しばんちろぐ 03

子ども達が全員 18歳以上に達したので、近日 改装に入ります。

英会話

英語学習旅 2015年秋 第3弾。 「東京英会話クラブに行ってきた」

今月は、勤務シフトが変則的なので、非番な平日の活用が あらゆる面で肝になります。
「平日の非番日にこそできることをしよう!」が 今回の旅のテーマです。
旅程は 次の通り。


1.母校に書類を取りに行く

2.「東京英会話クラブ」参加

 
しばの母校は 埼玉県にあるので、特急は使わず。
でも、「英語絡みの一人旅でしかできないことを、1つはしよう」と、プラス980円の プチ贅沢をしました。

 2015-11-20-12-03-51

常磐線普通列車の グリーン席です。
一部車両が、2階建てになっている あの部分!
しばは 2階席に乗りました。
常磐線普通列車に 2階建て車両が導入されてから、ずっと気になっていて、「一度で乗ってみたい」と 心ひそかに思うこと 約20年・・・

ついに 乗りましたヾ(=^▽^=)ノ 
グリーン車・・・というと、全席指定のイメージがありますが(実際、新幹線や特急のグリーン車はそうだから)、普通列車グリーン席は 指定席制ではなかったです。
1階席か2階席かだけ選んで、好きな場所に乗ることができました。
リクライニングできるシートだけど、コンセントはついてませんでした|д゚)

グリーン券料金は、乗車距離に応じて 変わります。
駅の券売機で買うのと、車内精算時に買うのとでも、料金が違います(駅の券売機のほうが安い)。

車内では、らじるらじるを使って ラジオ英会話と、実践ビジネス英語を聞きました。
その後は、紙の本を読む。。。
しば、普段は めったに本を読まないんです。
そういう意味では、前任校の「朝の読書」は 読書の習慣化に すごく貢献してたなぁ。
読んだことは 読んだんだけど、半分くらい 本開いたまま うたた寝もしちゃいました(;^ω^)

2015-11-20-14-01-41

常磐線を降りて、北千住で 盛大に迷い・・・
(各路線ごとの 発着ホーム配置が、盛大に変わっていたんです!)

かつての東武伊勢崎線(浅草~東武動物公園)は、東武スカイツリーライン という オサレな名前になり、自分の在学中 「業平橋」 だった駅は とうきょうスカイツリー駅 になり・・・ いろんなものの 激変に、やや動揺。
草加入りショートカットでお世話になる 「準急」列車も 急行(小田急線、東急電鉄と同じ感じ) になっていました。

2015-11-20-14-25-07

駅前の様子が すっかり変わり、大学までの道も コースが変わっていました。
正門の位置も、変わってた・・・
旧友と楽しく飲んだ 裏門前の 狸がいたお好み焼き屋さんや、部活時に色画用紙を買いに通った文具店も、店を畳んで 跡形もなかった・・・

勇気を振り絞り 入る。
学内に、セブンイレブン・・・
わずかに在学当時のままの佇まいを残す 中央棟 は、完全に 教授達専用スペースになっていました。
各種書類をもらう 教務課 は、新しい建物に移転していました。
しかも、券売機で 申請用紙を買う方式!!!

ネットから申し込んで、郵送願い出すほうが 楽だったよ

でも、今日 母校を訪ねて よかったです。
学食も すっきり きれいになってたし、各棟に最低1か所は 隙間時間学習できそうなテーブルを配したオープンスペースと、紙コップの自販機、あるいは校内カフェ。
体育会向けのトレーニング室、会合や文化部の練習向けの部屋も、新築された棟に収まって(かつ部屋数も増えて)、授業以外の活動も みんなキャンパス敷地内で できてしまいそう・・・
いろんな意味で 感動しました☆彡
改装後の 母校の教場に 座りたいです。 ガチニ
母校狙いで、埼玉でTOEIC受けようかなぁ (●´ω`●)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

母校で書類をいただいた後は、いざ 都内で一番オサレな街での 「英会話クラブ」。
昼食は 行きの電車内で済ませたので、 夕食をいつ、どこで食べるかを 考えます。
草加から 表参道・・・ 東京でも一番オサレな場所(^^♪ に、遅刻するわけにはいかない。
グーグルマップで、一番迷わず行けるルートを取って・・・

2015-11-20-17-35-48

青山入りした頃には、もう 夜!
「いつかは必ずここで食べたいぞ!」なお店を 何軒も見つけました。
ここでちょい飲みしようかなぁ・・・(^◇^) ・・・ と一瞬思ったが、値段が高すぎて挫折。
サイトに掲載の地図には、「表参道駅から徒歩7分」て書いてあったのに、英会話クラブ会場は 思ったよりも奥まったところにあり、結局見つけるのに 40分くらい歩いた。
いい運動だった~

