レアジョブの カウンセリング、2回目と 3回目は セットです。
「英語を 独学しない (学習メニューを一人で決めない)」との誓いを立てた・・・特に、オンライン英会話では 「迷った時には、第三者に客観視してもらう」を心がけています。

カウンセリングの 2回目は・・・英語熱が 恐ろしく下がっている状態で カウンセリング受けました。
もしも カウンセリングシステムがなくて、あるいは あんしんパッケージに課金していなかったとしたら、99% レアジョブ 辞めてたと思います。
あるいは、締め的にカウンセリング受けて 「レッスン受けずに籍だけ置いて、英語力上げるための行動しないのなら、いっそのこと 辞めませんか?」みたいに、カウンセラーさんに叱られて、「正直に言っていただき、ありがとうございます。お世話になりました」みたいに終わるのが、理想だった・・・かも。


第2回カウンセリング 7月31日(日)


私から送った、相談事項:
rarejob_counseling_problem0731
今年度は、2校掛け持ち勤務の1年目なんですが、同時に 通信制大学の1年次でもあり、[ 仕事と、大学の課題と、英語 ] の3種全てを 日々のルーティンに組み込むことが 全くできていません。
仕事と 大学の課題とを回すのに、家事を95%くらい放棄して(特に掃除と弁当作りが壊滅)ギリギリ締め切りに間に合ってる有様。
昨年以上に、英語にかける時間が 減ってしまいました。
それでも、【過去の淡い栄光?(8時間/日できた想い出とか、iKnow!の週ノルマをガンガン達成させてた想い出)】を支えに、「気合いさえあれば・・・もっと英語できるはず!」と 自分を追い込み、だけど追い込み切れずに 時間だけが過ぎて、突貫工事的に 仕事と大学の課題をやっつけてました。
当時 英語に関して思ってたことは、ただ一つ:

今の状態じゃ、金の無駄。


>前回ご提示いただいた「マイルストーン」ですが・・・

rarejob_counseling_answers

4/18から 7/20までの間に 「50コマ/3ヶ月 レッスン受講を積む。使用メイン教材は、TOEIC教材中級と、DNA。レッスン以外の自学は、ライティングの比重を上げる」という 課題が出ていました。
だけど この期間、レッスン受けたのは 4回/ 3ヶ月
予習のためにDNAを読みはするけれど、予習だけして眠気に負けてしまうことが 何回あっただろう?
「せっかく予習したのに、レッスン予約するに至らなかった!悔しい」って はじめは思ったけど、学校の仕事や 大学の課題に追われるうちに、【学校の仕事と 大学の課題のほうが大事だから、しょ~がないか】と 変に開き直り出してしまいました。

【英語に時間割けなくても しょ~がない】と 【時間割けないものに お金使うのはもったいない!罪深い】って想いが入り混じったキモチを抱えて、カウンセリング開始。
2回目担当のカウンセラーさんは、「英語ばかりやっていられなくなる(人事異動や転職などによって、物理的に)事もありますよね・・・」と前置きしたうえで:

A. 毎日25分プラン→月8回プランにして、予習復習の質を落とさず、「レッスン受講回数最低ライン」を定める。
B. 予習復習の質が下がってもいいから、(できるだけ毎日)25分間英語トークすることを習慣づける。

---の二択を 勧めてくださいました。
「あなたから、やる気感じられない。辞めれば?」の言葉は なかったです。カウンセラーさんって、ホントは「この人やる気ないなぁ」と思っていても、立場上言えないのかなぁ? 


Skypeカウンセリングの間、私は、いつの間にか レアジョブに正式入会してから3,4ヶ月目くらいから気になり出して、ブログにも書いた命題を、再度 自問自答していました。 
☆学習目標を明確にする
→目指す種の英語を、自学で予習復習
→「英語習得=筋トレ」、疲労困憊が適正レベル!
辛さ(高負荷)に耐え抜いてやっとスキルUPできる
   ↑
これが王道---てずっと思ってやってきました。
「辛くなく(低負荷)楽しく、チリツモ式に・・・」は 【正直、憧れてた】!
だけど、 楽しく続けて それなりのスキルUP度なのと、 辛いけど辛さを受け入れてブレイクスルーすることを比べた時、なぜか後者を選んでいました。

英語力がブレイクスルーすれば、ブレイクスルー達成に至るまでの 学習の辛さは清算される

---と念じて、朝5時前に起きたり、退勤後のカフェ勉・車内勉などをしてきたけれど、今回は ちと事情が違う。。。 

どんなに強く 「アフターの青写真(英語力ブレイクスルーを成し遂げた図)」を思い浮かべても、イマココの疲労に勝てない。
朝もぎりぎりにしか起きられなくて、「朝活」に失敗。
隙間時間は、寝るとか、スマホゲームとか、ニュースサイト読み(英文記事も読むが、日本語で読むのが過半数)が優勢になって、「英語やるぞー」って気持ちが起きない。 
そんなこんなで 【第一領域(急ぎで、かつ重要)】をするのが精いっぱい】 になってました。゜(´Д`)゜。 

