手書きにしてみました。
文字下げは 意図的に行っています。
単文(最低限、主語と動詞を持つ、語数の少ない文。ピリオド、!、?で完結可能なもの) 以外は、修飾句や修飾節をもとに 改行しています。
日本語版(≠逐語訳)は、英文画像の下につけています。


2016-11-05-07-09-49

[ ディスカッションのポイント1] 国際的な賞を取ることは、映画監督にとって重要だ。

--- 私は賛成しません。 なぜなら、国際的な賞を取ることは「結果」、言い換えれば 成功の副産物と考えるからです。
映画を作る際には、賞を取ることを狙う映画監督もいれば、作品が人気が出るかどうかを気にせず、作品に込めたメッセージを伝えることに専心する映画監督もいます。


2016-11-05-07-15-08

[ ディスカッションのポイント2] デリケートな(=人によって気分を害するような)問題を映画に含めることは、適切だ。

--- 私は賛成します。 なぜなら、映画は 重要なメッセージを間接的に伝えるのによい手段だからです。特に デリケートな問題を提起する時には。
映画の中のユーモアがきっかけで、観客が映画の本題に興味を持つようになるでしょう。


image
2016-11-05-07-28-58

[ディスカッションのポイント3] 手描きのアニメは、コンピュータで作ったアニメよりも優れている。

私は、賛成せざるを得ません。なぜなら、手描きの絵は、コンピュータで描いた絵よりも 多くの色の濃淡や陰影を表現できるからです。特に、(アニメの)作者が 細かな描写をしたい時には。
プロのCGアニメーターになりたい人達にとっては、デッサンの授業は必修です。この点でも、手描きは 長い目で見て コンピュータでの作画に勝ります。
 

【日記じゃないんだけど、英文ライティング】 レアジョブ Beginner News Article / Food / Stay Thin with Chocolates!

「気まま英文日記でない英語ライティング練習」の第2弾です。
4月(英語一時休止に陥る前)の カウンセリング時に提案いただいたメニューの「気ままな英文日記でなくて、特定テーマに沿った英文を書くライティング練習」を、Beginner News Articleを使って 細々と行っています。

BNAの Exercise 4 が ディスカッションの練習課題なのですが、設問が

 "I agree because --- "(賛成の時) または "I disagree because ---" (不賛成の時) で意見を言いなさい(ライティングならば、書きなさい)

となっています。(BNAの記事は、全30テーマすべてこのスタイルです)

Daily News や TOEIC教材をやることの多い先生と、このBNAを読んだ時のアドバイスで、「日本語の意見構築スタイルとは違うなぁ。そして、英語話す時には 発想ごと切り替えなきゃならないなぁ」と改めて思ったことがあるので、私の英語駄文をコピペしてくる前に ここに書き留めます。

<先生より>(アドバイス骨子。同じ英文でない可能性大。あくまで、要点を英語化しています)
 When you're asked " Answer in a sentence beginning with I AGREE or I DISAGREE", you should decide which side ( agreement or disagreement ) you'll mention and focus on one side.  Agreement points and disagreement points should not be mixed in one statement.

 
これ、日本語だと 無意識に、「賛成な点と反対な点を混ぜる」をやっている気がします。
1つの議案があって、賛否考える時、 「○○なとこは賛成だけど、××なところは嫌(不賛成)だなぁ。だから 総じて・・・100%の賛成/反対 ではないけれど 両者を差し引きしたり比べたりして、どちらかといえば賛成 / 反対 で、賛成率(反対率)は、ン%くらい・・・」 みたいに やる。 

これまでの 自己流の文字起こしでは(レッスンでは必ずしも文字起こしした通りに話してない) 「ン%賛成/反対」を 使ってしまっていました。
時には 自分の気持ちが 強い賛成/反対 にならないこともあるけれど、英語では 「賛成 / 反対」と先に旗色を出したらば、賛成理由 / 反対理由 に絞って 理由づけをするんです。
それが、英語での意見構築スタイル。
発する言葉は英語なのに、英語以外の思考を使って意見を練っても、うまく伝わらない。
日本語での意見構築スタイルをごり押して自分の意見まとめたものを英語で言ってみたところで、たとえそれが自分が真剣に思ってることであっても "What do you mean?" て聞き返されたり、"I don't see what you mean." と 対話の流れが滞ってしまったりする ---  

