今月は、TOEICを受けてきました。
1月以来のTOEIC・・・ということになりますが、その間に 身辺の一大変化を経験しました。
転勤と、担当教科変更が 表面的な変化ですが、心の中や 英語学習姿勢は、別人並みに変わりました。 

今年が一番 英語をやっていて 楽しいです!
英語が直接収入源にならない仕事をすることで得た視点・観点で英語を読んだり、聞いたり、話したり、書いたりすることが 当初の予想以上に新鮮なのです!
英語を教えていた時代の 【ワーク=ライフ】な感覚や、英語を教えるという立場の圧倒的な自律力に代わるものは、正直、見つかっていません。
でも 「とにかく 楽しいんだよ~」 という気持ちは、英語再学習に取り掛かった2003年から数えても、今年初めて味わいました。

まじめな学習者の方は 気分を害することと思いますが、あえて明言します。



    私は ゲーマーです。
私は 基本的には、必死に試験に励むためには 「にんじん」が必要です。

注:ここでの「にんじん」は、仕事が決まるとか、役職に選ばれるとか、昇進、昇給などです。

--- これまでは、「今思えば」なんですが、要所、要所で 不定期には受験していたけれど、どこかで何かにおびえながら TOEICを受けていたと感じます。
だけど PCを教え始めてから「にんじん」がなくても TOEICをはじめとする英語試験をがんばれる自分になるには 何が必要だろう? てことを 気にかけるようになりました。

ゲームは、「期間限定アイテム」があると がんばれる。
普段の英語学習も、同志に会いに出かける予定があると より一層がんばれる。
特に、同志に会いに他県に行くことは 「旅」と称して 満喫してるよなぁ。。。

そこで思いついたことが、

できるだけ 地元以外で TOEICを受ける

です。
TOEICと 小旅行を 絡めちゃう(´∀`*) --- 名付けて TOEICさんぽ !!

o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"


前置き長くなりましたが、旅程です。


★2015/12/13(日) 天気:くもり (雨もたまに降ったけど、大体 くもり)

1:45  車で出発
2:15頃~5:00近くまで  友部SAで寝る ( )Oo。.(¦q[▓▓]
5:00~6:30   朝食、朝活(英語物語)
6:30~6:55   レアジョブ TOEIC教材初級Lesson 10 Basic  MacBookで
7:15~8:00  友部出発、運転しながら BBC 6 Minute English
8:00~8:30  駐車場探し&移動 
◆ 最初、国際会議場内の有料駐車場に停めたのだけど、問題配送業者さんの車が来て、資材運びしているのを見て、「国際会議場敷地の駐車場は Staff Only?」とビビった

8:30~9:40   少し離れた別の駐車場で、新公式Vol.6 練習テストリスニング1の、間違えた箇所の対話と質問文の音読(overlapping ×30)
9:40~10:20位  昼食場所探し
10:20~10:50    昼食  ミニストップのチキンカツカレー

11:00   会場入り   ロビーの「椅子」が残席2~3くらいまで埋まってた
11:05~11:50    ロビーのテーブル付き椅子が空いてたので、練習テスト1リスニング 2周目。
11:52位   受付   その後、トイレと、練習テスト1リスニングの丸つけ、解答用紙表面マーク
12:35~   試験の説明、音テスト
13:00~15:02   試験 (リスニング 47分だった)
      ~15:15   問題用紙&解答用紙回収、 退室

15:35~16:15位  ジョイフル本田 荒川沖店へ 
16:25~17:00位  ジョイフル本田 夫用クリスマスプレゼント下見
◆ 夫に捧げたくなるものは、見つからず。
17:00~18:10位  R6で帰路  ラジオ英会話聞きながら。 石岡市内のコンビニで夕食
dinner_1213
夕食弁当。タイ風そぼろ炒めが載ってます。うまかった~

夕食後、3時間近く 爆睡 スヤー ( )Oo。.(¦q[▓▓]

帰宅は、23時回ってたと思います。
脳内は 灰のように 真っ白でした。
12/13の時点の全力を 出し尽くしました。(英語力でなく、体力を・・・)


なお、TOEICを受けるタイミングは、『完全マップ』内カリキュラムの進捗に従うことにします。
今月は、中学教科書を2レッスン分×30回(完全マップでいう 1サイクル)終えたところでのTOEICテストです。
諸事情により、2カ月前に予定を申告しているので、次のTOEICさんぽは、最短で3月になります(3月に出願した場合)。
それまでに 「音読パッケージ」をどこまで進めるか 見通しを立てるぞ、と。
どこかに提出するためのスコアでなく、『完全マップ』をどのくらい進めると何点取れるか、どのくらい点が上がるかのデータ取りのための スコアだぞ、と(*´ -`)(´- `*)
ざっくり言うと かなり「素」で受けるTOEICです。

茨城は、いい意味でも、悪い意味でも、仕事の採否や人事決定に英語試験を利用することが 少ないです。
上場企業は TOEIC課しますが・・・
だったら、旅するみたいに、受験地を散歩しながら 英語力を測ってみようかな。
こんな気持ちになるのは 邪道でしょうか?