しばんちろぐ 03

こちらは過去ログ置き場です。今はWordPressにいます。

家事

車内の大掃除。

今日は、在宅ワークが気になっていたけれど、午前中に 車内の大掃除。
夕方は、息子&息子友の送迎。
息子&息子友の送迎があったからこそ、午前中に車内の大掃除をした・・・のが実情。

息子が「俺と友達を卒業パーティー会場付近まで乗せてくれる?」と頼んできたのは、前日の夜。
一瞬、考え込んだよ。
息子に即 「いいよ」って言えなくって、「はぁ?!」って言っちゃった。
だって、今週末は 鬼のように在宅ワークするぞ(。・ω・)ノ゙ って、決めてたもん。

だがしかし!
(1) 息子の友達がみんな一人暮らし勢だということ
(2) 私の父と息子とは同じ大学に通っていて 祖母は父がいた部(柔道部)のチームメイトに食事をふるまったりしたことがある話を聞いていたこと
(3) 家族以外の人を乗せることは 車の中を思い切り掃除せざるを得ない理由として最高なこと・・・  

これらを思いめぐらせたら、「今日は仕事もいいけど、車の掃除しようぜ」って 天の声が聞こえた・・・ような気がしたのだ。 
それから、一呼吸置いて、息子に言ったよ。

お前と友達は、パーティー会場付近の集合場所まで 乗せていくよ。
明日の午前中は、車内掃除参加は 必修な 川 ̄_ゝ ̄)ノ 


---車を出すのも、車内掃除するのも、私にとっては全然問題ないのだけど、息子はノホホンとして、私一人があくせく掃除・・・てのは、絶対嫌だったの。。。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

母にチマチマと 「汚すぎる」と言われていた私の車・・・
家族以外の誰かを乗せるのは、車内を掃除せざるを得なくなるから、 私にとってもメリットなんです。
夫婦2人で住んでた時も、一生懸命掃除したのは 決まって誰かを家に呼ぶ前日。。。 

掃除機を2台使って、しみじみと掃除機かけ。(息子と私とで1台ずつ使って分業)
途中で、掃除機のノズルやフィルターが目詰まりして、「片方の掃除機で もう片方の掃除機を掃除する」をやりながら、中古車屋さんから乗って帰ってきたレベル まで きれいにした。

コレと



コレを



息子と私とで2台持ちして、 フルパワー+隙間ノズルで 車内をくまなく掃除。
でかいゴミがたっぷり取れるのではないんだけど、フィルター掃除後などは 火山灰みたいな細かな塵が ごっそり。

掃除機かけが済んだら、足元用マットを洗う気力なんて、残ってない。
だけど 足元用マット見て 気づいたよ。

足元のマットが汚いと、他のとこをどんなにきれいにしても、車内が汚く見える

(参考資料として貼ってます。 画像は しばが実際に購入したものとは違います)

掃除機かけ終了後、ドンキに行って 車用小物をいろいろゲット。
足元用のマットを 思い切って交換。
それが 一番効いた。
車用掃除機 買おうと思ったけど、辞めた。
家庭用+隙間ノズルや小ヘッドで 事足りる。
家庭用の掃除機は たまにしかかけないだろう部分は、これで補う。

(画像は しば購入品ではありません)

車用掃除機の代わりに、トランクルームに2本 常備しました。
一度取り掛かれば 楽しい 掃除。
だけど、取り掛かるまでが長い道のりな 掃除。。。

あ~~あ 

★ 車の大掃除は、英文記事を先に書きました。後日 読み上げ音声付きで UPします。



 

主ふ業の底力 & 「タラレバ」 (2014年6月11日のLang-8英文日記) ※ 声が出ます

2014年6月は、しばんちにとっては、災難の連続でした。

娘1のアパートは火事に遭うし、しばんち(実家)の台所の屋根は、雨漏りするし、踏んだり蹴ったり。
特に、雨漏りは、2度目だけど、漏れる範囲がどんどん広がってきてる。
修理するにも、 「修理前に晴れの日が1週間くらい続いて、屋根板が十分乾かないと直せない」 みたいなことを大工さんが言ってくるので、修理を始める条件が整わないまま、天井の状態は悪化の一途。
後で、「雨関連英語コーパス集」でも作ろうか・・・ ((+_+))


災難は、家族や家関連だけではない。
5/29に娘1のアパート火事以来、週に1日以上、繁忙期は週の半分を東京で過ごす・・・という、文字通り ダブルライフ のうちに過ぎようとしてる今年の6月。
いろんな意味で、 「専業主ふ って、偉大だ」 と再認識した月でした。
だからといって、今の仕事を辞めて家庭に戻ることは、全く考えてないけど(^_^)
ただ、せめて、「1週間のうち1日は、どこかに出かけないで家事をして過ごそう」 とか、「寝る時間が今よりももっと減っても、平日の家事時間を増やそう」 みたいなことは、考えてます。
実際今日は、夫の部屋の掃除をして、洗濯物も、コインランドリーのお世話にならずに外に干したし。

(注) しばは、「しゅふ」 という言葉に、「主婦 & 主夫」の両方を含めたいと考えて、「ふ」の字をわざとひらがなで書いています。 

<以下、英文>

I started to work again just a little before I reached 40.
The key reason was to get money for my learning English, which remains the same. I was working for a local company cafeteria at the time.
In spite it was kind of routine work, I made so many mistakes and learned lots of things from them.
After a couple of months later, I was diagnosed by a doctor that I had anemia.
The doctor also told me that I could be more careful if I got more iron in my blood.

I stayed at home again to improve my health from May to July in 2009, and got an English-teaching job at a local English school for children from August.
Although it was a fixed-term contract, it was enough for me to recognize that teaching foreign languages is my life's work.
I have been working for education industry such as a cram school and a test management company ever since, and I really enjoyed my jobs until my eldest daughter's apartment was hit by a fire.
I scarcely thought I wanted to get back to housework.

I love teaching English, which I think is the best way to check my English skills and effectiveness of my own learning style.
But these days, the situation is a bit different.
I sometimes think of another option "if I had kept staying at home in December 2008", or "if I had got back to housework at the time" since my eldest daughter encountered a fire.
I recognized that housewives are the most useful when dealing with family members' sudden trouble.
At the same time, I really appreciate my mother has been staying at home for over 40 years for us family members.

Housework is the greatest job which needs huge flexibility and facilitates each local or regional community.
I regret a little that I dropped out of housework; I'm not patient enough. At least I will do housework and community management tasks spontaneously after retirement from regular work.

☆ 声が出ます

livedoor プロフィール
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