しばんちろぐ 03

子ども達が全員 18歳以上に達したので、近日 改装に入ります。

継続

ありがとう、さようなら、iKnow! (5)【最終回】

iKnow! の、進捗カレンダー。
学習すると、マス目に色が付くのが 地味にうれしかったやつ。
専念になっちゃってでも、その週全部色付けるのがうれしかったり、「週ターゲットクリア」バッジもらうことに躍起になったなぁ。

「完全マップ」では、1章終わっても バッジが生成されることはない。
これまでは 気の向くままに集中的に(時期的に偏って)取り組んでいたメニューを、同時進行することを喜べるように、こんなものを作った。

9月はコレで決定ではないが、ほぼ この路線でいく。
すでに手を付けちゃってて、続けたくて、リストに載せてるけど、厳密に言うと 「おあずけ」になる教材が こちら。



高校の教科書に (生徒用)音源のついたものがなかったから、「高校教科書レベルの音読パッケージ」で 暗唱することにした。
PODを中断して 「写経(=本文筆写)」と品詞分解等をすればよいのだろうけど、PODタイムアタック音読が 爽快すぎるんで、暗唱前に1周分だけは PODしてみる。

これも。


アプリとチェックテスト部分は、「英検1級レベルボキャビル解禁」までおあずけなのは納得。
だが、筆写部分だけは 今からやるかも。
覚えようとしない。童心に帰って運筆するだけ。

「多読王国」も 近日中に いったんアカウント削除するつもり。
「プレ多読スタート」段階についてから 再入会。

レアジョブとは、どう付き合っていこうか・・・
完全マップ的には、英語での会話も 開始初期は「おあずけ」でもいい・・・てうたってるのよね。


何だかんだしてるうちに やっとこ決心がついて、「その時」を迎える。

20150915_165427277_iOS

この時、深夜2時くらい。
ほんとは この時間まで起きてるんじゃなくて、この時間「に 起きて」 英語始めると 幸せなのよね・・・




ありがとう さようなら

iKnow! 

ありがとう、さようなら、iKnow! (4)

☆「楽しく継続する」ことについて☆

何かを「楽しく継続する」ためには、自分の好きな種の 中間目標 を繰り返し設定するのが 肝だって感じる。
中間目標の 「好きな種」 は、人それぞれでいいように思う。
時間量目標だと燃える人、覚えた語数を目標にするとやる気が出る人、連勝記録(=ターゲットクリアの連荘数)を連ねることに必死になる人・・・いろいろいるから面白いし、iKnow! のバッジは、それぞれに発行されるトコがすばらしい!
一つをがんばっていくと 他も連鎖していくのが また素敵。

iknow_achievement_100h_1019

これは、スマエフ時代のもの。

iknow_achievement_250h_1101

時間量だと、ここからiKnow!有料かな?
通算200時間のバッジを撮るの忘れてる。

iknow_achievement_400hours

私は 正直 通算学習時間量は、気にしなかった。
時間量を目標にするの、果てしな過ぎて無理って感じたの。
基本的に 「キリがいい目標」 が好きだった。

iknow_achievenent_5000words

ここから、有料iKnow! 時代。

iknow_achievement_5500items

iknow_achievement_6000items

iknow_achievement_6500items

この頃は、派遣社員がメインだった。
TOEICの中の人業も、休止だった。
「おら~ もっと稼げよ」 って娘1に尻叩かれて、あちこちの工場行ってたよ。
でも、社員食堂勤務時代よりは、英語の勉強できてた。
個々に昼食摂るような会社では、昼休みにそこそこ 英語できたりしたの。

iknow_achievement_7000items

派遣社員は、いろいろ考えて、2013/03で 打ち止めた。
一度の急な体調不良で 即契約解消だし、大雪で渋滞しても ノー考慮。
完全に 機械的に出勤し、見よう見まねで速攻で作業手順覚えて かつ直接雇用の方と遜色ないスピードを出せと、どやされる。
派遣勤務時代に インフルにかかった旨をエージェントさんに話したら、それとなく 仕事回す順序を後回しにされた(それが派遣というものなのだろうが)。
以後、たとえ薄給でも 直接雇用されたい と願うようになるのだ。

