1/11(日)、一並びな第2日曜日の昨日、TOEICを受けてきた。
最後に受けたのが 2012年7月。 
なんと、2年半のブランク!!

実は、今回の受験までは、「最後のTOEICはおととし夏(2013年7月)」て思ってた。
受験じゃなくて、中の人業務だったんだけど、それでも、受験したのとおんなじくらい、私のTOEICの思い出の中の 大事な部分を担ってる。
勤務地はつくばで、記念にコレを買って帰ったなぁ。


TOEICは 中の人としての出席で、受ける英語試験は英検・・・ という日々を 2012/08 から 2014年いっぱい過ごした中で購入した、「全力特急」。
恥ずかしながら、 初めてひも解いて、取り組んだ。
TOEICの高得点を取りたいなら、TOEICの達人の解き方、目配りなどを まねて身に付けよう。自己流ではもう限界だ」て思いを胸に、コラムを読んで、問題を解いた。
英検1級チャレンジが、1次で3連敗してる(かつ得点が上がってるわけでもない)・・・というのも重要な要因だろう。
1級3連敗を通して、英検は、TOEICで900台を取れても準1級が不合格になってしまうほどのものなのに、800台前半で1級に挑むのは、英語力的に身の程知らずで、しかもお金の無駄 てことが腑に落ちたんだろうな。

TOEIC出願は、11月下旬。
模試は、結局、公式問題集Vol.4の「練習テスト」を1セットしか解かずに迎えてしまった。
普段用の学習メニューでは、iKnow! のJay先生(早川幸治さん)監修コースでTOEICを意識したボキャビルをして、TOEFL対策と、昔解いたコースの例文の全文ディクテーションを織り交ぜてた。
6年前、初めて800台を取れた時に、iKnow! 一本だったんで、ある意味 験担ぎ。
でも、「全力特急」は、1周できた。
1周しか しなかったのだけど・・・

TOEICのために割く時間が減った最大要因が、コレ。
すでに母語で知っている 大好きなことを、遊びのように大人げなく没頭する 「ユルタノ系」の旨味をしってしまったのは、よかったのか 悪かったのか。


(2014/12/17 より、英語でプレイ中。ポケモン英語に関しては、気の向いた時に Tumblr で書いてます)

さらに、娘1がインフルにかかり、帰宅が4~5日延びる。
家族にインフル患者が出た以上、たとえTOEICのためでも、夜なべして娘1のインフルがうつってしまうのは避けなければならない。TOEIC以上に、職場に迷惑かけるから。
がつがつ勉強する代わりに、眠気には決して逆らわず、早寝。
睡眠時間は6時間確保するようにしてるけど、勉強時間削ってでも1時間増しにした。
そのくらい、インフルを防ぎたかった。

試験2日前の1/9(金)退勤後には、娘1病み上がりにつき、高速バスで帰宅の予定を変更して、私が「搬送」する運びになる(かつ 一泊して日用品のお買いもの付き)。
彼女がインフルになっていなければ、最後の追い込みをしてただろう試験直前の2日を、車中&東京で過ごす羽目に(-_-;)
【人を車に乗せる=車で英語を聞くのをガマン】 につながるんで、内心微妙なんだけど、「そんな時だってあるさ」って思い直して、ポケモン片手に娘1との道中を楽しんだ。
ポケモンの言語設定を英語にしておいたおかげで、何とか罪意識なく「勉強お預けタイム」を過ごせたよ。
10(土)の夕刻に帰宅したけど、「さあ、TOEIC模試だ」って気分になれず、布団にもぐりこんでしまった。
(明日の明け方、模試解こう)と念じたけど、起きたのは6am。 そのくらい、疲れていた。

娘1のインフルうつらなかった。それだけで十分だ

--- てな感じで迎えた試験当日。
「全力特急」の音源を聞きながら、徒歩で会場入り。
11:45とともに、試験室受付に並んで チェックイン。
試験を受ける席で、解答用紙の所定欄のマークを塗り、クォーター模試のリスニングと、パート5まで解いてから、トイレを済ませる。
どういうわけか、「どうか、自分の試験室が、つつがなく 試験進行できますように」 てことを祈った。
先月、英語系のツイ友さんが受けたTOEICで、トラブルがあった旨のツイート読んでたからだろうな。
試験室で、リスニング中に咳き込む人いませんように・・・てのも、祈ったなぁ。
とにかく、我ら受験者も、試験官さん達も、ともに フェアに、気持ちよく試験を終えたいね・・・て感じで、自分の点数は、ほんとうに、どうでもよくなってた。
私にとって、受験者として行くこうが、中の人として行こうが、TOEICはTOEICなんだ
てことに、今回受験して気付いた。
大学で、ESSにいて、英語劇の公演に関わってたけど、自分がキャストであろうとスタッフであろうと 「芝居をする」って点では変わりない・・・て視点 で、TOEICを見てるかも。


完全NO対策でTOEICを受けていた時は、1度あった(2007年5月。最低スコア695をゲット)。
今回は、2007年5月の次に、勉強量少ない状態で臨んだTOEICになったよ。 
結果発表の頃のツイッターのタイムラインにも、乗って行ける気がしない。
その頃、仕事立て込んでるし。紙成績表来てから、「う~~ん」 て気持ちで、こそぉ~~とブログ書いて、一人反省会する図が、今から目に浮かぶ。