息子の引っ越し&2台目自作機製作の勢いに乗っかって購入した 中古PC(通称: Fake Lenovo)。
OSは、Ubuntu14.04 LTSを入れたのだけど、Ubuntu無印が 4月に新バージョンが出たと聞き、思わずワクワク。
しばは 基本 新しいモノは 試してみたくなるタイプ。
早速 ISOイメージをディスクに焼き込み、インストール・・・・・・・・・ を試みたよ。

しかし!

日本語版は、64bit版しか 提供されてない。。。

英語版の32bit版を探し求め、なんとかISOディスクを作って、インストールを試みたが・・・ 標準時合わせのあたりで、インストールが止まってしまった('A`|||)
一工程手前に戻ることも、インストールをキャンセルすることもできなくなった。
「とにかくPCの電源を切ろう!」として、ISOディスクが入ったまま強制電源OFFをしたら、案の定、

HDD起動不能になりました

20160508_051114305_iOS

お亡くなりになった HDDです。
リカバリモードから起動をあれこれググっても、全く立ち上がらなくなったんで、HDDごと交換することにした。


2ndhanddeskPC

元々保証期間の切れてる中古PCを買ったんで、HDDやらメモリは、弄りたくなった時にガンガン増設増量できることを想像していたけど、PCショップで 店員さんに聞かれたのは

「お使いの中古PCの 大元のOSは 何ですか?」


私が購入した時には、「Windows 7 Homeの再生中古PC」てラベルが貼ってあった。
だけど、別の面には Windows Vista Basic。

なので私は、 「Windows Vista Basicです。CPUは Core2vPro。Vista出たての年の年式と思います」 て答えた。
すると店員さん:

Vista出たての頃の年式のPCだと、HDDは最大2TBまでしか載せられないねぇ。

---と、おっしゃった。
今どきのハイエンド機が載せている 3TB、4TB・・・のHDDは、マザーボード側で 認識できないのだそうだ。
予算は1万超えない程度だったんで、日替わり特価品の8500円/3TB品を諦めて、 定価の 8500円/1TB品を購入。


20160508_051123925_iOS

しかし、いざベイにはめようとすると、どぉ〜しても 収まらない。
元のHDDとは違うメーカーだったからなのか?
それとも、私の前のユーザーさんが 神業を使ってハメたのか?
いろいろ試したり、ググった末 「ベイ無しでも動かないことはない」と知り、 (ベイ無し)でマザーボードとつなぎ、筺の蓋を閉めた。

20160508_062535587_iOS

BIOS動いた。ひと安心・・・

Ubuntu 14.04 LTSを 「戻しました」!

20160508_121056679_iOS

Skypeも入れた。

20160508_130605793_iOS

2007年頃製造と思われる中古PC 「Fake Lenovo」君は、Ubuntu14.04 LTSに 最後まで添い遂げます。
Ubuntu14.04が終了したら・・・ その時は、どうしようかなぁ?


☆Ubutuアップグレからわかったこと

思いっきり古い型のPCだと、32bit版のソフトウェアしか 確実に走らない。
そうなると、 サポートが終了してしまったWindows XP機や 来年にサポートが終了してしまうWindows Vista機--- 正確には 【Windows XPやVistaが 最新版だった頃に製造されたCPUやマザーボードを搭載したPC】---では、Linuxの最新OSで「生まれ変わらせる(=最先端機にする)」ことは 難しいってことになる。
(実は Linuxムック本にも、 「サポート切れWindows XPへのLinux OS導入は 自己責任で」て書いてある)
無料なぶん、 動作不良を起こした時の保証がなくて、 だけど 「保証はないけど、いろいろ弄って試行錯誤しながら、ソフトウェアを走らせる過程を楽しいと思う」人にとっては、 UbuntuはじめとするLinuxは、ワクワクするし 学びの多いOSだと感じる。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最新のUbuntu OSは諦めたけど、 「手持ちPCの、ウェブブラウザ環境(ブクマとか、アプリ類)を最大限に共有化したい!」 は諦めなかった しば。
Firefox(Linuxの初期設定ブラウザ)の外観を Chromeっぽくしてみたり、
Chromeダウンロードを試みたり・・・

Chrome ブラウザ - Chromium_001
 
---ここでも、「64bitの壁」!!!!! 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 
日本語化できなくてもいいから、 Linux用の32bitのGoogle Chromeを探そうとすると、「サポート終了」
どうあがいても、 Chromium しか見つからない。
FlashやJavaアプレットは 自動更新されないから、 「手動でインストールして適用」 という、地味にめんどくさいやつ。
でも、ソフトウェアセンター公認だから、インストしたよ。

FlashJavaアプレット適用が 確かにめんどくさかったけど、 そこは、プログラマー志願の息子が にやつきながら、 「端末 (terminal)」に コマンドをバチバチ打ち込んで・・・・・・



(実際は、 [ sudo apt-get なんたら かんたら ] みたいなのを打った)

Googleアカウントでログインしたら、99.99% WindowsやMacのGoogle Chromeと同じ動作ができました!
なんと、Chrome アプリストアから、 LINEも引けちゃったΣ('◇'*)エェッ!?

20160521_112441007_iOS

20160521_112157583_iOS

「Linux PCでは LINEできっこないよなぁ」 て諦めていただけに、心から感動した〜☆


☆ブラウザ選びは、ココ を参考にしました。