しばんちろぐ 03

こちらは過去ログ置き場です。今はWordPressにいます。

マミラリア

【サボテン覚え書き】 トゲが生えてないサボテンを見かけたら?

昨年度、めちゃくちゃ お世話に苦労したサボテンの話をします。

マミラリア 月影丸
元気な姿


おそらく、月影丸くんに 初めて会った時は、名前まで認識できてなかった。
「トイレに置く要員」として、ダイソーさんで こんな状態からお持ち帰りだったから。
 
2015-04-19-17-21-11

いくら100円でも、生来トゲのあるものにトゲがない・・・のは、不安を覚えた。
根元も赤っぽいから、根腐れ を懸念して、 手術してみた(=胴切りしてみた)。 

2015-04-19-17-40-05
 
「手術」直後の図。
切断面を乾かしたら、土を入れない鉢に置いて、発根させます。
新しい根が出てくれば、「手術」は成功。
いつまでも根が出ず、断面の赤みが強まれば、その株はお陀仏・・・。・゚(゚`Д)゙

---残念ながら、画像の ダイソーさんサボテンは、亡くなりました。

1か月後、ダイソーで再び見つけたんで、リベンジ。
今度は、トゲがそろってる。

2015-05-21-13-52-30

100円品にしては、ぎしっと植わってる。
前回が 「根腐れ病持ち」 だった反省から、最初 土なしで活けて 様子を見たよ。

2015-05-21-14-04-05

根元は、1つ。
周囲に、4株出てる。
このまま育ててもよかったのかもしれないが、難易度高そうに思えたので、バラすことにした。
根元、結構赤い(腐れ始まってる?)し・・・

2015-05-22-21-54-38

バラしたところ。
バラしつつも、同じ鉢に植えてみた。
少しの間だけど、昨年 お花見もできた。
バラさずに いつの日か全株逝ってしまうのも見るよりは、一本立ちさせて 全滅を防ぎたかったの。
冬越しできたのは、4株中 1株。

2016-04-09-08-34-25

手前中央が、冬越しに成功した 月影丸?くん。
根が横向きに伸びてるけど、トゲはみちっと生えてるし、新しいアレオレ(棘座)もできてます。

冬越しできたコは ガタイが小さいんで、次の夏眠や冬眠期に 逝ってしまわないか不安になって、もう一株持ち帰って 「保険」掛け。

20160411_114023530_iOS

左: ブラジリカクタス 「雪晃」
右: マミラリア 「月影丸」

右側のやつを、ダイソーから お持ち帰り。
今年は、100円観葉植物や サボ・タニを取り扱わなくなった店舗が増えたんで、結構一生懸命探しました。
元気に育つといいな。


【余談】 肌の露出が多いサボテンは、トゲがないか、とても短くて、触っても痛くないです。
ただ、直射日光には弱い!
これとか、典型。


うちでは、コレも 直射日光火傷で枯らしました(涙)

◇エキノプシス◇大豪丸◇2.5寸鉢◇
価格:648円(税込、送料別)


大豪丸くんは 想い出がたくさんつまってるので、また別の機会に 記事書きます!




 

トイレにサボテン 5年目。~引くに引けなくなった~

はじめは ゲン担ぎのために 100円ショップからお持ち帰りした、サボテン。
だんだんと サボテン自体が かわいくなってきて、いろんな種を(自分が楽しめる範囲で)集めるようになった。
試験に出るわけじゃないけど、サボテンの属名や 原産地も ぼちぼち覚えてる。

サボテンの原産地を知る


原産地の気候を把握する


よりよいお世話ができるようになる


---て信じて、属名調べる時には、必ず原産地も確認するようにしてる。
思い起こせば、アクアリウムしてる時も、おんなじような気持ちで、熱帯魚図鑑や水草図鑑を眺めてた。 


今月初め、少しだけ 「サボテン やめようかなぁ」 と思った。
今年は、この時期に 開花してるサボテンが、ゼロだから。
実は、昨年の秋の彼岸明け~立冬あたりの 【秋の成長期】に、サボテン達の日光浴を 全くできなかった。
大好きな種を 寒さや雨に当てて 腐らせて逝かせてしまったトラウマからか、夏場から今年春までずっと、全サボテンを PC室の出窓に放置(T_T)
雨や寒さに当てなかったけど、もっともっと大事な、外気と 陽の光にも 当てなかった。
たまたま当たってしまうなら仕方ないものを必死に避けて過保護にして、逆に 開花に必要なお世話を怠ってしまった。

それなのに、サボテンに関する記事が 一番多く読まれてる。
通りすがりアクセスだとしても、ページビュー数が ぶっちぎり。


こうなったら、意地でも続けるっ

アクセスしてもらえるのって、そのくらい うれしいんです♡


.。o○o。.★.。o○o。.☆ .。o○o。.★.。o○o。.☆ 

5年目の サボテンのお世話始めです。 

まずは、生存確認と 春の恒例行事、植え替え。

2016-04-09-08-34-25

タイトルこそ 「トイレにサボテン」ですが、トイレでサボテンを育てているわけでは 決してありません! 

