私がスマホゲーを始めてから、もうすぐ2か月。
私がiPhoneに入れてるゲームは、パズドラと、モンストと、ツムツム。

今更だけど、スマホゲーの中毒性はやばい。
やってる最中は、手放しに楽しいし、ダンジョンをクリアしたり、自己ベストを更新したり、自分の持ち駒キャラがレベルアップや進化をするのを見るのにも、達成感がある。
特に 達成感 に関しては、まさに 辛くない種の努力 って感じる。

IMG_0534

初めて自力で 「番人(画像では、赤)」 をゲットできた時は、思わずスクショ撮った。
(「番人」シリーズは、自分のレベルが低いうちは、ガチャでごくまれにしか出会えない)


英語を伸ばすための努力も、楽しくないわけではないんだけど、ゲームでのレベルアップは、英語を伸ばすための努力よりも、結果が出るのが早い。
結果が早く出るから、即成長の足跡を見たくって、ついついやりこんでしまう。

あまいミツ
 

みたいなもの。 


我が家は一家ほぼ全員パズドラーなんだが、【魔法石を課金で買わない】 の約束の元、そこそこにプレイしてます。
無課金条件だと、そこそこにしかプレイできないんだがね。
当然、「石」の使途は、ボックス拡張か、レアガチャ。
(夫は、別の意味での不屈の心を発動して、ダンジョンクリアのために「石」を使うようだが) 
そこそこに (=仕事や学業に障らない程度に) 楽しむのに、私と息子と娘2は、コレのお世話になってます。

geriraalarm

コレがあると、「今日はゲリラダンジョンをできるかな?」とまず考えるようになるし、ゲリラ時間に授業やら仕事がかぶってない時には、「ゲリラダンジョンに絞り込んでプレイしよう」って気持ちになって、手持無沙汰だからなんとなくゲームしちゃった を防いでます。

つい最近まで、「スマホゲーを始めるなんて、英語人としては堕落したなぁ」 と、無意識に自分を責めていた。
今でもちょこっとだけ 「いいのかなぁ?」 と思うことがあるけど、日頃気疲れしてるせいなのか、 あまいミツ が美味くって・・・ (^_^.)
あまいミツばかりでは、ココロにも贅肉がたっぷりついてしまいそうだから、ゲームについて書いた英文日記で締めます☆


<以下、英文> 

My family members all play Puzzle and Dragons (PAD) except my mother in the 70s.
My son is the most skilled player in my family; he has played it for over two years and recently reached Rank 100.
He says that he has more room for a stronger player; one of his classmates is like a pro starring on Nikoniko Live (an Internet videocast).

My husband has also played it for at least one and a half years, but unfortunately he had to restart from the very beginning about a couple of months ago.
His iPhone 4 has quit supporting this game application.

My daughters and I are novice players as my youngest daughter and I started the game on March 25, and my eldest daughter on April 4.
At first I never imagined I began playing a smartphone game, but once I started it, I thought there is a maxim for improvement for becoming a strong player, which is similar to a key for improving foreign language skills effectively.
It is to enjoy time and effort in beating tough enemies; there's no shortcut to get stronger monsters and higher scores on the dropping puzzles.
When my husband heard that females in my family started PAD, he told us that we must not pay for magic stones (currency in the game).
Of course, my husband and my son have played PAD without any payment for magic stones since they started it.
It's a kind of funny to see PAD as family ties, whereas there are lots of adults who advise kids not to get into smartphone games.

(注:声が出ます)