☆「楽しく継続する」ことについて☆

何かを「楽しく継続する」ためには、自分の好きな種の 中間目標 を繰り返し設定するのが 肝だって感じる。
中間目標の 「好きな種」 は、人それぞれでいいように思う。
時間量目標だと燃える人、覚えた語数を目標にするとやる気が出る人、連勝記録(=ターゲットクリアの連荘数)を連ねることに必死になる人・・・いろいろいるから面白いし、iKnow! のバッジは、それぞれに発行されるトコがすばらしい!
一つをがんばっていくと 他も連鎖していくのが また素敵。

iknow_achievement_100h_1019

これは、スマエフ時代のもの。

iknow_achievement_250h_1101

時間量だと、ここからiKnow!有料かな?
通算200時間のバッジを撮るの忘れてる。

iknow_achievement_400hours

私は 正直 通算学習時間量は、気にしなかった。
時間量を目標にするの、果てしな過ぎて無理って感じたの。
基本的に 「キリがいい目標」 が好きだった。

iknow_achievenent_5000words

ここから、有料iKnow! 時代。

iknow_achievement_5500items

iknow_achievement_6000items

iknow_achievement_6500items

この頃は、派遣社員がメインだった。
TOEICの中の人業も、休止だった。
「おら~ もっと稼げよ」 って娘1に尻叩かれて、あちこちの工場行ってたよ。
でも、社員食堂勤務時代よりは、英語の勉強できてた。
個々に昼食摂るような会社では、昼休みにそこそこ 英語できたりしたの。

iknow_achievement_7000items

派遣社員は、いろいろ考えて、2013/03で 打ち止めた。
一度の急な体調不良で 即契約解消だし、大雪で渋滞しても ノー考慮。
完全に 機械的に出勤し、見よう見まねで速攻で作業手順覚えて かつ直接雇用の方と遜色ないスピードを出せと、どやされる。
派遣勤務時代に インフルにかかった旨をエージェントさんに話したら、それとなく 仕事回す順序を後回しにされた(それが派遣というものなのだろうが)。
以後、たとえ薄給でも 直接雇用されたい と願うようになるのだ。

iknow_achievement_7500items

iknow_achievement_8000items

この時から約2週間後、最後の「TOEIC中の人業」 をして、勤務地の近くの本屋で 記念に 「全力特急」を買って帰る。

iknow_achievement_8500items

そして、9月から 英語教員リベンジの始まり。

「連勝」することを目指し、連勝を喜んで、過去の連勝の証を眺めながら 問題解いた日々・・・
(順不同かもしれません)

iknow_studylog_0413_2013

iknow_studylog_0419

iknow_studylog_0508

iknow_studylog_0517
iknow_studylog_0524

iknow_studylog_0524_part2

iknow_studylog_0606_01

iknow_studylog_0606_02

iknow_studylog_0616

iknow_studylog_0622

iknow_studylog_0629

iknow_studylog_0705

iknow_studylog_0712

iknow_studylog_0810_H25

iknow_studylog_0817_H25

iknow_studylog_0824

iknow_studylog_0901
iknow_studylog_0908

iknow_studylog_0914_H25

iknow_studylog_0921_H25

iknow_studylog_0928_H25

iknow_studylog_1005

iknow_studylog_1012_H25
iknow_studylog_1019_H25

iknow_studylog_1026_H25

iknow_studylog_1031_H25

iknow_studylog_1103

iknow_studylog_1110

iknow_studylog_1116_H25

iknow_studylog_1116

iknow_studylog_1123

iknow_studylog_1123_H25

iknow_studylog_1130_H25

iknow_studylog_1208

iknow_studylog_1214_H25
iknow_studylog_1215

iknow_studylog_1221_H25

iknow_studylog_1229

iknow_studylog_20130504

iknow_studylog_H25_0105

iknow_studylog_H25_0112

iknow_studylog_H25_0118

iknow_studylog_H25_0202

iknow_studylog0728

iknow_targettime_20120520

iknow_targettime_20120529

iknow_targettime_20120729

iknow_targettime_20120804

iknow_targettime_20120810

iknow_targettime_20120901

iknow_targettime_20120908

iknow_targettime_20120929

iknow_targettime_20121102

iknow_workload_0724

「2トマト(50分)」・・・言うことは、この画像は2012年とみる。
根気がなかったもんだ、昔の自分。

iknow_toeic600lis01_dictaton

この画像は、一度貼ったかもしれん。

iknow_achievement_90targets

非常勤勤務で 英語やってた時代。
心が満たされただけの ワープア時代。
それでも 「心が満たされる事」 は、大切と思う。
2014年度・・・お金だけがちょっぴり足りなくて、お金以外の物は ほぼ満たされていた、穏やかな時代。

iknow_achievement_95targets
iknow_achievement_100targets
iknow_achievement_105targets