iknow_achievement_7500items

iknow_achievement_8000items

この時から約2週間後、最後の「TOEIC中の人業」 をして、勤務地の近くの本屋で 記念に 「全力特急」を買って帰る。

iknow_achievement_8500items

そして、9月から 英語教員リベンジの始まり。

「連勝」することを目指し、連勝を喜んで、過去の連勝の証を眺めながら 問題解いた日々・・・
(順不同かもしれません)

iknow_studylog_0413_2013

iknow_studylog_0419

iknow_studylog_0508

iknow_studylog_0517
iknow_studylog_0524

iknow_studylog_0524_part2

iknow_studylog_0606_01

iknow_studylog_0606_02

iknow_studylog_0616

iknow_studylog_0622

iknow_studylog_0629

iknow_studylog_0705

iknow_studylog_0712

iknow_studylog_0810_H25

iknow_studylog_0817_H25

iknow_studylog_0824

iknow_studylog_0901
iknow_studylog_0908

iknow_studylog_0914_H25

iknow_studylog_0921_H25

iknow_studylog_0928_H25

iknow_studylog_1005

iknow_studylog_1012_H25
iknow_studylog_1019_H25

iknow_studylog_1026_H25

iknow_studylog_1031_H25

iknow_studylog_1103

iknow_studylog_1110

iknow_studylog_1116_H25

iknow_studylog_1116

iknow_studylog_1123

iknow_studylog_1123_H25

iknow_studylog_1130_H25

iknow_studylog_1208

iknow_studylog_1214_H25
iknow_studylog_1215

iknow_studylog_1221_H25

iknow_studylog_1229

iknow_studylog_20130504

iknow_studylog_H25_0105

iknow_studylog_H25_0112

iknow_studylog_H25_0118

iknow_studylog_H25_0202

iknow_studylog0728

iknow_targettime_20120520

iknow_targettime_20120529

iknow_targettime_20120729

iknow_targettime_20120804

iknow_targettime_20120810

iknow_targettime_20120901

iknow_targettime_20120908

iknow_targettime_20120929

iknow_targettime_20121102

iknow_workload_0724

「2トマト(50分)」・・・言うことは、この画像は2012年とみる。
根気がなかったもんだ、昔の自分。

iknow_toeic600lis01_dictaton

この画像は、一度貼ったかもしれん。

iknow_achievement_90targets

非常勤勤務で 英語やってた時代。
心が満たされただけの ワープア時代。
それでも 「心が満たされる事」 は、大切と思う。
2014年度・・・お金だけがちょっぴり足りなくて、お金以外の物は ほぼ満たされていた、穏やかな時代。

iknow_achievement_95targets
iknow_achievement_100targets
iknow_achievement_105targets

110ターゲットと、115ターゲットを 撮れてない。
きっと 試験の採点だので 忙殺されてたね。

iknow_achievement_120targets

配置転換後だ。
125ターゲットを踏む前に、英語学習メニューの 抜本的改革の波が 押し寄せた。

iknow_achievement_450hours

iknow_achievement_500hours
iknow_achievement_550hours

通算何時間学習したかは、ますます気にならなくなり・・・

忙殺される時は、トコトン忙殺されるようになり・・・

配置転換が決まってからは "I'm an English teacher" のマインドセットの消去のために、わざと英語をやらない時間も持った。

iknow_achievement_9500items

iknow_achievement_10000items

それでも、少しずつ今の仕事に慣れてゆくにつれ、私の脳内の 英語の虫が、うずき出す。
そして 退勤後・・・気が付くと iKnow! 開いてて・・・
やっぱり、連勝記録を連ねるのが好きみたいでさ。
単語 覚えられるぞって実感ないのに、習得語数と称されるものが 増えてゆく。

iknow_advanced_vocab_ee

キャプチャしただけの、上級コース。

iknow_newdrill_narabekae

iknow_newdrill_narabekae_ver2

iknow_sentencetrainer_settingchange

旧 Dicatation は、昨年後半からかなぁ、Sentence Trainer(センテンストレーナー)と名前を変え、出題形式も変わった。
単なるディクテのみでなく、並べ替え作文が加わった。
音声なしの並べ替えは 歯が立たなくて、思わず やらないの設定にしてしまった。
つまり・・・ 日本語→英語 作文から、逃げた。

iknow_studylog_08162015

これが 最後の進捗スクリーンショット。
「ヴァーチャル夏休み」の目標でも、最優先目標に真っ先にiKnow!系を掲げて、真っ先に通算600時間到達を仕上げたけれど・・・