第2回カウンセリングの日の 私の中での「タスク四領域比率」は こんな感じ:

第一領域 緊急かつ重要 授業、教材研究、仕事で使う書類、大学の課題及び試験、家族行事、地域行事、通院
第二領域 緊急でないが重要 外国語学習(主に英語)、サボテンの世話、読書、安近短旅行、運動、整体
第三領域 緊急だが重要でない 家族から頼まれたおつかい、PCや家電のメンテナンス
第四領域 緊急でなく かつ重要でない ゲーム、TV、漫画、ネットサーフィン
 
 ※ 「第○領域」の概念は、「7つの習慣」参照。字が大きいほど 気にする度合いが強い

第四領域を減らすのは、少しがんばればできる。「習慣の改善」としても、できる。
ただ 第四領域を減らして得られる空き時間には、限りがあるんです。
【急ぎの予定(第一、第三領域)】が増えると どうしても 第二領域の中で 諸活動を仕分けしていって、時間の捻出をしてしまいます。
第二領域、本来 もっと大切に扱わなきゃならないモノなのに、その場しのぎ的に 切り崩す感じ。(対外評価をキープするために)
第二領域を減らすと、平和的・生産的にストレス解消ができなくなります。
ストレスを平和的・生産的に解消できない結果が、隙間時間 無意識に ゲームしたり、TV見たり、寝たり・・・になって、達成感を得にくくなるんです。


syukudai_natsuyasumi_girl_aseru

カウンセラーさんから提案された2つのプランを、[ 自分の 第何領域を 充実させられるだろうか? ] て視点で どちらをやってみるか 検討します。


提案A
(しっかり予復習して月8回プランに変更)
提案B
(レッスン内容を易化(いか)して毎日25分プラン継続
利点 (1)受講料を節約できる
(2)レッスン枠を繰り越せる
(3)予習・復習を念入りに行える
(1)英語を話す「勘」をキープできる
(2)素敵な先生と出会う機会が増える
(3)自分の現時点での得意な話題・不得意な話題を把握できる
欠点 (1)英語を(アウトプットで)使う時間量減
(2)レッスン予約してない日の自律難易度UP
(1)月額受講料が高くつく
(2)たまにフリートークのネタを思いつけなくなる
その他 レッスンを受ける先生や、使用教材を固定するならば効果的。
レッスンの最低受講回数を減らす⇒甘え心が生じやすくなる
他の英会話スクールを併用している場合は、【サブのほう】に向く受け方?
予習復習時間を十分取れれば レッスンへの真剣さが増して[ 第一領域 ] 拡充ができるが、受講回数減が裏目に出ると 英語学習意欲自体もなくなる。
英語で話す事を習慣化させやすい
予習なしフリートークが続くと、行き当たりばったりなレッスンになり、目標がぼやける
時間や気持ちに余裕がある時には、教材を使ったレッスンも併用すると 一層効果的。
9回/月より多く受講できるならば、毎日プランのほうがコマ単価的には割安。
英語レベルUP的には 現状維持にとどまるかもしれないが、英語で話す=プチ非日常 場をこまめに持つことで、[第二領域] を拡充できて 余暇が充実する。


⇒⇒⇒ プランBを選び、レッスンスタイルを 大幅に変えました。
TOEICを申し込んだ時にTOEIC教材をゴリゴリ・・・も悪くないんだけど、英語試験に出願してない時に 習慣的に英語を使わなきゃならない状況を作るために、予習時間が短くても回せる教材を選び直ししました。 
これまで 英語試験に出願していない時に 主に選んでいたDaily News Articleの予習のみ所要時間(記事1つに予習のみで最短30分、最長1時間以上かけていた)量を、[ 予習+復習合わせて1時間で回せるメニュー ] に変更。
4月のカウンセリング時にアドバイスいただいていた 「気ままな日記でないライティング練習機会を増やしましょう」も 考慮に入れて・・・
カウンセリング、ほんとは 1回の時間枠が15分なのに、倍以上オーバーしちゃって・・・(土下座)・・・
その成果?あってか、Skypeカウンセリングが終わる頃には、TOEICに出願していない時の 新・基本レッスンスタイルが完成していたし、カウンセリング後すぐに、速攻予約して、レッスン再開しました(^∀^) ※ 旧レッスンスタイルとの比較付き