2015-11-20-17-50-07

(関係ないけど 国連大学)

2015-11-20-17-49-11

青山ブックセンター本店 は、夕食後回しにして寄ろうと思えば寄れたけど、食い気に負けました。

最もおしゃれな土地の マックで・・・

2015-11-20-18-08-37

バペポ

のセットを食べて、Chattyで レアジョブ先生とチャットして、気持ちを英語モードにして、いざ チェックインです。

学習会内容は:

1.1分間モノローグ(2人組) 「私の長所」 (2人とも同じトピック)
2.自己紹介&フリートーク
3.グループワーク 「What I'm crazy for / sick of 」 (大好きなもの、大嫌いなものについての英文作り)
4.1対1トーク (同じテーブルになってない方と組む)
1分間モノローグのお題は、澤田塾での英会話セッションで過去に出たものだったので、前より少しだけ イントロ部分ははっきりと気持ちを言えました。
でも 今後の課題も満載です。
掘り下げ(Body)部分の英語が 改めてイントロ部と照らすと、関連性の薄いことばかり述べた英語を使っていたり・・・orz
書けないものは 言えない
---を、痛いくらいに突き付けられました。

自己紹介をはじめとする 各種グループトークでは、 「たとえ相手の話にノリノリになっても、相手の話の腰を折らない」 ことに 最大の注意を払いました。
もとい、それにしか、注意払いませんでした。
少なくとも、この部分は、 11/3 英会話懇談会時よりは、伸びたのを感じることができました。


一等地での英会話クラブ学習会・・・ 水戸っぽにとっては、ある意味 「一見さん的参加」だったのですが、毎週会場が取れる都心一等地だけあって、仕事帰りに英会話クラブに出ることが 日課化している方が 大多数だったことに 激しく感動して、会場を後にしました。 


帰りの高速バスは、満席で1本遅い便に乗りました。
その頃、iPhoneのバッテリが死にかけてたのですが、1本遅らせて乗ったバスには、運よくAC差し込み口がついていました(^^)/
iPhoneを充電しながら、車内で まいにち中国語を聞いて、英語物語(英語を解きながらカード集めをするゲーム)を 何面進めたかなぁ???


今回は、県境をいくつも超える旅をしたのに、道中でしたことは なぜか 普段通り ---という、不思議な旅でした。 

[最終回:11/1 (日)追記] オンライン英会話の効果を、十二分に出すために。(3)Skype環境ベンチマークテスト

この記事は、ある意味 「前回自分に出した宿題」みたいなものです。
どんな宿題かを 振り返ります。
次の2パターンで、Skype会話時の音質を調べます。
A. 自宅でSkypeする際の、機器別の感度 
B. 屋外や外出先でSkypeする際の、機器別の感度
 

私がこれまで出会ってきた範囲のレアジョブチューターさんには、レッスン時、「今どこからSkypeにログインしています」を話すようにしています。
Skypeの通話音質をよくするのは 相互努力だ」と考えるからです。
昨年の正式入会から、自宅のみならず、いろんな場所で、いろんな端末を使って レッスンを受けてきましたが、複数のチューターさんから出た言葉は

(1) より速いCPUを積んだ機器のほうが 通話音質がよい

(2) ヘッドセットは ノイズ軽減に大きな役割を果たす


です。

(1) の傾向は、特に家の外でレッスンを受ける時に 顕著になります。
20150727_045427254_iOS
iPhoneならば、より新しいモデルほど 速いCPUを積んでいます。
A8(6シリーズ)+PC用ヘッドセットマイク部にスポンジ付き の場合、双方の住所地の天候がよければ PCで話す時とほぼ同じ音質でトークできます。
どちらか一方が荒天の中でのトークだと、スマホは PCよりも Wi-Fi受信時に気圧や風の干渉を受けやすくなる傾向が感じられました。

20150727_062834569_iOS

(画像は iPad mini 初代、A5チップ)
タブレットは、SIMカード内臓品でない場合は、自宅ならホームWi-Fi、自宅外だと スマホとのテザリング、ポケットWi-Fi、公衆無線LANなどでネットにつないでSkypeトークするけれど、ホームWi-Fiは 古い型番のタブレットでも、それなりに見られる画、聞ける音を提供できる(---と、月見フリートークの際 チューターさんから嬉しいコメントをいただいた)な・・・と感じています。

iPad mini初代と iPhone6勢とを比べたら、「タブレットのほうがスマホよりはスカイプ感度安定・・・」に見えるかもしれないけれど、先月の ヒカリエdeレアジョブ の際は、より速いチップを積んだiPhone6+のほうが 【iPad mini初代+iPhoneとテザリング】 よりよい音質で会話できました。
自宅外レッスンで どの端末を使うかは、「搭載チップの情報処理速度」に依存するところが大きいと感じます。


