先月、たまたまホムセンからお持ち帰りしたサボが、花&種付きだったんで、採種しました。

IMG_0418

298円(税抜)で、花も少し咲いてて、それ以上にこういうのが20個近くなっているのは、かなり得した気分になる。
さっそく、この赤い物体を割って、水洗い。
種だけを取り出して、果肉は捨てます。

IMG_0422

種は、一晩乾かしたら、画像のものの半分くらいを蒔いて、残りはシリカゲルを入れて再利用ポチ袋で保存。

マミラリア 松霞 (苗床)
マミラリア 松霞 (苗床) posted by (C)shibashiba

種まき直後。
土の配合は、100円ショップさんの「サボテン・多肉植物の土」の、土らしい茶色っぽいバージョン(中には白い砂利っぽいやつもあるんです) のに、川砂を少し混ぜてみた。
鉢底には、ハイドロコーン(ハイドロカルチャー用の土)。
炭成分が入ってるほうが、軽石敷くよりもなんかサボの調子がよさげだったの。 

最初の発芽までに、10日。

マミラリア 松霞@実生 (芽)
マミラリア 松霞@実生 (芽) posted by (C)shibashiba

感動したなぁ! 

1粒発芽すると、次から次へとどんどん奥手な種も芽を出し始める。
1か月後、こんなに、ワラワラ (^o^)

マミラリア 松霞 (実生 種まきから1か月後)
マミラリア 松霞 (実生 種まきから1か月後) posted by (C)shibashiba

かわいい。
癒される ♪

よく見ると、もう、とげが生えてる。

IMG_0538

苗床に虫眼鏡当てて、虫眼鏡に映る範囲をiPhoneで接写して、さらにフォトスケープでトリミングしたから、輪郭がピンボケてるけど、実はテグス糸みたいな色のとげが生えてます。 

「癒される~」と栽培者は書いてますが、小サボにとっては、生存競争の始まりです。
同じ日に蒔かれた種の中から何株、大人になれるのか・・・?!


あ、そういえば、サボテンの種まきについては、Lang-8にも英語を書いた。
英語版は、後日、声当ててから公開します。
「声当てるか」と思うまでの間に、添削が入るかもしれないしね。