母の日プレゼント、私へのはもう「済み」です。
下の画像のもの。植木鉢付きでも、500円以内。
でも、大満足☆

astro_hannya_04262014

「サボテン紹介 その6」掲載のこのサボは、 もしかすると、 般若 でなくて、 瑞鳳宝(ずいほうぎょく) かもしれないです。
ふくらみ加減と、とげの生え方が。

瑞鳳玉

瑞鳳玉
価格:1,300円(税込、送料別)


3月にホムセンからお持ち帰りした株は、すでに3株中2株昇天(=立ち枯れ)してしまっています。
やっぱり育てるの難しい・・・


そういえば、少し前の突然の雷雨で・・・



 

しばんちの植物達が、かなりダメージを受けました。

わずか3~4時間の雷雨の中、屋外(衣装ケースで雨除けはしている)で過ごしただけで、体の小さいもの主体に 寒さ焼け しました。
サボテン・多肉は、急激な気温や地温低下に、想像以上に弱いのを実感。

金烏帽子くんの小苗(カキコ品)が、1株瞬殺され、


(元気だと、こんな姿になるんです)

娘2が愛でているコレが・・・

セダム 虹の玉
セダム 虹の玉 posted by (C)shibashiba

すっかり葉のつやを失ってしまい、見るからに 瀕死 (涙)

IMG_0550

ビフォーアフター ・・・ (*_*; 

栽培2年目に入った 金鯱くん と、初代「トイレのサボテン」を務めた(?)セリアさんの コレ(名札は ギムノカリキウム だったけど、蝦系柱サボテンと思われる) も、かなりのダメージ。

IMG_0545

地際が、かなり黄色くしわくちゃになってます。
お持ち帰り1年目に湿地(ハイドロコーン×底穴なしガラス鉢)で過ごしてしまったダメージと合わさって、ほおっておくとどんどん黄変部が広がっていきそうな雰囲気。
現在、一か八かの荒療治をしています。

自然の前には、何物をも無力だなぁ・・・と思いました。
娘2からは、「サボテンと多肉達、大丈夫?」 というメールも来ていました。
やっぱり、「にわか雨か雷雨」の予報の時は、サボタニは外に出さないのが安全かも。
日をじゅうぶん当ててあげられない時や、気温10度を下回る日、【トイレで灌水なし管理】てのは、ベストな育て方ではないけれど、それなりに理にかなったところもありそうだ。

 
多肉達や、サボテン荒療治については、後日記事にしま~~す!