先日、LaVieタブレット(Android4.1)が、iPhone5Sとテザリングできないことにキレて、タブレットを借り換えすることにした。

始めは、iPad mini3 64GB を予定していたけど、月々のリース料が、Air2 64GBと同額だったので、画面のデカイほうにした。



薄っ★

家で使う時は ホームWi-Fi 、外で使う時は iPhoneとのテザリングで使う想定をしたけれど、テザリングは、iPhoneを相当そばに寄せないとネットにつなげないし、iPhoneのバッテリが逝ってては機能しない。 なので

公衆無線LAN

を使えるように設定してみた。
( iPad Air2 と、iPhoneの両方に公衆無線LANを引きます。OSが同じであれば、スマホでもタブレットでも、導入の仕方は同じです)

安全パイとして、携帯会社とおんなじ、au Wi-Fi SPOT のLANを受信できるようにしてみる。 

au_wifi_app
これは、App Store ( iOSの場合)や、Google Play ( Android の場合)からインストールするアプリのアイコンだけど、これだけをインストールしても、au の公衆無線LANは 利用できないです。
アプリを利用する前に、サファリで 「au お客様サービス」 というサイトを開いて、そこから、【 au の無線LANを受信するためのプロファイル】 をインストールします。

au_publidwifi_01

オレンジ色のところをクリックすると、【プロファイル】のインストールが始まります。
【プロファイル】は、平たく言うと、データや信号を送受信する系アプリを動かすための、土台のプログラムのようなもの。接続設定のコードが含まれていたりする。

au_publicwifi_02

「au Wi-Fi 接続ツール」というのは、最初にアイコンを出したやつのこと。
【プロファイル】と、Wi-Fi 接続ツールがそろうと、出先でも公衆無線LANの飛んでる場所がわかるんで、少しだけ、パケット使用量を節約できます。

(詳しく見るなら こちら)

「au Wi-Fi 接続ツール」 というアプリを起動して、「外出先でスポットを探す」みたいなところを押すと、画面にはこんな地図が出る。

au_wifispots

赤いピンみたいなのがついてるところが、auの公衆LANシグナルが飛んでいるところ。
コンビニとか、お店が多いです。

んじゃ、公衆LANシグナルの来てるとこを転々とすれば、外でも無料でネットができたり、スカイプができたりするのか?


私が先日、画像の地図外のとあるローソンで、公衆無線LANにiPhoneとAir2をつないでみた感想:

★ Wi-Fi につながるのは、本当に ローソンの敷地(駐車場の範囲)内。駐車場でも、縁のほうだと電波弱い。
★ 場所が空いていれば、メールチェックや、ツイッターの閲覧&ちょこっと書き込み(画像添付なし)は できる。


動画視聴や、スカイプは、まだ試してない。
公衆無線LANシグナルの来る場所で、オンライン英会話を・・・と ちょこっと思ったが、メールやツイッターがどうにかできる程度の速度なら、先生方に迷惑かけちゃいそうだなぁ。 

家の外で 安全にネットを使うには、やっぱり、スマホとのテザリングか、モバイルルーターが、手堅いのかなぁ。
(iPhone5Sとのテザリングも、怒るほど遅くはないが、思ったほど速くもなかった)