先週末は、予定外のPCいじりと、iPhoneいじりに追われた。
特に土曜日!

ちょっと隙間時間ができたんで、「Real英会話をやろう!」と思い立って、起動するも、最も自慢(というか、気に入っている)のメニューが、動かない!

IMG_0717

マイク型のキー部分が、青くなってる。
これは、「操作無効」 ということ。
1回マイク型キーをタップして英語を発すると、1単語分だけそれっぽく認識して、そこで動作固まって、この英文は「×」判定。
かつ、やり直しも聞かない。

左上の バツ印のところをタップすると、

IMG_0718

こんなのが出て、

【戻ります】のところ押すと、それっきり動かない。
【やめます】 で、終了するしかない。

IMG_0712

iOSを8にアップグレードた直後(8.0.0 をインストールしたころ)は、Evernote と Real英会話とに不調があった。
Evernoteは、iPhoneの他に、iPadにも入れてあるけれど、iPadのほうのEvernoteを一旦削除して、再インストールしたら、不具合は解消された。
そのノリで、「Real英会話も、一旦削除して再インストで、直るかもしれない」 と淡い期待を抱き、再インスト決行。

当時の状況の詳細は、コチラ を見て。 


再インスト後の Real英会話 は・・・ 「スピーキング」モードが使えない状況は変わらず、かつ、ユーザーデータが「無名」になって、アイコンも消えていた。

この件で、私は、「遅かれ早かれ、iPhoneはフォーマットするしかない。できることなら、iOSのダウングレード付きで」と感じた。
iPhoneをフォーマットするために、iTunesにつなぐ。
下位iOSをダウンロードできるサイトを見たり、「iOSダウングレード法」のサイトを見たりする。
往々にして見かける、「脱獄」 [ jailbreak ] の文字列。
PCなら、フォーマットすれば、Win Vistaまでは自力ででも販売開始当初のOSに戻せてたけど(注:Win7にしてからは、フォーマットする時はPCデポに預けるようになった) 、iPhoneは、自力でフォーマットすると、コンテンツとメールなどの設定がクリアされて、「最新版のOSが入った状態」での初期設定 になる。
真の意味での「工場出荷時状態」ではないのだ。
iPhoneを、完全なる 工場出荷時状態 にするには、プロ技術者にお願いする必要がある。


それから、しばし iOS自力ダウングレードに挑戦するも、ことごとく失敗。
観念して、フツーに iTunesでiPhone復元をする。
復元後、バックアップ適用をしたら、LINEの友達リストも、ラブライブの履歴も、Real英会話の これまでの学習履歴も 無事だった。 
iTunesの 「バックアップを復元」を押すだけで、めんどうなキャリアメール(私の場合、ezweb.ne.jpの携帯目るアド)の設定も、引き継ぐことができた。

ただ、iOSが、8.0.2 になってた。

Real英会話がiOS8に対応するまでの間、コレでスピーキング練習をしていよう★ て思ったやつは、思いのほか高性能。
ただ「○か×か」でなく、「通じやすさ度」を数字で出してくれるのが、秀逸な点。

IMG_0721
(OKPanda 毎日英語) 最初の章の画面

「ネイティヴに確実に通じる発音」に特化した練習ができるのはいいのだけど、半分くらいは「有料メニュー」。
1章ごとに買い増しする場合は、全コース購入すると、いくらになるか不明。
OK Panda の発音認識精度の高さに感動しつつも、同時進行で、Real英会話がますます恋しくなってくる。
Real英会話は、自分でググって見つけてダウンロードしたのではなくて、英語系オフ会の時に、メンバーがみんな持っていて、「どのフレーズで○が取れたの、取れないの」で盛り上がっていて、だけどその時自分一人が持ってなくて・・・
これをダウンロードして、これに取り組んで やっと、話の輪に入れる♡」 て感じたアプリなの。
英語とは直接関係ない動機だけれど、英語系のツイ友さん達とつながり続けるためには、ある種 必須アイテムとさえ思ってる。

もう一度、Real英会話を満喫するためには、iPhoneを「フルフォーマット(発売当初状態)」してもらわなければならない。
その時には、デスクトップ本体と、iPhoneのケーブルも持っていく。
他のアプリが iOS8.0.2 で問題なく動いているだけに、「たかが1つのアプリのために?」感は否めないのだが・・・
今は、PC使わないとできない作業が少しあるんで、次に臨時休業があった時までに、「Real英会話(除:スピーキング)」と OKPanda とを併用しながら、iOSを7に戻すかどうか 決める。