しばんちろぐ 03

こちらは過去ログ置き場です。今はWordPressにいます。

小ネタ

すべらない「誕プレ」選び。

9月は、娘2と 夫の 誕生日。
今年は、こんな感じ。

 夫へ: 一文字雅印

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一文字雅印 愛(白文)【】
価格:2160円(税込、送料別) (2016/10/15時点)


 娘2へ: コンタクトレンズセット

2016-10-06-08-03-39


過ぎちゃったけど、7月には 母の誕生日。
これをあげました。


前に借りたはかりが 壊れちゃったことだし・・・


10月には、娘1と 息子の 誕生日。
正直、10月が一番 プレゼント選び ラクです!
近年、娘1と息子は、「ほしいもの」を 私に直接アピールしてるから。
多少前倒しになっても、「彼らのほしいもの」をゲットしてくるか、「彼らのほしいもののための費用を出す」をすれば 双方幸せです。

意外と気を使うのは、母や夫の誕プレ。
「こんなものがほしいなぁ」は ごくごくたまにしかつぶやかないし、私が想像して選ぶと、「いらね」って言われたり、かぶったり(すでに持ってる)・・・

プレゼントしたものは、必ず受け取ってくれる

---の前提は、我が家にはありません。
代わりにあるのは、 差し出されたプレゼントに対して 受取拒否できる雰囲気・・・ 


受取拒否したほうもされたほうも 互いにサラッと流せる雰囲気ができるまでの過程では、「いらね」の連発だと すべらないプレゼントが現金しか考えつかなくなるとか、10ン年前の母に至っては「現金しか要らないからね」と先制攻撃される・・・という、非常に冷めた空気になったことも(/TДT)/



でも、思い返すと、 「いらね」って受取拒否されるよりも辛いことも あるんです。
それは、相手に渡したものが、受け取ってはもらえたけど、未開封で放置されてたり、部屋の隅に無造作に投げてあるのを見つけた時・・・数年前の夫の場合なんだけど。
その時言葉で言われない分、 すべった直後のショックは小さいんだけど、 後から空虚感と「浪費してしまった感」が膨れ上がってくるのは、とてつもなく辛い!!!


母に「現金しか要らないよ」と言われるのと、夫に あげたものを未開封放置されたことを機に、「交わした言葉以外の行動のほうをよりしっかり見たり、独り言的なつぶやきこそ より真剣に聴く」に 日頃のコミュニケーション法を変えました。
以来、とても高価なものを「○○ほしいよ〜」とアピールしてくる子ども達には、「じゃ、それ 誕プレで ね」で、win-winになれます。
夫や母に対しては、【確実にプレゼントを受け取ってもらうために、どうするか?】の 戦略を練ることも しばしば。
そうすると、戦略を練ること自体が楽しくて、仮にプレゼントがすべっても(=受取拒否されても)、「あ、自分の作戦、失敗しちゃった(・ω<)」て思うだけで、受取拒否した相手に対して マイナスな気持ちを感じる度合いが 激減しました。 

ここ3〜4年は、プレゼント 自分がもらうよりも、 人にあげるほうが 楽しいんです。
(実は 自分、 家族から 目に見えるカタチのプレゼント もらってないからかもしれない)
もはや プレゼントを選ぶ→渡すの過程が、私の脳内では ちょっとしたRPG化してたりします。
そんなわけで 出費の多い秋を 地味に楽しんでいたりします。 

2015年を振り返る(&2016抱負をちょこっとフライング実行)。

oosouji001_2015yearend
(C) 花鳥風月


12月の学習成果:
StudyPlusによると、約87時間。
再び 100時間/月達成ならず。。。
何が、ブレーキになったろう・・・

2016年のひそかな抱負が アナログ活動を増やす なので、今年の振り返りを 手書きしてみました(実際は、先に手帳誌面画像をツイッターに載せました)。


20151231_114748923_iOS

とにかく、自分の中でも周りでも、いろんな事が 大きく変わりました。
今年新たに出会った人。
今年再会した人。
今年別れた人。
どちらも、「今年」が その適期だったのだ・・・ 自分が変わりまくったのだから、お別れする人0人なほうがむしろ不自然です(と自分に念じてみる)。

「英語の人」をうたい続けてきたしばが、自ら英語を教えない仕事に就いた--- は、「志を捨てた」とか「挫折した」と受け止める人がいても、無理はないです。
ただ、私の中では、【英語へのこだわりを弱めることで、より高給を得られる場所に採用される確率を上げる】ことを意図して、3月の辞令を受諾しました。
言い換えれば、契約更改時の最重点事項を、英語を教えることから 年俸UPに変えたのです。
夫の年齢、子ども達の年齢的に、「そういう時期」に突入したと感じたのです。


しばんちの2015年は、 例年以上に傍目から見て非常識に、でも当人たちはどことなく楽しげに 暮れていきます。
 

#手前味噌良記事3選 ホームページ/ブログを12年分振り返るよ。

こっこさん@イロトリドリ の 「この企画」 に乗っかって、ネットにモノを書き始めてからのことを 改めて回想しようという気持ちになりました。
12年分振り返るので かなり長くなります。
長文苦手な方は、退場いただいてもかまいません。

o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"