(2)ヘッドセットの ノイズ低減効果について。
20151017_104213000_iOS
A:内臓マイク B:イヤホンマイク C:ヘッドセット(両耳、マイク部にスポンジ付き) の3通りで 自宅や車庫などでMacBookでSkypeトークしてみた場合、音質の良さ(降順)は
C>A>B
でした(左ほど高音質)。
晴天時、雨天時、風の強い日・・・など MacBookにいろんなオーディオ機器をつけてトークしてみて、【天候の影響を受けにくいほど高音質】と考えての結果です。
<注釈>
C:ヘッドセットは Mac対応のヘッドセット となると、実質USB接続のものになります。

今年になって、PCでSkypeトークする時に、USBの穴に挿すタイプのほうが音質がいいように思えて、MacBook用にこんなのと

デスクトップ用にこんなのを

それぞれ 使い始めました。
耳当て部半密閉(クッション素材になっている)式+マイク部スポンジ付き品の音質は、ぶっちぎり。
今年の上半期いっぱいは、自宅外でのSkype環境は MacBook+USBヘッドセット(持ち運びしやすさ的に、片耳) がベストと思っていたのだけど・・・

やっぱり、USB接続  両耳のものが ベストでした。
普段はWindowsデスクトップに挿しているものを、MacBookに挿して音質比べしてみます・・・
 


屋外 かつ 静止せずにスマートフォンやタブレットでSkypeトークをする際の出で立ちに関しては、ヒカリエdeレアジョブ以来、思い切り考え方変わりました。 

マイク付きイヤホン<PC用ヘッドセット

傍目に目立つけど、荷物増えるけど、それでも PC用ヘッドセットです。


欲を言えば、【タブレット用ヘッドセット】がほしかったです。
でも、夏場までは 地元ではほとんど手に入らない代物でした。
それで 代わりに 上の画像にあるような 変換プラグを買って、3年くらい前から使っている旧ヘッドセットにつけて、スマホやタブレット用に互換させています。 
最近は、娘2も iPadのSkypeインカメラに 推しメンの出るTV番組や その録画物を映して、姉と一緒に見て萌えていたりするので、娘2も 「タブレットで いい音でSkypeする環境」が必要になってきています。
(注)PC用ヘッドセットで、プラグがピンクと緑の2種あるものは、Windows用の仕様です。
「4極タイプ用」と明記した変換プラグを挿して、スマートフォンやタブレットに使えますが、MacBookに【(Win用)PCヘッドセット+変換プラグ付き】を挿しても、スマートフォンやタブレットに挿した時よりも、マイク集音感度が落ちます。


お使いのPCがWindows機のみで、かつスマートフォンでもそこそこな回数 Skypeトークをするのなら、
こんな追加部品をつけて、PCで使ってるヘッドセットを流用できます。
廉価なWindows用ヘッドセットは、たいていヘッドホン端子とマイク端子が、二股に分かれています。



ここまで読んでくださる中で 「あれ? しばは、Bluetoothヘッドセットやイヤホンを使わないの?」とお思いの方も いるかもしれません。
実は・・・Bluetoothには、悲しい思い出があるんです。
基本、新しがり屋なんで、初めてのスマホ(IS03、Android2.2、2011年) 時代に、【ハンズフリー受話器】的なノリで Bluetooth片耳ヘッドセットを買ったんです。
娘1と ファミレスで食事しながら、Bluetooth君をIS03に紐付け。
しかし・・・肝心のBluetooth君は、娘1のガラケーの電波を拾ったり、別のお客さんの携帯電波を拾ってしまったり・・・と、全然働かなかったんです(*´Д`)
この時点で、Bluetoothイヤホンの類を 生理的なレベルで信じられなくなりました。 
MacBook用のマウスも、Appleマジックマウスでなくて、娘2の中古PC(現在夫が使用中)についてきた廉価有線マウスです。
Bluetooth以外でも、MacBookとiPhoneをつなぐ時は、Wi-Fi接続よりもUSBケーブルを挿すほうが好きなんです!
MacBookのバッテリをiPhoneに持っていかれはしますが、Wi-FiシグナルをMacBookだけで独占できる安定感は 何物にも代えがたいんです。
じ・つ・はぁ~ 有線最強!