雨風や、暑さ寒さをよけるための 「室内退避場所」の中に、トイレも含まれている

---が、実態です。 
まぁ、サボテンの夏眠期&冬眠期で、一年の約半分を占めてしまうんで、 「トイレにサボテン」ってタイトルをつけて 観察日記を書いている次第。

それに、トイレに置くサボテンには、一定の条件があります。
トイレの出窓の出っ張りに収まる大きさの鉢に植わっているサボテン は 言うまでもなし。
だけど、しばんちで トイレのサボテン を務めるのに 一番大事な要素は:

開花を一度も見ていないサボテン


根拠は こちら
サボテンは、風水的には 「邪気を払う系」の植物(化殺植物)。
自身が凶運を吸い取って(時には枯れて) 住人を災いから守るのだから、ある意味、盾とか、身代わりみたいなもの。
サボテンを初めてお持ち帰りした頃から、100円ショップさんとか、その他小型の廉価品で、花がついてないものを つとめて トイレに置いています。

opuntia_20120414

初代の 「トイレのサボテン」 オプンチア・金烏帽子。
2012年4月に撮ったもの。
100円ショップ セリアから お持ち帰り。
今思うと、植え方が めちゃくちゃ間違ってます。
確実に腐らせる植え方しています。
当時は、サボテン栽培にはまることは 想定してなかったと思われます。

「トイレのサボテン」が あまりにもツボで、初購入から1か月経たずに、2鉢目をお持ち帰りしてたこと判明。
1階と2階 それぞれのトイレに 置けるように・・・

gymnocalycium_mp_20120424

これも セリアから(しかも同じ店)お持ち帰り。
店頭では 「ギムノカリキウム」て名札が付いてたけど、草姿が丸くない・・・
ギムノカリキウムは どちらかというと 玉サボテンだから、名札違い?
長身とは言えない高さの柱サボテンってことで、エビサボテン(エキノケレウス)の一種?
・・・実際は、同定できないまま、2年前に、寒波に当たって、逝ってしまいました。


ちなみに 昨年、「トイレのサボテン」を務めた面々は こちら。

20160408_082718016_iOS


ノトカクタス 「獅子王丸」 ---画像上中央

◇ノトカクタス◇獅子王丸◇3寸鉢◇
価格:486円(税込、送料別)


つぼみがつくと、こんな感じ。


ノトカクタス 「すみれ丸(芍薬丸)」 ---画像下中央


ノトカクタス 「青王丸?」 ---画像左上

ダイソーさん。名札には品種名書いてなかった。

マミラリア 「松霞」(掻き子品) ---画像右

掻き子品の 特に小さい個体だけに、耐久力に難ありでした。
春を待たずに枯死しました。
元気のいい親株は、こんな感じ。



ギムノカリキウム 「緋花玉」

ノリ付きの化粧砂に植わった瀕死のものを、2014年3月下旬に ホームセンターから500円/3株 でお持ち帰り。
2株は、3ヶ月以内に逝きました。
最後の1株が、日光浴・外気浴以外は ほとんど、トイレで過ごしました。

元気な姿

◇ギムノカリキウム◇緋花玉◇3寸鉢◇
価格:648円(税込、送料別)




今年は、サボテン栽培の規模縮小をするつもりだったけど、逝ってしまったサボテンの後任探ししてるうちに、結果的に鉢数微増、新入りも迎えてしまいました(*'-'*)
今年 トイレで雨風よけをすることの多いサボテンを 紹介します。
: 今年の新規導入種


ノトカクタス 「獅子王丸」、「すみれ丸」、「青王丸?」
2年目のトイレ生活。
しばのその日の気分で、トイレとPC室とを行き来しています。

ギムノカリキウム 「緋花玉」
4月に入り、草体の黒ずみが目立ち始めたので、鉢から掘り上げてみました。
新しい根が出てないわけではないけど、勢いが弱く、それ以上に、草体がぶよぶよ。
「今まで トイレをお祓いしてくれてありがとう」 と念じて、お別れしました(´;ω;`)

マミラリア 「白珠丸」 

ホームセンター抜き苗コーナーより。
花が咲いたところ

白珠丸【割】
価格:850円(税込、送料別)