「しばんちろぐ」 現在は 03 ですが、実は(といっても私の中でだけかもしれん) 「しばんちの記録」としての しばんちろぐは、2003年5月にホームページを書き始めた時からずっと 続いています。
自分は 気まぐれなところがあるんで (特に30代は 気まぐれだったので)、何度もウェブサイトやブログの引っ越しを繰り返しました。

よって、「しばんちろぐ」 は、ライフステージ別 or 物理的事情によって 4つのブログに分かれています。




(1) しばんちろぐ 序章&外伝
2003/05~2004/03頃までの日記。ブログを使ってない時代の日記で、残っていたものをコピペしただけです。

(2) しばんちろぐ(無印)
2004/03~2008/04の日記。当時のタイトルは「水戸から 世界へ」。働く事に憧れながらも、病気がちな子ども達を想うと勤めに出る事を諦めてしまっている時期でした。でも 英語学習を通して「妻でも 母でもない、一個人としての自分」に目覚め、古典的な母の目を盗んで 結婚前に悔いを残したまま辞めた教職への復帰を夢見始めます。ボイスブログ付き(iTunes Store無料Podcast)。

(3) しばんちろぐ 02  
2008/04~2014/03の日記。英語学習記録が主体ですが、度重なる家族問題や自分問題と闘っていた日々の記録が一番多く詰まったブログ。母娘間バトル、子ども達の不登校問題、夫の嗜癖、自分のバイト遍歴・・・その他もろもろ。細々とした就活開始から始まり、講師でではあるけど 公立学校教壇カムバックまで。ボイスブログ付き(2009くらいまでiTunes Store無料Podcast、2014からはSoundCloud)。

(4) しばんちろぐ 03 
現行ブログです。2014/03、「公立学校勤務をやり抜こう」と誓って移転。2015/10、ついったらー・しば の日記ブログ として模様替え。ボイスブログ付き(SoundCloud)。


では、12年分の振り返りとして 総合的に(ブログをまたいで) 3記事ピックアップします!

hallo-back003

[1] バレンタインデーが近づくと・・・
3entries_20060202
全文は、リンクから。
英文音読が聞けなくなっています。ゴメンなさい。
代わりにスクリプト載せます。

I Love You More Than Love 

It is impossible to capture in words, 
The feelings that I have for you, 
They are the strongest feelings that I, 
Have ever had about anything. 
Yet when I try to tell you them, 
Or try to write them to you, 
The words do not even begin to touch, 
The depths of my feelings, 
And though I cannot explain the essence of, 
These phenominal feelings, 
I can tell you what I feel like when I am with you. 

When I'm with you it's as if, 
I were a bird flying freely in the clear blue ky. 
When I'm with you it's as if, 
I were a flower opening up my petals of life. 
When I'm with you it's as if, 
I were the waves of the ocean crashing against the shore. 
When I'm with you it's as if 
I were the rainbow after the storm proudly showing my colors. 
When I'm with you it's as if, 
Everything that is beautiful surrounds us. 

This is just a very small part of how, 
Wonderful I feel when I'm with you, 
Maybe the word 'love' was invented to explain, 
The deep, all encompasing feelings that I have for you, 
But somehow it is not strong enough, 
But since it is the best word that there is, 
Let me tell you a thousand times, 

I love you more than 'love'. 



[2] [県立高校入試] 咲く桜と、まだ蕾の桜。
3entries_20120314
「02」のブログに大まかな経過を載せていますが、息子は 初めに入学した公立中で人間関係トラブルにさいなまれ、2年の途中で、私立中学に転校しています。
はじめ 夫は反対していた 息子の転校。
でも この時の担任と 学年団の先生方が、途中編入の息子を全力で守ってくれました。
息子も「この担任、この級友の前なら、一肌脱いでもいい!」と思えるほど、中3時のクラスが好きでした。
県立入試前の三者面談での、息子のみならず、私自身も救われた 当時の担任の言葉を伝えたく、この記事を選びました。

[3] [最終回] オンライン英会話の効果を、十二分に出すために。(3)Skype環境ベンチマークテスト

このブログの最新記事です。
Skypeでのオンライン英会話で 効率よく英語を上達させるための レッスンメニューの組み方や 受講心構え、業務と英語をリンクさせる法 などは、すでに先達がいらっしゃるので、そちらにお願いするとして・・・
しばは ハードウェア面 に焦点当てます。
オンライン英会話は テクノロジーの恩恵の賜物」と心から思います。
「ノンジャパさんと 廉価に 好きな時に、話す」事自体を おそらく20世紀はほとんどの人が諦めていたことと思います。
一昔前に諦めていたことを、今はインターネットの普及と インターネットに付随するテクノロジーの発達のおかげで 諦めなくてよくなったのだから、とてつもなく大きなアドバンテージです。
---と同時に、テクノロジーの恩恵をフルに(近く)受けるためには、テクノロジーを利用する側にも、知識や知恵が必要だと 強く感じます。
とある講師からの言葉をきっかけに、いろんなパターンでSkypeトークをして 音質比べをしました。
よい音質で英語トークができれば、より臨場感が高まって、やる気も上がると信じます。