最後に・・・

「オンライン英会話の話題で これを言ったらおしまいよ!」 という話になりますが、Skypeでの会話時の高音質を追及すればするほど (小声なので字が小さくなります)

人の声を聞く時の音質は、実地でマイクなしの生声の音質にかなわない

---ことを、認めざるを得ないように思います。
その上で、機器や小道具を使ってできる限りのノイズ軽減をして、ホントは遠くにいるのだけど すぐ隣で教えてもらっているような気分を味わって、私たちは オンライン英会話をして元気になったり 幸せになったりするのかなぁ。

 

オンライン英会話の効果を、十二分に出すために。(2)快適にレッスンを受けるコツ

今月は、レアジョブ入会1周年の月。
昨年1月4日に正式入会、3月くらいまでは、そこそこいいペースでマメにレッスンを受けていた。
2月の下旬で、30回まで行ったのだけど・・・
rarejob_30lessons

100回に届くのに、2月から数えても、半年を要した。
 【1日何分、確実に英語を話すか】の時間量の平均値が、激減。

9月からは、「もっとスピーキング量を増やしたいな」と、おぼろげに思ってはいながらも、「どうやってスピーキング量を増やすか」の具体的行動をどうするかを、今一つはっきり決めないまま、2014年を終えてしまった。
自分の中では、英語スピーキング実践時間を増やす方法は、 下記の3つがメインだ。

(1)オンライン英会話レッスンをより長時間受ける
(2)オフラインで英語を話す場に出かけていく 
(3)ネイティヴの同僚に積極的に英語で話しかける

(3)は、勤務時間内で実践すると、職場で「浮く」危険がある(←浮くこと心配してるのか?!) ので、どうしても休日や退勤後の勝負になる。
レアジョブは、昨年の上半期までは、全レッスンの約半分くらいを、家の外で iPadで受けていたのだが、秋ぐらいから、少しずつ事情が変わってきた。
iPhone6シリーズ発売の影響なのかなぁ?

iPad Retina 2012 (私のはセルラーモデル)の動作が、重くなった

iPadでレッスン受けた時に、スカイプ通話が途中でブツ切れになることが 何度か起きるようになった。
秋口のある日のレッスンでは、「もし可能ならば、スマートフォンでレッスンを受けるのは、基本避けてくれるとありがたい」 と言われたことがある。
その日を境に、レッスンを受けるスタンスが、微妙に変わってきた。

iPadの感度があまりに悪くて、一旦コールを切って、デスクトップからかけ直ししたことも、一度だけではない。
iPadをレッスンに使うのには、気象条件も考慮するようになった。
入会したての頃よりも、 「とにかく受けよう」 が 明らかに減った。
iPadでレッスンを受ける頻度が減った影響が、レッスン受講回数全体に影響を及ぼした。
2014年は、合計137回の受講で幕を閉じた。



レアジョブのサイトには、

講師側の回線に問題があるとレアジョブが確認できなかった場合 は、振替レッスン提供は、なし】

と書かれている。
以下、サイトには明記されていないが、レッスン途中で iPad → デスクトップに移動した日のレッスン内でのプチトークで知ったこと。
フィリピン人先生内での 「安定したネット接続ができる機器」の序列は、

【弱】スマホ<タブレット<ノートPC<デスクトップ【強】

--- のようなのだ。
ちょうど、道路交通法で、交通事故が起きた時の、「弱い順の序列」のようだ。
スマホが一番ネット接続が不安定で、デスクトップPCの安定度が最強。
この記事書きながら思い出したのだが、「レアジョブの講師は、自宅にPCを持っていないと、採用にならないの(^_^.) 」 と話してくれた先生もいた。


たとえどんなに、サイトで 【いつでも、どこででも、スカイプをつなぐことができれば、レッスン受けられます】ってうたっていても、教え手、学び手ともに(欲を言えば運営の方も)気持ちよくレッスンを受けるには、学び手側に 「より安定したネット環境でレッスンを受けるぞ」という気持ちが必要だ と、強く思う。
たとえ運営側が【生徒=客】と考えているとしても、誰かに何かを教えていただく以上、気持ちだけでなく「環境も(特に通信機器の環境)整えて」レッスンを受けるのが、身によく付く。
せめて、生徒の我ら自身が 先生方や運営の方々に対して、【生徒=客】 的な態度を取らないように 気を付けたい。