BEFORE AFTER
通常時 ◆Daily News Article:フリートーク =7:3 DNAは念入りに予習。
◆リスニング音源使用しての音読、オーバーラッピングの他、早口音読、読み上げWPM測定も含む。
♡フリートーク、Conversation Questions、Beginner News Articleを柱に、その日の気分に応じて選ぶ。
♡BNAの予習は、[課題文音読→Exercise1~3を解く→Challenge Roundの Agree/Disagree式ディスカッションは、自分の意見の文字起こし]。
♡復習は、(1) 1つの課題文を2度使う。
2度目は、1度目とは別の先生と、Challenge Roundのディスカッションに焦点を絞ってレッスンをする。
TOEIC出願時 ◆TOEIC教材初級→中級。
2016/04現在、初級を11/100 Lesson、2016/02の途中で中級にシフトして 10/100 Lesson 完了
♡少なくとも レアジョブSpeaking TestでLevel 6以上になるまでは、LRの得点と関係なく、初級のTOEIC教材を進める。
♡復習は、リスニングパートに重点を置き、リスニング問題の文(対話文でも同様)、耳コピのみで言えるように仕上げる。
※ リスニング復習の手応えによっては、LRの得点及びレアジョブSpeaking Testの結果を問わず 初級をLesson 100まで演習するかもしれない。 


TOEICは カウンセリング受講後の出願がないので あくまで「予想」ですが、通常時レッスンは・・・

rarejobnikki_201608

また 楽しく レッスンができましたヾ(=^▽^=)ノ
8月最初の週は、フリートークばっかり。
レッスン内容<レッスン受講頻度 にこだわりました。
【フリートークばっかりになってもいいから、とにかく毎日レッスンを受けよう】だけに拘ると、「雑談の延長でない レッスンらしいレッスンをしよう」とか、「やっぱり予習は大事」とか、「あ ライティングやる誓い立ててたのに、実行してないから BNAにもっと比重置こう」に変わっていきます。
学びの場でのつながりだから、私の側に 「教材にはない事だけど、話したいトピックがある」場合以外は、教材を使ってレッスンするほうが ラクなんです。
bnalist
進捗表も作ってみた。
全30レッスン×2回終わるまで、TOEICやSpeaking Test成績に関係なく、BNAを完走する ←誓いの言葉

そして 8月最後の土曜日に、再びレッスンを楽しめるようになったお礼をするために、カウンセリング予約を入れました。


第3回カウンセリング 8月27日(土)

とにもかくにも、前回カウンセリングでのアドバイスに対する お礼です。
第2回と同じ方が 担当してくださいました。
(1) ブックマーク済みで 何度もレッスンを受けている先生には、レッスン受講方針を上の表のように変えたと 随時話して回ったこと。
(2) レッスンを受ける・受けないに関わらず、Skypeのプロフ欄に 近況を英語で書いていること。
(3) BNAの Agree / Disagree型ディスカッションの自分の意見を Lang-8に(も)書いて、英語ネイティヴから直しが入ったら 推敲していること。


などを報告しました。
前回の反省を生かして、15分に収める(。・ω・)ノ゙ を、最重要事項にしました。
私からのお礼と 8月期の学習報告に対しての カウンセラーさんの返事です。
BNAの使い方に関しては、あなたが今学んでるやり方、実は 学習法のアドバイスの時に 私達側から相談者様に提案するのと、全く同じ方法です。他人から言われる前に実践に入られている点に とても驚きました。
間違いも 無駄も 一切ないです!

以下、カウンセリングノート:

rarejob_counseling_answers0827

2016年8月、22レッスン/月。
毎日レッスン受けるって、言うは易く 行うは難し!
達成できないならば、宣言する意味がないかも・・・
だけど、今後 レアジョブする時に カウンセラーさんからのアドバイスを意識できるように、スクショ貼ってみました。

最後に・・・
英語は 楽しいです。
今や 楽しいを超えて、私の(マインドの) 大事な構成要素です。
特に 家族問題を抱えてる自分にとっては、子ども成人後もずーっと大所帯で一族協力~(*^^)v みたいな家庭で育ってるフィリピンの先生方の 言葉以前の部分のオーラを Skype越しに受けるのが、英語力を上げる以上に 心の器を内側からおっきくするのに 効く 
自分の内面を元気にするための英語学習なのだから

楽しければ、それでいい!

11月末日までに、最低 +30レッスン。
DNAを読む機会を増やす。
11月下旬~12月上旬、超繁忙期なんだなぁ・・・
でも 「学習状況報告」として 悩み事があってもなくても、 3ヶ月ごとのカウンセリングは 受け続けるつもりです。