6年前、「この期に及んでウブな事を・・・」 と感じて挫折した 【ノルマ表】 が、なぜかこの夏は楽しんで塗ることができたり、


「何でもいいから100時間/月やってみよう~」を掲げてる Studyplus で、7月までは 100時間/月達成すると 大人げなく喜んだのに、先月は ヴァ夏課題に未完成物や全く手つかず物が生じたために 100時間/月到達を喜ぶことができず・・・


自分の中での 「フツー」 が、6年前とも、3年前とも・・・いや、昨年とも 微妙に、でも確かに変わってきてるのを薄々感じる中で、コレを 紹介いただいたの。
5年前に ここのサイトで見て 「無理っ」て即行サレンダー決めた、コレ。


6年前 「無理!」と感じた ノルマ表が、今年は楽しんでマスを塗れている。
4~5年前に白旗上げたこのメソッド、今なら食らいつけるかもしれない・・・ というか、これに食らいつけないと どんなに英語がんばっても 現状維持で終わるの図が脳裏をよぎった。
まずは、本誌(私は電子版にした)を購入して、読む、読む、読む。
読み進めるほどに

やるからには これを柱に据えて、指示通りにやれ。
相容れない趣旨の教材は、辞めろ。
これの 楽しめる部分だけつまみ食って 英語力伸びないのは、自己責任

--- 的な雰囲気を、強く感じる。

英語学習の最初に これに出会えた人は、幸い。
英語学習の途中で これに乗り換えるには、ちょっと 心の準備が要る。

私は 後者だ。
最初に ご紹介受けてから、今日までに もう10日経っている。
iKnow! を 「卒業」 するところでも、開始までの折り返し地点だもの。

だが、折り返しさえすれば あとは始めるだけだ。
この夏 仲直りを果たした 「ノルマ表」を、完全マップ仕様に項目入れてみる。
現在までのTOEICの点推移は すっかりなかったことにして、中学教科書暗唱の項からやる。
各ステップの進捗毎に、ほぼノー対策でTOEICを受ける。
TOEIC教材は 「使っていい段階」が来るまで おあずけで、月ごとでなく 教材完成度尺度に応じて、TOEICを組んでみる。


iKnow! で 十分に 「自分との約束の連勝の味」 への執着ができる自分になれたと期待する。
7年4ヶ月間、本当に ありがとう。
ありがとうしか 言えない。
もっとずっと問題解いたり、ディクテしていたかったけど、「脱プラトー」したいから よりキツイほうの道を行く。
完全マップ仕様「Myノルマ表」が書けたら エクセル表をUPして、その時に 退会ボタン押す。


(5)で、完結します。







 

ありがとう、さようなら、iKnow! (3)

☆iKnow! が有料になってから☆


iKnow! が有料化の最初の年は、実は私が一時的に失職した年でもあった。
「いつかは・・・」とは思っていたけど、自分が切り出すよりも早く、個別指導塾をやめることになった。
塾をやめても、専業主婦に戻る気は一切なかったんで、常時勤務モノにこだわらず、履歴書書いたり 面接受けたりはしていた。
個人指導系のところ2社ほどに手応えあり、& 週1回勤務時代に単発で経験していた 「TOEIC試験官」を しっかりやってみるのもいいな・・・と思い、試験官の派遣所に登録した。
「TOEIC受験料を、TOEICの試験官給与で捻出」時代の到来!

上半期は、とにかく このツイッタータグに救われた!

#0550AM

これに出会ってなかったら、朝型生活もできなかったし、昼間仕事する自信も持てなかったと思う。
発起人 なますてさん、 takaさん、どんなにお礼しても、感謝しきれない。
#0550AM 入れて 「オハヨツイート」をして、iKnow! をするのが、楽しかったよ。
塾用教材研究で忙殺されたり、ココネに浮気してた日々が 嘘みたいだった。
ノルマも、いつの間にか クリアしてフツー になっていた。