通信環境を整えれば、不満要素を効果的に減らせる --- という点では、回数を稼ぐのもいいのだけど、

着席(安定したネット環境の場所に着く)

は、しっかり身に付けるには、すごく大事な要素だって、改めて思うようになった。 
事情があって、家の外でのレッスンになる時は、予約の段階で伝えておくとか、もしも先生がレッスン時間前にスカイプにインしてたら、「外にいるので、スマホからで失礼します」的メッセを、レッスン前に入れておく。
自宅外でもレッスンを受けることを考えているのなら、ネット接続感度の事前チェックは、外せない。

レアジョブ2年目の今年は、自分が受けたレッスンを「着席(自宅デスクトップ)レッスン」と、「出先(自宅外)レッスン」に分けて数えて、学習効率や、思い出に残りやすい度などの振り返りをしてみるつもり。 

英語学習旅2014冬 2日目。

本日のメインイベントは、こちら。

BlogPaint

コレと、娘1のiPhoneやポケットWi-Fiの機種変とが重なってたんで、娘1のアパートに泊まることを決めたようなものだ。
コレ単体ならば、自宅から高速バスで行った。
都内に泊まるなら、「帰り道に セミナーで出会った方と夕食でも・・・(運良ければ)」と、ちょっとだけ夢見たりもした。

セミナーに行くまでは、娘1へのサービス(=彼女は血の巡りが悪いのか、私が訪ねたり、帰省したりすると、かなりの頻度でマッサージを求めてくる)とか、寝だめ、英語と関わるとしてもポケモンをする(注:しばの3DSは英語設定、ポケモンも英語版になっている)程度・・・というお粗末な時間の過ごし方。
そういうものはこのくらいにして、セミナーのレビューに行きますっ!

 .。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪.。+゜♪ 

 

娘1のアパートから セミナー会場までは、地下鉄を2本乗り継いで行きます。
すごく迷いそうな場所なんで、かなり早めに家を出た。
「家だと勉強しなさそうだ!」と思って、17:30開場18:00講義開始のところを、14時台に家を出た。
会場までの地図を参照して、「夕方5時近くまで、六本木駅の構内でカフェ勉しよう」と決める。
情けないほど、家だと勉強しない自分。
仕事に絡む・・・となるとがんばれるけど、仕事に絡まないとがんばらない というお粗末感((+_+))
六本木駅ビル内のスタバで、1時間ちょっと iKnow! を解く。
その日、ものすごく混んでたみたいで、店員さんが「そろそろ帰れサイン」を出してきた・・・入店が15:30から45分くらいの間で、コンセントのついたカウンター席で iPadを充電しながら 1時間くらい問題解いてたのがよくなかったのだろうか? 

17時少し前に、スタバを出て、会場まで歩く。
地図には、「六本木駅から徒歩10分」の表示だが、外は冷たい暴風雨。
「このまま 雪になるんじゃないか?」と思うほど。
IMG_0895
晴れた夜ならば、大人げなくときめく 街路樹のライトアップも、全くというほど楽しめない。
ただでさえものすごく寒くて動きが止まりそうな中、車に泥はねされないように、あるいはスラックスの裾や靴を思い切り濡らさないように気を付けて歩くんで、歩みはますます遅くなる。
会場(入口)についたの、17:30ちょうどくらい。
ロビーで暖まって、自販機の温かいお茶を飲んでから、ようやく講堂入り。
17:45くらいの入場で、後ろのほうしか 空いてなかった・・・
 
 ∞⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒∞+⌒

Enjoy making mistakes.
Be more proud of yourself.
Speak English in a louder voice.

 (私の記憶が正しければ) これが、壁に映ってて・・・

まずは、安河内先生の英語スピーチ。
息子のウェブ教材で、講義を見させていただいたことが1度あるけど、直に肉声を聞けるだけで 「このまま死んでもいい」 と思ってしまう。
---と同時に、【"Enjoy making mistakes" は、膨大な量の基礎構文を血肉になってるレベルまで「自動化」してやっとできる事なんだろうなぁ】とも感じた。
職場で接する人達は、自分の英語で通じる・・・という確証ほしさに「○○って英語で何て言うの?」を連呼したり、「外国人に向かって英語話すのは怖いから、あえて日本人に英語習いたいです。間違った時、わかんない時に、日本語で解説してもらえるから」と訴える。 
彼らにとって おそらく 英語で間違うことは、不勉強の露呈であり、恥ずかしいこと。(--- と同時に、彼らの英語に向かう姿勢は、とっても気楽だ。気楽な学習では英語は決して覚えられないのに、不思議なものだ。私自身も、真剣さ・痛々しさと、それらを楽しむ気持ちが、まだまだ足らんのだけど) 

