My son left home two weeks ago.
A month ago, he found a room to rent online before visiting a real estate agency.
It's all his decision.
I was going to give him a hand with his move.


When we got home from a real estate agency with my son's rent contract, my mother got upset.
She didn't like being left out in my son's room search.
It's clear that SHE would take the lead if we went on a room search with her.
Actually, she took the lead in my eldest daughter's moving two years ago, which caused my daughter a lot of trouble and depression.


My son and I discussed this matter and decided to let my mother handle most of his moving chores.
She became happy and willing after that, whereas my son got mentally exhausted.
It drives me mad to see my son just play along with his grandmother; it looks like a codependency between a grandson and a grandmother.
Still, he chooses to play along with her in order to prevent fights and disputes.


Recently, I've come to think my mother desperately wanted a son.
She might feel like raising her own son by meddling in MY son's affairs by saying, "I've been worried about him."
I don't agree with her, but I'll let her do what she wants.
I must be unconsciously playing along with her, too.


I know I don't need to play along with my parents anymore, but it's a child's ultimate pleasure to see his / her mother's happy face.
A child can bear any hardships in order to please his / her mother.
Children can even give up their future dreams or their true feelings for their mother's smile!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

音が出ます。(PC、タブレット、スマートフォンに対応。音量注意)




和訳は 「続き」 をクリック!




 

 【我が家の「空の巣症候群」な人】


息子が 2週間前に家を出ました。
1か月前に、彼は 
屋さんに行く前に ネットで借りたい部屋を見つけました。
(どんな部屋に住むかは)すべて息子が決める事です。
私は、息子の引っ越しに関しての事は 彼に決めさせるつもりでいました。

私達が 不動産屋さんから家に戻り、「息子のアパート決めてきたよ」と母に言ったら、母は機嫌を悪くしました。
彼女は 息子のアパート探しに一緒に行けなかった事が 気に入りませんでした。
母と一緒にアパート探しに行けば、(実際にアパートに住む人でなく)母が主導権を取ることは 明らかです。
実際、母は 2年前に 上の娘の引っ越しの主導権を取った結果、上の娘には多くの問題が降りかかり、彼女は落ち込みました。

息子と私は この件(母が息子の引っ越しに関わりたいという事)を相談し、部屋決め以外のほとんどの引っ越しに関する所用を 母に任せました。
彼女はその後 喜んで 生き生きとしました。
その裏で、息子は 精神的に疲れたけれど。
(内心は嫌なのに)ひたすら祖母に調子を合わせる息子を見ると、私は気がおかしくなります。孫息子と祖母との 共依存の図に映るから。
それでも、息子は、「とにかくけんかしない」ために あえて祖母と調子を合わせています。


近頃、私は 「母は 心底 息子がほしかったんだなぁ」と思うようになりました。
「(私の息子が)心配なのよ」と言いながら 彼の身辺におせっかいを焼くことで、彼女自身が産んだ息子を育てているような気持ちを味わってるのかもしれない。
彼女の行動にはついていけないけど、彼女のやりたい事は止めたり、文句つけたりしません。
私も 無意識のうちに、母と調子を合わせているのだな。


親に調子を合わせる必要ないとは わかっているけれど、お母さんの笑顔を見る事は、子どもにっての 究極の喜びなんです。
子どもって、お母さんを喜ばせるためならば どんなことでも我慢できたりします。
将来の夢や 本当の気持ちさえも、お母さんが笑顔になるためなら、手放してしまえるのです。