昨日、息子がついに iPhone機種変を決めた。
auショップは混んでいそうだなぁ・・・と思い、行きつけのPCショップで機種変をすることにした。

私が 機種変後のiPhoneのリストア(旧端末のアプリやメール受信設定、アドレス帳を新端末に引き継ぐ)経験があるので、今回の息子の機種変は
(1)新端末を決める
(2)契約書類を書く
(3)その日のうちに新端末を受け取って、家でデータ移行
— みたいな流れを想定していた。

しかし、実際は 「旧端末のバックアップ用のPC(ノートまたはデスクトップ本体)も預けてください」と言われた。
今年になって、あるいはうちの近所は、「消えたら困る旧端末設定を 確実に引き継ぐために」整備士さん達に預けることが推奨されるようになった。

息子のデスクトップを取りに 一旦家に戻って、息子機を整備士さんに預けて、作業完了を待つ。
待つこと3時間ちょっと・・・



他の買い物をしながら待ってると、店から電話。
「どうしてもバックアップできないデータがあるので、息子の新旧端末とデスクトップを預からせてください」 とのこと。

エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?


息子は 憂えた。

LINE どうしよう????

iPhoneの他に、iPadやPCにもLINEアプリを入れていて、サークルの予定や 友達からの連絡は、PCのLINEアプリでROMってる。
友達の連絡先は、3年前なら 携帯番号とメルアド入れてたのに、今ではLINEアカウント(&ユーザー名)しか交わさない。
友達や先輩から大事な連絡が入ることに備えて、私が自分のiPhoneのLINEをログアウトして(=iPhoneのLINEアプリを削除→再度入れ直し)息子がログインを試みる・・・の荒技も使った。

IMG_1504

私のiPhoneからのログイン・・・も、二段階認証で4桁の数字を入れるところで 受理されず。
息子、もっと荒れるかと思ったけど、「人事は尽くした」ってキモチがあったのか、「集合場所にめちゃくちゃ早く行けば何とかなる!」と 不思議な俯瞰目線で明るかった。

私自身のLINEログが全部消えるのを覚悟でLINEを「貸した」私は、息子のログイン失敗後、自分のアカウントで再ログインに成功。
設定中の着せ替えは初期のヤツに戻り、トークの記録は消えたけど、タイムラインも 友達リストも 保持された。
買ったスタンプも 再ダウンロードできた。


息子は、週に270分(90分×3コマ/週) PCを黙々と打つ系授業がある。
PCでの作業は好きだけど、PCに長時間向かい続けるのは 疲れるのだそうだ。
「ゲームする元気が出ないほど疲れてる俺には、LINEのない夜もたまには必要だってことかなぁ」と、飄々と機種変トラブルの顛末を振り返っていた。