iknow_achievement_10targets

iknow_achievement_15targets

iknow_achievement_20targets

iknow_achievement_25targets

iknow_achievement_30targets

iknow_achievement_35targets

iknow_achievement_40targets

iknow_achievement_45targets

iknow_achievement_50targets

iknow_achievement_55targets

iknow_achievement_60targets

iknow_achievement_65targets

あ、70ターゲットは スクショ撮り忘れてる。
65ターゲットが、2013/08/03 ということは・・・

そうだ 思い出した。


教員免許更新講習会

これを受けさせていただくために、教育委員会で 講師登録したんだった・・・
辞令が来次第 公務員になるから、 TOEIC試験官も、7月で完全引退したのだった。


#0550AM を励みに 朝5時台から活動するのが普通になってから 半年過ぎた頃は、娘1に「のんきに試験官やってる場合か?もっと稼げよ」ってどやされて、派遣社員もしたんだった。
エクセルが打てなくて、事務系派遣枠には入れなかったけど、繁忙期の工場や倉庫のサポート要員で いろんなとこ行った。
普段なら絶対行かない場所の、通勤途上の風景を楽しみながら 車走らせたなあ。

iknow_core500step1_dictation0906start

有料化した後・・・無料時代に一度解いた問題でも、ずっと放置すれば 問題が改定されてたり、ディクテーションの定着度が落ちてるから、気分に応じて復習もした。

iknow_brainspeed_centerstep

iknow_brainspeed_core500timeanddate_0329

初級用の問題でも、二択テストが全問正解できないことがあったり・・・

iknow_dictation_gotou_review01

iknow_dictation_ansha03

iknow_dictation_step1_justlisten

iknow_dictation_step2_ansha02

iknow_dictation_step2_ansha

iknow_dictation_step3_answer

iknow_dictation_step3_answer02_usehints

iknow_dictation_step3_answer03_mistaken

苦しかったのに、絶対にやめたいと思わなかった、ディクテーション。
紙に書き取りだったらば きっと挫折してた。
iKnow! のこの形式だったから、楽しめた (画像は順不同です)。

iknow_review_toeic600L1

これ、いつの画像かなぁ?
でも 無心に楽しくディクテ解いてた。

iknow_levelcheck_120926
入会したての方用の 「レベル診断テスト」を解いたところ。
Core4000(基本コース内の最上位)をお勧めされたのだけど、今考えれば 「ただ問題を解けただけ」で 機械的にはじき出された査定だとわかる。
1~2年ご無沙汰すれば、最初歩コースの問題だって、間違えるものあると思うもん。

iknow_eiken1kyu_1104

有料化してから、Smart.fm時代にわんさかあった 「みんなのコース」問題(現 カスタムコース)が、かなり整理されたが、英検用が残ってたのを見た時は、かなりうれしかったなぁ。

土日祝日に仕事に行き、平日に主婦業。
子ども達がもっと小さい時期(娘1が幼稚園や、小学校低学年期)のうちに この働き方を思い立って実行しなかったことが 悔やまれる。

2012年下半期あたり頃から、「とにかくノルマクリア!」から 「毎日コツコツできてるかな?」に 神経が向くようになっていく。
コツコツ度編は、(4)で。







 

ありがとう、さようなら、iKnow! (2)

☆ Smart.fm(無料)編 ☆

iKnow! は、いつしか 大幅なモデルチェンジがされていて、Smart.fmて名前になっていた。
大きな変更点が、2つあった。


1つは、ユーザーの学習模様がサイトトップに流れ、ユーザー同士が 互いに「友達」にならなくても、【フォロー】(一方的に学習記録フィードを受信する)できる機能がついたこと。
ちょうど ツイッターみたいなのが、Smart.fmの中にあった。
憧れのユーザーさんの学習ぶりを見て 今より学習量を増やすように自分を鼓舞する効果を狙ったのだろうか? 
もう1つは、ユーザーが自分の覚えたい語句を自分で登録できること。
【カスタムコース】って名前で、自分だけ見られる設定にも、スマエフ内にオープンにすることもできた。
あの頃は、既成単語帳の語句で スマエフ・カスタムコース を作ってくださる方が かなりの数いらっしゃった。
英語と中国語だけでなく、仏語も独語も、もっと別な外国語の自作コースもあった。
日本語を学びたいノンジャパさん向けの 英語→日本語 のコースもあった。

スマエフの頃も、もちろん学習はしていたが 復帰したての仕事用タスクで忙殺されることは、しょっちゅうだった。
それと、進捗バッジ生成機能がいつからかわからんが なくなって、おまけに無料iKnow!からの変更点(1)の 「ユーザーの学習タイムライン」に 地味に違和感を持ち始めた。
特に、2011年度は、強力な無料英語学習サイト 「ココネ」を知ってしまい、そちらにハマッた。---というか「浮気」した。
「浮気」理由は、問題の出し方にスピード感があったことと、タスクをクリアした時の 賞品が豪華だったこと!