「伝わらなかった(涙)」は、英語の語彙力とか文法力が足りないためばかりではない。
感情をことばに練り上げる時の様式(意見構築スタイル)ごと 英語の流儀に則ってキモチを述べて、 やっとこ伝わる。
この部分、脳内メモ。

さほど込み入ってない話題に関する意見文のライティング、ちょっとはまりそうです。
英語話者の流儀で 気持ちをことばにまとめる練習 --- (*‘ω‘ *)  --- 以下、駄文のコピペ。
※今回は、「1つの意見文の中に 賛成面と反対面を混ぜない」の部分を自己推敲したものを貼ります。
使用教材は こちら


[Discussion point 1] People should regularly eat chocolates.
--- I partly agree. 
It's a big relief for people on a diet that chocolate can help them lose weight, as long as eaten moderately.


[ Discussion point 2 ] More studies should be done to prove that chocolates can help with weight loss.
--- I strongly agree: I hear that white chocolate contains much more fat than dark chocolate, which doesn't sound good for losing weight.
I'm so curious about what kind of chocolate is the most effective for losing weight.


[ Discussion point 3 ] You can stay slim even if you eat a lot.
--- I basically disagree because exercising regularly and properly is as important as food intake when it comes to a successful diet.
As for chocolate, there are some points to consider in order to avoid gaining weight by eating it. 
At least, just eating healthy food and no exercise would result in getting stout.


 

【日記じゃないんだけど、英文ライティング】レアジョブBeginner News Article / Family / Children and Technology

4月に(2校で教えるリズムが固まる前に)カウンセリングを受けた時にアドバイスいただいた、「気まま英文日記でない 英文ライティング練習」 ようやく第1弾をUPします。
レアジョブのBeginner News Articleの中の Exercise 4(先生とディスカッションする問題)の、「こんな風に話せたらいいな の理想形」を 5分以内を目標で書きました(タイピングしました)。
実際のレッスンでは、ライティングを見ていただくことも予定しているので、Lang-8に原文を上げています。
※ 今回は、添削が先に来ましたが、添削を待たずにレッスンで初稿を使うこともあります。

この記事は、日記ではないので はじめは声を当てません。
ライティングに 焦点を絞ります。
(読者のみなさんのご希望あらば、または 同じトピックをスピーチ想定で再構築した際は 声当てをします)

☆使用したレアジョブ教材は こちら
☆ディスカッション問題の初稿は こちら。

 
 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

[ Discussion Topic 1 ]  It is important that children learn to use technology.
[ My opinion ] 

I agree because current society is surrounded with technology in many ways, which will cause a lot of inconvenience to those who don't use it. 
Children will have to learn how to use technology effectively before entering the workforce.



[ Discussion Topic 2 ]  Parents should let children use devices as much as they want to.
[ My opinion ]
I agree basically because children should have time to learn how to use devices safely and effectively.
But some roule are also needed.
 Firstly, outdated devices are preferable for children's use.
Secondly, when children are very young, it would be best not to be surrounded with lots of technology at home.
I suggest that children, especially under 13, use computers outside of home or take computer classes at schools; frequent attendance to these kinds of places are fine.


[ Discussion Topic 3 ]   Children should play outdoors more.
[ My opinion ]
I agree 55% because of one physical reason:  staring at a display for a long time isn't good for children's eyes.
Unfortunately, it's hard to find safe outdoor places, which are also attractive enough for children.
So parents themselves have to make an effort to avoid technology at home and enjoy outdoor activities in order to encourage children to play outdoors.


 
筆者。
通信制大学に通う 場末教員。デジタル機器の 人柱er。BIO詳細→https://t.co/0ORAVteKs5 (スマホ, タブレットの方はPC版を見て下さい)
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