 


以上が、僭越ながら 私の #手前味噌良記事3選 です。
長文へのお付き合い 誠にありがとうございました。 

言い得ている。

名古屋でご活躍の 占い師 アンさんの ツイッターで見かけた 各干支生まれの特徴が、めちゃくちゃ 「うちの家族的に 当たってる」の
そして、締めの言葉が  ハラ落ちした。

これは 母の干支。亡くなった父も、おんなじです。
父はかなり気短だったけど、母も 結構気短、結果を急ぐ。
そして 痛々しいほどに、すご〜く張り合うね。
それが 元気の秘訣だから、「もう年なんだから」なんて 口が裂けても言えない。


これは、娘2。
直接目上の人と争ってるわけではないのだが、かなり「モヤモヤ」することはあるみたい。
我が家で一番年下だけど、同時に一番洞察が深く鋭いのだ。


これは、夫。
後前見ずの気早や は、人と(特に教官とか上司)と喧嘩になった時に、発動しちゃってたかなぁ。
だけど 基本的には、無理無理我慢をしないんで、裏表もない。
それが、私が母とは揉めても 夫とはあまり揉めない理由かも。


これは、娘1。
骨折り損は・・・バイトするようになってから、お鉢回ってくること多いかな。
勉強を投げた分さ (`ヘ´) フンダ!!! て、私は思ってしまうんだけど、職場では 同僚に、とくに目上の人に可愛がってもらってる。
ありがたいねぇ。
義理を守りて正直に は、ほんとに血肉になってるよ。
私も、見なわらんと。



これは、息子。
私の祖母(子ども達の曽祖母)も 子年生まれ。
「無駄遣いしない」ところは、my 祖母そのもの。
私は、子どもながらに見て、祖母が我慢してお金を貯めてるという感じを受けなかった。
「お金が貯まっていく様を見るのを楽しんでる」ように、子どもの私には映った。
苦労の中に貯めた金 色で失い・・・」てところが、嫌だ。
だって息子、高校の時、食える見込みない夢を抱いてた娘に ガチ惚れして、「彼女と一緒に店やりたい♡」て 担任にも言ってたもん。

 
これは、私です。
小才もありて器用???--- これは「器用貧乏」のほうに感じてしまうんだけど、それ以上に 「人の気をとる内は安楽に」 が気になるよ。
もしや、私は 周囲の平和のために、自分の色を消して生きたほうが 最終的に損をしない のだろうか?
私、申年生まれだけど、立ち位置が 咬ませ犬ぽ (ρ゚∩゚) グスン




 

カウンター。


三が日明けた頃に、ポチりました。
昨年の 横山カズさんセミナーを受けて以来、ずっとほしくて、探してたんです。
5年前なら、持ってたかもしれないのに。
いつの間にか、オフハウスに売っちゃってたみたい。

家の近くの100円ショップ探したけど、どこにもなくって。
会話向け英文でも、レアジョブのアーティクルでも、iKnow 例文でも、音読する時は、コレ使う。 

今日、コレの 本当の?名前は 「数取器(かずとりき)」と言うことを 学んだ。
回数や頭数など、数を記録する道具なんだもの、「数取器」って呼ぶのが、的確だ。

そういえば、「カウンター」 だと、 いろんなものを表すもん。

コレも、カウンター。


(配膳台)

食べ物屋さんで 「カウンター」席 (高いテーブル) ってのもある。



格闘系で 「反撃」のことも 「カウンター」。
 
ポケモンのわざにも、ある、「カウンター」。
(直接攻撃の威力を倍返しするわざ) 


調べてるうちに、脳内がごじゃっぺになってきた(=煩雑になってうまくまとまらない)。
英語音読回数をカシャカシャやるブツのことを 「カウンター」 って呼ぶの やめたくなってきた。
日本語で言おう。
かずとりき。
かずとりき。
かずとりき。

何でも横文字で言えばいいってもんじゃない。
日本語 すばらしい。 

娘1の友人にとっての、茨城名産品。

 昨日、娘1が 帰京。
家族サービスが、無事終わりました。

「この夏最後の家族サービス」 として、彼女のアパートまで車を出す・・・が あったけど、それも ただ何となく「いいよ」でなく、私のスタミナが持つような条件を提示しつつ、建設的な話し合いを経て 車を出すことができた。 

ただ、お土産探し は、苦戦したなぁ。
彼女は、専門学校の友達に これをリクエストされていたの。


スーパーやコンビニでは、うまい棒はたいてい1本売りだし、必ず 「なっとう味」の在庫があるわけでもない。
特に、「友達に配るために、まとめ買い」 は、予想以上にハードル高い!

24時間営業のリサイクルショップの、駄菓子コーナー、 それも在庫ストック用なのか、陳列棚の上の段に、30本未開封で 1袋。
照れ臭かったけど、お持ち帰りしました。
350円くらい。

今頃、娘1の友人達は、どんな顔して コレを食しているだろう?

 
livedoor プロフィール
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