「浮気」中に・・・Smart.fm(無料)も、こんなものを出し始めていた。

iknow_weektarget01

iknow_achievement_201108kurikoshi

iknow_achievement_100h_1019


「お、スマエフも がんばり出したな!」て思った。
少し、やる気が上がった。

iknow_checkpoint_verseesaa02_02

iknow_core1000step2_dictation_start


そして、いつまでも二股のままでいちゃいけない・・・と思い始めた。
ココネに乗り換えるか、スマエフ続けるか 年度末までに決めよう、と。

次年度以降 どちらの英語学習サイトをやるかの絞り込みを始めて間もなく、スマエフユーザーアンケートフォーラムが開かれ、そこに 【有料になってもいいから、自分の学習に集中できる(=不必要な他者の情報を見ずに済む)サイトになることを望む】と書いた。
アンケート後、2012/04から 有料サイト iKnow! にリニューアルすることが決まり、2012の年明けは、【大無料お試し期間】みたいになっていた。

9割がた Smart.fmをやめてココネに行く! に気持ちが固まっていた 2012年3月、ココネのサービス終了の報せを知った。
現 iKnow! にも ココネのように 「進捗や完了をほめる バッジシステム」が搭載されている。
「有料になるならば iKnow!に残らない!」表明をした英語系のネッ友さんは、それなりの数いた。
だが 褒め要素がないとモチベが維持できなかった当時の自分に、旧Smart.fmまででやめる選択肢は、なかった。


*。o○☆*(。´・▽・`。)゚¨゚*☆○o。*゚¨゚゚・*(。´・▽・`。)¨゚*☆○o。*


ここから、今のiKnow! の画像。

iknow_achievement_2targets

iknow_achievement_3targets

iknow_achievement_4targets

iknow_achievenent_5targets

iknow_badges_0517

2012年(H24)は、TOEICを受けた・・・というよりは、TOEICの「中の人」時代。
TOEIC受験料を 自給自足し、それでもなかなか点が上がらず 英検に鞍替えした時代でもある。

(3)に続く 

ありがとう、さようなら、iKnow! (1)

7年4ヶ月、紆余曲折経ながら続けてきた iKnow! を 退会することにしたよ。

何かの教材を「やめる」、サービスを「退会する」時というのは、多かれ少なかれ、不満があったり、興味が冷めたりすることが多いのですが、今回は 不満とか、興味が冷めたどころか、99.999999% 恩と感謝です。

ならば、なぜやめるのか?
先月まで、英語学習の一番の柱だったものを そんなに簡単にやめられるものなのか??


やめるのつらいよ!

でも、やめるって決めたから。
細々とでも、隙間時間にでもできる iKnow! は、他の教材と並行しながらやるのにも、やりやすかった。
一番の柱にしたことで、「是が非でも ノルマを果たす」ってマインドセットを確立できた。
「是が非でも ノルマを果たす」が どんな仕事状況や体調下でも 当たり前のようにできることが、【もう一段上】に行くためには絶対条件。

そのほかにね、10年前に受けた、とある大御所様からの お叱り事項が 気になってね・・・

あなたは頑固だ。一度 誰かの指示する通りのやり方で、ノー自分流アレンジで 勉強しろ。
それができないうちは、あなたの英語力に未来はない

--- コレを実践する時が 来たのかな・・・て、直観した。

大好きだったiKnow、自分流アレンジをいろいろ加えて、楽しく7年続けた。
それで・・・楽しさが続くことと、もう一段上の英語力手にした自分の未来図とを 天秤にかけて、後者を選んだ。
今までありがとう・・・て思いをカタチにして(←今ここ)、愛で納めをしてから、退会処理する。

