・・・そのうち、このブログは、サボテン・多肉系ブログになるんじゃないか?!

まぁ、なったらなったでいいや。
その時は、サボテンや多肉栽培の英語の日記も書くから。

今回は、2014年になってからお持ち帰りしたサボテンの紹介。


アストロフィツム  般若(たぶん)


お持ち帰り日: 2014年3月下旬、4月26日(二度購入)

★今年、初挑戦の属!

BkRkQVlCEAA7QBj

初物に挑戦したくなって、3月下旬に近所のホームセンターにて購入。
ただし、白い糊付きの化粧砂に植わってて、状態はかなり厳しかった。
小さいのが6株で、580円か600いくらぐらい。
おまけに、穴の開いてない植木鉢使用!
「サボテン寄せ植えコーナー」みたいなところで売られてて、他のサボはもっと真茶色。
「早く一株ずつ植えてあげたい~~」てキモチになってのお持ち帰り。

hannya_2014april_01

植え付ける段階で、すでに3株「選別(=状態の悪いものを捨てる)」。
植え付け後も、草体が赤茶けてきたものをさらに選別。
育て方をググってみると、「直射日光は苦手、でも光には十分当てる。素焼き鉢だと根が冷えてよくない・・・??」
せっかくお迎えしたのに、早々逝ってしまいそうなフラグ?!

そして、別のホームセンター(サボテンや多肉をたくさん売っている支店)では、同じ般若?くんが、もっとでかくて、緑鮮やかなやつが、2株200円で売っているのを発見 ((+_+))

なんか・・・微妙な気分。


・・・て話を娘2にしたら、彼女から件の 般若?くんをいただきました☆

astro_hannya_04262014

植木鉢込みで、500円でおつりがくるくらいの、ほんとにささやかな母の日プレゼント。


大きくなると、こんな感じ。

般若

般若
価格:1,800円(税込、送料別)


草体全体に棘がないこの属のサボは、なんだか、ゴージャスで、育てるの難しそう。
実際、我が家の般若くん、ベランダで一夜過ごしただけで、草体が茶色味を帯びてしまった。
晴れてあったかい日は外気浴させるけど、肌寒い日(気温20度に届かない日)は室内に入れることにしたよ。


兜


価格:980円(税込、送料別)


コレとか、

ランポー玉

ランポー玉
価格:1,300円(税込、送料別)


コレに手を出すのは、今の手持ちのサボをしっかり育てられるようになってからにするつもり。
特に  類は、「直射日光×、でも全く日の光当てないのも×、空気中の湿気は×、地温はいつも高めに、地中の水分は保つ(黒いプラスチック鉢推奨)」と、非常~~にハードル高い。
サボテン栽培は、アクアリウムみたいに電装品つながなくて済むのはいいけど、草体コレクションで破産するのは洒落にならない。

初挑戦の今年は、地中部を蒸らしすぎず、かつ冷やさず・・・ に気を付けるベく、腕試しだ!
いきなり、アストロフィツムに適した植え方をしてないんで、厳しいかもしれないなぁ。
(理想は、黒のプラスチック鉢を使用する なんです。ほかの属のサボテンとも違うの)