そして、本題の、横山カズさんの 「カジュアル(=日常会話で話される)な英語」の重要文パワー音読。
「音読」自体は、ボキャビル教材はじめ、各種教材、レアジョブのニュース記事読む際にも取り入れてきたけど、【自分がやってきた音読は、ぬるすぎる】と、再認識。
自己流と比べて、カズさんの音読練習は・・・明らかにきついのに、楽しいの。
「勉強してるぅ」ってこと忘れるくらい。あるいは、ノリのいい音楽の流れる中、ジムの各種マシーンをやってるような気持ち。
★1文あたりのスピードが速い!
★短い文をより速く何度も言う (短距離走を何セットも走るような気持ち)
英語が、なんだか、「体育的な実技科目」に思えてくる。

★練習回数は、目標設定よりも 到達度チェックに使う

---て方針も、いいな。
ある程度時をおいて同じ素材文練習した時に、「伸びたぞ」っていうのを体感しやすい。

隣に座ってた方は、カウンターを持ってきてたのだけど、「彼は、以前 POD(=パワー音読)講座を受けたことがあるのかなぁ」と想像して、ちょっとワクワクした。

レジュメには、実は 職場で取り扱ってる文法事項が 満載だった。
脳内では、テンションが大変なことになってた。
第一に、中高生が かなり嫌い率高い 関係詞。
what (関係詞の時の訳「~な事、物」) と how (関係詞の時の訳「~な方法、仕方」)は、それ用の単語が即出てこない時でも、知ってる単語で何とか伝えようとする時に、ネイティヴにも伝わるように言う為の単語だ・・・ていうのは、今まで感じた事のない視点だった。
第二に 【, which 】も、説明にすごく苦労した項目なのに、「話を引き延ばす時の【それでね、】 みたいなモノ」 と聞くと、かなり親しみ度が増す。
なんで、日常会話で多用するほうの【 , which 】の例文をやらずに、アカデミック英文を引いてきて「関係代名詞の非制限用法」て、英文法の暗号の見出しをつけてくるんだろう?
他にも、知覚動詞とか、自問自答の "I wonder " など、職場で取り扱って来たり、これから取り扱うだろう構文が、受験用よりむしろ「普段着英語用の構文」 だという視点を得られた事は、今の業界で仕事続けていくのに 非常に心強い要素になった。
40ン年生きてきた中で 最高のクリスマスプレゼントだった。
「英語、書けるようにならなくてもいいの。英検とか、TOEICも、いらない。ただ、ノンジャパさんに遭遇した時に、一期一会の英語を交わせればいい」
私の地元(農業県)、上のような気持ちで英語に接する人が多い。
でも、ちょっとだけ「英語の授業が始まった1年目」の事を思い出してみると、1年目から英語試験の上位のモノをゲットしたり、高得点取りたい・・・という夢は持ってなかった気がする。
【学校の英語の授業をしっかり受けてたら、英語話せるようになるかなぁ?】
--- 私の答えは、残念だが、3/4くらい NOかも。
学校の英語の授業「だけ」では、厳しいけど、学校の英語の授業をしっかり受けるのは「前提」に含まれるから、完全なNOじゃない。
それでも、英音法とか、早く喋った時の音素変化(アメリカンアクセントの、リエゾン、リダクション)は、学校の授業で多くの時間を割かなかったから、NOの比率は5割を超えちゃう。
学校の英語の授業が変われば、「学校の英語をしっかりやってさえいれば、それなりに英語話せるようになる」時代は、実現するのだろうか?

もしも、小学校から英語を「教科化」するのならば、文法用語の説明や筆記テストいらないんで、【話すためのフレーズ】を、音楽とか、体育みたいな 技能教科感覚で 実技重視で「インストール」 するような指導要領ならば、長い目で見て、現状を変えられるかもしれない。


講義後の カズさん feat. 安河内先生の同時通訳、Kaoriさんの英語コント、関さんの 著書紹介・・・も、 みんなみんな 「英語って、こんなに楽しいんだ」 て思えるものばかりでした。
セミナー後、「もっとカジュアル英語やりた~~い」て気持ちが上がりすぎて、教材を進める進度が遅くなっちゃったけど((+_+)) 