以後、かなり画像多いです。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*


iknow_0829 iknow_0930

1000単語、「学習完了」にした時は 大人げなく感動して、写メ撮っちゃった。
おそらく、2008年代。

iknow_0829_dictation  iknowlog

iknowbadge smaefu_records_101810

smaefu_dictationlog_4000aniversary 
iKnow! が無料だった頃は、学習の進み具合を出力してくれる ブログパーツがあった。
ディクテーションが、どんなにがんばっても、「スキルレベル75」の壁を超えられず。
(そして、超えるための対策を講じず、iKnow! の学習完了語数を増やして喜ぶ・・・で 継続すりゃOKのイージーモードに走ったともいえる)

HP本編には、今も続いてる、学習継続折れ線グラフみたいなのが、開設当時からあった。

iknowstudylog

あ、これは 無料版 iKnow! が 「Smart.fm」に名称変更した頃の マイページにあった進捗表だろうな。
smaefu_dicationlog_112409

smaefu_dictation_gakushuubi

fm_newmenucommands

jpg

smartfm_ohisagazou

smartfm_reibun2

sumaefuchokin_jitsurei4


2009の時点で、Smart.fmになってたかなぁ?

あ・・・画像出てきた。
2009の時点で すでに Smart.fm(無料)で、中身は ボキャビルセクションの名前が iKnow! で、ディクテーションセクションは Dictationだ。
2008年は、続けたとはいっても、今ほどのストイシズムなかったし、他業種仕事(社員食堂のパート)してた時は、勤務日の英語は壊滅状態だった。
少し英語やる元気出た時には、Smart.fmになってたってこと??

ま、名称は この際どっちでもいい。
私の英語へのモチベに火をつけてくれたのは、他でもない 英語教育系の仕事。
週に1コマ2時間の 英会話教室での 中学生への授業。
しかも、年度途中に辞めた方の代わり・・・それでも、「英語の勉強してフツー」な生活を作る(実情は、作り始める)には、十分だった。



 

画像で振り返る、9月(第2週~第4週)の英語。

9月第2週の終わりから、第3週最初の日曜にかけては、 #8勉部 について書いたんで、基本の「画像で振り返る英語学習記録」を書かなかった。
もう、10月になっちゃってるけれど、9月の英語学習の様子を、画像で振り返ることにするよ。

iknow_studylog_10042014

最も基本の教材は、iKnow!
「iKnow! ができない=体調かメンタルのどちらか、あるいは両方が相当参っている」 の指標になるくらい、意地でもやるものだから。 
ラジオ英会話をおさぼりしてでも、やるくらいだし。
初めて他人に勧めた教材でもある。
他人に勧めた以上、自分も必死にやるよ。
勧めた当人のほうが、勧められた側より先に飽きた・・・なんて、情けなさすぎるから。

9月、iKnow だけに限って言えば、そこそこ コツコツやれたの。
でも、忙殺の足音は、別なところからやってくる。
特に、心のゆとりがない時には、とあるメニューから、実行率が下がっていく。
それは・・・

レアジョブ

iKnow の進捗カレンダーに、レッスンを受けた日に印をつけてみたんだけど、見事に、週末しか受けられてない。
平日が、気疲れしたのか、忙殺されたのかしている。
上半期には、仕事帰りに、レアジョブをするために 無料[ P ] に立ち寄ってレッスン受けてたけど、夏休み明けから、それをしてない。
仕事帰りに夕食用弁当を買って食べることが減って、金遣いと健康面で家族に白い目で見られることは減ったけど、「英語学習、何と何をやるまでは寝ません!」的なストイシズムは、何とかどこかに残しておきたいとも感じる。

studyplus_log_10042014

レアジョブのレッスン受講には、反省点が多いけど、9月は、よくできた点だってあるぞ。

100時間/月 学習ができた


2連続で達成できたことに、ちょこっといい気になって、Studyplus 内の 「100時間/月学習する」コミュニティに入っちゃった。

10月は、月の前半は、今年度で一番予定が詰まった週だから、「画像で見る英語学習記録」は、10月分は毎週UPするのは厳しいかも。
iKnow は、意地でもやれるから、今度は、レアジョブを、iKnow 並みの必須感まで高めるぞ。
仕事の予定に負けない自分を目指す。
言い換えれば、「7つの習慣」の中の、「第2領域活動(=緊急でないが重要)」部分の達成率を、今よりも上げていく。 
これが、10月の重点目標。 
筆者。
通信制大学に通う 場末教員。デジタル機器の 人柱er。BIO詳細→https://t.co/0ORAVteKs5 (スマホ, タブレットの方はPC版を見て下さい)
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