しばは、独学が下手です。
独学、自律学習で成果を上げて、子ども達や生徒達に 「背中を見せて教える」ことが できてません。
人に何かを教える仕事をしているけれど、自身も 師匠やコーチを必要とします。
それで、今年度から 一人でがんばることを やめました。
その具体的な取り組み(の一つ)が

あんしんパッケージ付加 (+980円/月)

です。

一人でがんばらない=自己流回避 です。
自分が「これでいいや」と思ってきたものが、本当に効果があるのかどうか、第三者に見ていただいて、自分に欠けている部分は補い、方向性が間違っている部分は正し、学習量や選んだ教材が不適当ならば より適した学習量や教材の 示唆を受けるために、思い切って課金しました。
その代わり、英語教材の衝動買いは、これまで以上に慎みます。
どこかに多く支出した分は、他で倹約して、最悪でも 「トントン」(現状維持) で締めたいもの。


今年度は、月曜が 午前中勤務になったので、月曜午後に カウンセリングを予約。
カウンセリングは、レッスン予約と同じ要領で、好みの時間枠を探して、予約します。
予約に際しては、事前にフォーム入力を行い、相談したい内容を届け出します。

rarejob_counseling_problems


たとえ 日本人スタッフとのカウンセリングでも、【自分の困りごとは何かを把握する】ことは とっても大切です。

カウンセリング時間になったら、レッスンと同じ要領で、5分前くらいまでにはSkypeにログインして 開始を待ちます。
カウンセリングタイムを 日本人スタッフに ボヤキを聞いてもらう時間 にしないように、事前に自分が書いた相談内容フォームを見直しておくと、建設的にカウンセリングを締めやすくなると思います。


15分めいっぱい、いつからどのように英語が好きになったかや、自分が勤める業界でTOEICがどのように扱われているかとか、英語学習の何は楽しくて何はあまり楽しくない・・・の類まで、かなりあけすけに カウンセラーさんに話しました。
そして、4~5日後くらいに、下記のようなアドバイスをいただきました。

rarejob_counseling_answers

私は、レッスン受講を習慣化させるためのアドバイスをお願いしていたので、レッスンを受ける際に選ぶといい教材、レッスン回数の短期的目標、自習で重点を置く学習メニューに関する助言を いただきました。

Writing...   
全くやってないわけではないのだけど、やり方が 気まま過ぎだった。
もっと 系統立てた英文書きを 取り入れていく。 〆(._.)メモメモ
1つの単語に対して3文英作文・・・ どこか、[場所] 作ろう。

7/20までに、+50回受講


こういう 期限付き目標を提示してくれるの、ありがたいです。
締め切りに追われるほうが、がんばれるタイプだし。
---今考えても、振替レッスン失効に怯えて 成績出し終えた後にガンガンレッスンしたのは ある種 素敵な想い出です。