画像で振り返る、11月の英語。

11月は、地味に、次年度の事の模索をしていたなぁ。
今の平日仕事の契約だって、役場には「震災時緊急雇用」てくくりで届け出されているから、「次年度には、今年と同じポストでの求人枠はない」て想定をして動かないと、来年度に泣く・・・の青写真が脳裏に浮かんだし。
だから、11月のうちに動いた。
「次年度に、待機(=年度途中に空きが生じるまで、無職か日雇い等でつなぐ)になったとしても、気持ちだけは楽しくいられる人と場所」は、幸い 見つけることができた。

就活で・・・ もとい、「就活するぞ!」と 動き出すに至る前のホケラン期で、学習時間をかなりロスした。
100時間/月 は、達成ならず。

IMG_0808

翌週が繁忙期てことを考えたら、第3週で64時間・・・て時点で、目標の100時間到達には、赤信号なのよね。
毎日コツコツが理想だけど、「毎月確実に目標を達成すること」を重視したら、繁忙期の学習量が減ってしまうことを大目に見る分、繁忙期でない時は、どんどん前倒して学習量を増やしていかないと、「勝利の味」でなく 「敗北の味」ばかりを味わうことになって、モチベダウンになる。

iknow_studylog_12062014
iKnow! だけは、目標時間量(3時間/週)を守って 学習できたの。
iKnow! 「だけ」 なんだが・・・

そして、近頃、iKnow! に対抗する 素敵な無料の学習アプリが、勢いを増してきてる。
特に気になるのは、 ZuKnow(ズノウ) と、Duolingo。
Real英会話やOK Panda、COCONEの「英語組み立て系」が、iOSでのみ動作なのに対して、Androidでも動作する。
その差は でかいよ。

いろんな教材や 学習アプリを、いくつも導入してみても、買ったり、DLするその時は 「いいな。しっかりやるぞ」て思って手に入れるけど、一旦手に入れてしまうと、自分の中で、知らないうちに 教材の序列ができている。
一所懸命やるものと、ごくたまに、ぬるくしか やらないもの・・・

「完全に やめてしまわなければ それでいいのかな?」 と思う反面、「コレと決めたものを、無条件に愛して、とことんやりぬき心中することをせずして 力をつけることだけ願うとは、なんと横柄な(ー_ー)!!」 との 天の声が、私の脳内に 響き渡るよ。


他の 「11月はコレをした」 を、メモっとく。


オンライン英会話、他社2社ほどで、無料体験レッスンを受けた。
レアジョブへの真剣さの面では、有料会員になってから最低の月だった。
いろんなオンライン英会話を受けるのは、仕事面では活きる経験だけど・・・不思議だなぁ、私を【受講生だけで終わってはならぬ】てキモチにさせる何かがあるの、レアジョブには。


「東京英会話クラブ」の勉強会に 行ってきた。
やっぱり、実際に顔合わせてグループトークで英語話すのって、いいな。
「上のまた上」に会える。 それも、「ネットを使わずに頑張ってる(だろう)人達」 に。


TOEICに出願した。 
これは 完全に、夫の英検準1級合格と 張り合ってる。
自己ベスト更新して、次年度の仕事の時に使えたら・・・ と、淡い野望も すこ~し。


地味に、いろいろと動いた、11月。
12月も、大人げなく、真剣に、ラクチン道の誘惑に打ち克って学習しよう★
 

東京英会話クラブ に 行ってきました。

昨日の夜は、とんぼ返りですが、上京してきました。
コレ に出るためです。
KT9QsDFIExXSyav1415327998

定期的に出るならば、家からより近い会場がいいのだけど、今回は、平日たまたま臨時に休みが取れたので、「善は急げ」で、都内の勉強会に参加しました。


申し込みの仕方は・・・
THoIDZlczBEUUsx1415336740_up

サイトの上メニューバーから、「参加申し込み」 というところを選ぶと、各地区の英会話クラブへの申し込みフォームへのリンクページに行きます。
画像は、リンクページの上半分です。申し込む時は、もっと下側の・・・  

THoIDZlczBEUUsx1415336740_dn

この部分から、最寄りの英会話クラブに申し込みをします。
メールアドレスは、プロバイダメール(PC用の有料メールアドレス)を使うのが、一番手堅くて おすすめです。
しばは、Gメールと、携帯メール( ezweb.ne.jp ) で、受付されなかった・・・(+_+)


どの会場でも共通ですが、「基本、電車やバス等で来てください」 とのことです。
どぉ~しても車で来たい場合は、自己責任で 先に駐車場を確保しておく。
参加費の 500円は、かならず おつりのない形で 用意する。(会の途中で、テーブルごとにジプロックみたいな小さい袋が回ってきて、それに、名前を書いて、500円を入れます)
会場は、開始10分前くらいに、ようやく開きました。 遅刻は×だけど、早く着き過ぎても 開いていない(運営の方も 見えていない)。
場所を確認しておくのは とても大事だけど、「だいたい5分前くらいの入室を目指す」感じが ちょうどいいです。