ブラジリカクタス 「雪晃(せっこう)」
ホームセンター抜き苗コーナーより。
花が咲いたところ



マミラリア 「月影丸?」

最初の出会いは昨年春だけど、お世話に半端なく苦戦しました。
1株だけ冬越しできました。
ダイソーから来たばかりの頃。
2015-05-21-13-52-30

今年は、もう1株 ダイソーから「仲間」を迎えて、二頭立てにしています。


マミラリア 「松霞」
2014年に種まきした、実生モノ5株のうちの2株を、たまにトイレに置きます。
20160408_135537306_iOS





 

種から育てるサボテン(2) 発芽後~2年目の終わりまで

蒔いた種: マミラリア 「松霞」

1回目 2014年4月
2回目 2015年4月(前年に蒔いた分の余りを蒔いた)

 サボテンは、「水あげすぎ注意」な植物だけど、種から丸2年はサボテンだと思わずにお世話する のが、無事に育つコツだと感じました。
種まきからひと冬越すまでは、腰水 が必要でした!
水やりは、土の上から水やりでなく、「腰水の水替え」です。

cactusbuds_closeup_04302014

発芽した後は、夏越しが 最初の関門。
秋のお彼岸の頃には、トゲも生えてます。
育ち具合に差が出てくるので、お彼岸までに 選別 をしました。

選別は、鉢(苗床)置き場や 植え場の残りスペースに応じて、状態イマイチ品を間引いてもいいし、状態のいいものを残して、種まき時の苗床を閉めてしまっても どちらでもいいと思います。
秋のお彼岸過ぎから、翌年春までは、種まき1年目の実生サボテンは 室内管理です。
苗床を置く部屋は、セラミックヒーターをつけっぱなしにして、室温が20度を割らないようにしました。
苗床には 盆栽に使う浅い植木鉢を使いました。
腰水は、台所用品の 網付きバットに水を張って、浅い植木鉢を中に入れました。

水切りバット
価格:108円(税込、送料別)


水を張った水切りバットの中に 苗床を置き、さらに 吸い上げた水分が蒸発しにくいように、苗床の上を覆います。
私は、透明な下敷きで 覆いました。
ぴったり覆って、下敷きの上に水滴がつくくらいで よかったです。
そのくらい、種まき1年目のサボテンには、乾燥が大敵です。


種まきの年は 枝豆みたいな形のサボテンも、ひと冬越すと、しっかり球形になります。
ひと冬越えた春(春分以降)、他のサボテンを植え替えする時期に、前年度種まきしたサボテンも、植え替えをしました。

20150409_022055675_iOS


はじめから、種まきトレイにまけば 鉢上げするまで植え替え不要にできるのかもしれないけど・・・


(サボテン名人さん達は、コレ一面に難易度高いサボテンを ずらっと並べて育てている画像を、ブログ等に載せてたりします)

---私は、できなかったです。
「絶対発芽させる自信」がなかったから、仕切りのない平鉢に蒔いて、冬越し成功を確認して 植え替えしました。
発芽したこと、冬越せた株があったことが、奇跡だもの!


種まきから丸1年の 松霞くん達。
2年目に入ってようやく、苗床の覆いを外します。
目の細かい黒土を多めにして、水はけを確保しつつも、やや保水性重視。
外気浴は 気温20度を超える 確実に晴れた日のみで、水やりも 週に2回くらい。
どちらかというと、温帯産の観葉植物を育てるような水やりと、日光浴加減 --- を、目指しました。

20150403_061040228_iOS



実は、昨年春、第2陣の種まきをしたのだけど・・・前年よりマメにお世話できなくて、腐らせてしまいまいた(涙)
苗床を覆う、こまめに腰水を変える、温度管理をする・・・を、夏休みからずっと 壊滅的にサボってしまったんです。。。
種まきした初年度のサボテンを育てるのは、 サボテン中心に自分の生活を回す くらいでないと、2年目ステージに行けないんだな・・・ と実感。
前年が、ビギナーズラックだったんだなぁ・・・と

実生2年目サボテンは、種まき1年目に比べると、大ざっぱなお世話にも 少しは耐えてくれたみたい。
観葉植物的な水やりは、春~夏にかけては どうにか、できてたから。

2度目の冬を越すと、ホームセンターや植木屋さんなどで見かける 「特価抜き苗」サイズになります。

20160408_135537306_iOS

砂利タイプの用土に 植えてみました。
実生から年数の浅い草体は、ミニ鉢に1株だけ植えるよりも、少し大きめの鉢に 同種で寄せ植えにしたほうが、ほんのキモチ程度だけど、生育がいいかもしれません。

参考書籍は、こちら。
発行年古いですが、火気付き/電装温室を建てられない状態でサボテンを育てるに当たっては、一昔前の栽培法のほうがむしろ取り入れやすく、我が家では功を奏しました。



 実生松霞くんの生育日記は、(もし 生きてたら) 来年に 続きをUPします!





 
livedoor プロフィール
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