110ターゲットと、115ターゲットを 撮れてない。
きっと 試験の採点だので 忙殺されてたね。

iknow_achievement_120targets

配置転換後だ。
125ターゲットを踏む前に、英語学習メニューの 抜本的改革の波が 押し寄せた。

iknow_achievement_450hours

iknow_achievement_500hours
iknow_achievement_550hours

通算何時間学習したかは、ますます気にならなくなり・・・

忙殺される時は、トコトン忙殺されるようになり・・・

配置転換が決まってからは "I'm an English teacher" のマインドセットの消去のために、わざと英語をやらない時間も持った。

iknow_achievement_9500items

iknow_achievement_10000items

それでも、少しずつ今の仕事に慣れてゆくにつれ、私の脳内の 英語の虫が、うずき出す。
そして 退勤後・・・気が付くと iKnow! 開いてて・・・
やっぱり、連勝記録を連ねるのが好きみたいでさ。
単語 覚えられるぞって実感ないのに、習得語数と称されるものが 増えてゆく。

iknow_advanced_vocab_ee

キャプチャしただけの、上級コース。

iknow_newdrill_narabekae

iknow_newdrill_narabekae_ver2

iknow_sentencetrainer_settingchange

旧 Dicatation は、昨年後半からかなぁ、Sentence Trainer(センテンストレーナー)と名前を変え、出題形式も変わった。
単なるディクテのみでなく、並べ替え作文が加わった。
音声なしの並べ替えは 歯が立たなくて、思わず やらないの設定にしてしまった。
つまり・・・ 日本語→英語 作文から、逃げた。

iknow_studylog_08162015

これが 最後の進捗スクリーンショット。
「ヴァーチャル夏休み」の目標でも、最優先目標に真っ先にiKnow!系を掲げて、真っ先に通算600時間到達を仕上げたけれど・・・

6年前、「この期に及んでウブな事を・・・」 と感じて挫折した 【ノルマ表】 が、なぜかこの夏は楽しんで塗ることができたり、


「何でもいいから100時間/月やってみよう~」を掲げてる Studyplus で、7月までは 100時間/月達成すると 大人げなく喜んだのに、先月は ヴァ夏課題に未完成物や全く手つかず物が生じたために 100時間/月到達を喜ぶことができず・・・


自分の中での 「フツー」 が、6年前とも、3年前とも・・・いや、昨年とも 微妙に、でも確かに変わってきてるのを薄々感じる中で、コレを 紹介いただいたの。
5年前に ここのサイトで見て 「無理っ」て即行サレンダー決めた、コレ。


6年前 「無理!」と感じた ノルマ表が、今年は楽しんでマスを塗れている。
4~5年前に白旗上げたこのメソッド、今なら食らいつけるかもしれない・・・ というか、これに食らいつけないと どんなに英語がんばっても 現状維持で終わるの図が脳裏をよぎった。
まずは、本誌(私は電子版にした)を購入して、読む、読む、読む。
読み進めるほどに

やるからには これを柱に据えて、指示通りにやれ。
相容れない趣旨の教材は、辞めろ。
これの 楽しめる部分だけつまみ食って 英語力伸びないのは、自己責任

--- 的な雰囲気を、強く感じる。

英語学習の最初に これに出会えた人は、幸い。
英語学習の途中で これに乗り換えるには、ちょっと 心の準備が要る。

私は 後者だ。
最初に ご紹介受けてから、今日までに もう10日経っている。
iKnow! を 「卒業」 するところでも、開始までの折り返し地点だもの。

だが、折り返しさえすれば あとは始めるだけだ。
この夏 仲直りを果たした 「ノルマ表」を、完全マップ仕様に項目入れてみる。
現在までのTOEICの点推移は すっかりなかったことにして、中学教科書暗唱の項からやる。
各ステップの進捗毎に、ほぼノー対策でTOEICを受ける。
TOEIC教材は 「使っていい段階」が来るまで おあずけで、月ごとでなく 教材完成度尺度に応じて、TOEICを組んでみる。


iKnow! で 十分に 「自分との約束の連勝の味」 への執着ができる自分になれたと期待する。
7年4ヶ月間、本当に ありがとう。
ありがとうしか 言えない。
もっとずっと問題解いたり、ディクテしていたかったけど、「脱プラトー」したいから よりキツイほうの道を行く。
完全マップ仕様「Myノルマ表」が書けたら エクセル表をUPして、その時に 退会ボタン押す。


(5)で、完結します。