以下、勉強会の流れ。

18:50頃 ~ 19:00 Checkin (受付、席割)
19:05 ~ 19:15   Break the Ice
    (特定の「お題」について、向かいあってる人と交互に、1分間話し続ける)
19:15 ~ 20:15   Group Talk (自分のついているテーブルのメンバー内 自己紹介タイム)
20:15 ~ 20:40   Group Work (ESL向けテキストの問題のプリントを、グループ内で解く)
20:40  ~      1 on 1 Talk
   (参加者全員に、ランダムに番号を書いた紙が渡されて、同じ番号の人とMCさんがストップかけ  るまで話し続ける)


自分がついたテーブルは、5人(男性3名、女性2名、自分含む。うち学生2名)
Break the Ice(1分間 話し続ける)の お題は、
(1)スマートフォンの翻訳機能が普及したら、私達は英語学習をしなくてもよいと思うか否か
(2)もしも 明日から日本語を話すことができなくなったとしたら?

私は (1)のお題担当だったのだけど、ネガティヴ寄り(スマホ翻訳機能が普及しても、英語学習の必要はある)で話しました。反対理由は、「スマホを使ってはいけない状況下では、翻訳機能を利用できない」と 「スマホで翻訳された日本語文や英文は、常に私達が意図した文脈に合っている保証がない」を上げたけど、キモチは喉まで出かかってるけど、英語は、SVOCMのパーツ毎にぶつ切りに絞り出すのが精いっぱいだった。

グループトークは、テーブルにいるメンバーの自己紹介&関連のQAを 順繰りにやっていくのだけど、かなりおもしろかった。
レアジョブの 初めて先生とのスカイプ上での自己紹介とは、また違った楽しさがあった。
互いの顔見ながらのグループトークゆえの難しさも あったけど、グループトークって、「英語以外にも応用できる 対人スキル」が鍛えられるなぁ・・・て感じる。
特定の人の独壇場にならないように気を配るとか、共通性の高い話題を切り出すとか。
とあるテーブルで、常に英字新聞(紙版)持ち歩いてる方が2名いて、両者が互いに新聞広げて、テーブルについた方々に紙面を見せて "What do you think about this?" みたいにやってる光景は、かなり衝撃的だったよ。

1対1での10分間トークは、「レアジョブ をがんばっていて、よかったなぁ」 と思った瞬間だった。地味に心配してた 「互いの自己紹介の後、何話そう?」 も、心配無用だった。
実は、私の自己紹介ネタが、突っ込みどころ満載みたいだったようで・・・(^_^.) ・・・ "I enjoy photography and blogging on holidays" みたいなことを言ったら、そこから いろいろ・・・

日本語禁止の約2時間は、ちょっとした非日常で、心の洗濯になった。

「友達と一緒に行ったほうが いいのかな?」的な心配は、無用だった。
常連さん達は、「一人で勉強会に参加する中で、行き会う方と顔見知りになってゆく」 的な雰囲気。
英会話クラブ学習会の場で、日頃のボキャビルや文法の座学はじめ、自分が日頃行っている学習成果を試したいと望むなら、一番の頑張りどころは、Break the Ice( 特定お題を1分間英語で話し続ける)のセクション
独白な分、他の学習活動と比べて、自分の英語力の「現在地」の把握をしやすいです。



  

【R18 閲覧注意!】オンライン英会話復習帳 「からだのこと、いとなみのこと」

自分的には、「フリートークで、それ系の話題になって、伝えたいことは喉まで出ているのだけど、英語の語彙がなくて言えなかったこと」 を、レッスン後に調べて、ツイートして、後で見返せるように 「まとめ」 を作ったのです。
「まとめ」を作ったのも、実際 初めてではありません。

だけど、私の今回の「まとめ」を見た方が、ツイートで拡散し、その際に、この「まとめ」は、不適切内容を含む・・・に認定されました。

gyotaku_togetter_20140915

この表示が出る、て時点で、ネットに公開するには 「臭いもの」 なんでしょうね。


「まとめ」 の現物は、「続き」 以降に載せます。
高卒、18歳以上の方だけ、「続き」をクリックできます。


 続きを読む
筆者。
通信制大学に通う 場末教員。デジタル機器の 人柱er。BIO詳細→https://t.co/0ORAVteKs5 (スマホ, タブレットの方はPC版を見て下さい)
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