しばんちろぐ 03

子ども達が全員 18歳以上に達したので、近日 改装に入ります。

ブログは、文字数気にしないで書けるし、好きな箇所を何度でも読み返せるから、やめられない。やめる気なんてサラサラない!
ごゆっくり どうぞ(^^♪

菜の花 (2014年4月23日のLang-8日記、添削済み版)

桜は、cherry。
桜の花は、cherry blossom(s)。

じゃ、「菜の花」は、英語でなんて言うんだろう?



---- 調べたら、rape て、出てたの。
だから、タイトルには、Rape Flowers って書いた。

でもさ、思い返すと、このタイトル、flower がないと植物のことだって思えないね。
添削してくれたネイティヴさんのコメントにも、そうあった・・・トホホ

んで、調べたんだ。
作物 (crop) としての 「アブラナ」 は、oilseed rape 。 
直訳は 「種から油をとるための rape」。

そして、「菜の花」自体も、rape 単体では決して言わない。rape flower と、2語にするのが安心。
1語で言うなら、rapeSEED (菜の種)て言ったり、別の単語 colza や canola (「キャノーラ油」のキャノーラはこのつづり) て言ったりする。
英語のウィキペディアでは、rapeseed で、われらの知ってる「菜の花」のイラストが出てきた。


日本だと、アブラナは、花も結構愛でるんだけど、欧米ではあくまで食用油の原料で、種になる前の「花」を愛でたりしないんだろうか?


<以下、英文>

Rape blooms in mid spring, a little after cherry blossoms.
Their yellow petal color really make us feel vibrant.

河川敷の菜の花
河川敷の菜の花 posted by (C)shibashiba

The pic above was taken on the bank of the Nakagawa River.
My children also like rape flowers, and took pics of them before.
I will find other good places for rapeseed viewing.


☆読み上げです。

娘2がノックアウトされたCD。


娘2、コレがレンタル開始されるまで待つつもりだったが、試聴版を聞いたら瞬殺されて、原盤(CDのこと)を手にしないといてもたってもいられなくなってしまった。

おかげで、今日、4月23日がほとんとコレを軸に回った感でいっぱい。
家から一番近いCDショップでは、初日入荷分が予約者だけではけてしまって、陳列棚さえできてなかった。
通常版を予約してきたよ。
約1週間から10日くらい後での入荷予定みたい。

予約事情を話したら、娘2は、「入荷するまでの待ってる間が、つらすぎて鬱になりそう」とかぬかし出した。
まるで幼稚園くらいまでの子どもが、ほしいものを手に入れるために、地団駄攻勢で親をうんざりさせて、お目当てブツを買いに走らせるような勢い。
私もネットでいろいろググって、iTunes でDLすることにした。


とても久しぶりにiTunesでアルバムをDLしたが、規約改正になったのかな?DLしたブツは家族間コピーさえもできなくなっていた。
娘2が即このアルバムを楽しむには、(1) 私のiPodを貸す  か、(2) 彼女にiTunes Cardを買ってあげて、それでDLしてもらう  しかないのだが、彼女がほしいのは、CDなので、プラン(1)を選択し、予約物到着まで切なくなく待ってもらうことにした。

いろいろと英語のポッドキャストの詰まった私のiPodは、しばらく娘2の元へ。
iPodには英検過去問リスニングや、文単の音声が入ってるんだけど、娘2ご注文の品が来るまでは、ほかのことで補おう。




この記事に使ってるアフィリエイトリンクでは、リンク設置当初は「在庫あり」になってるけど、超人気商品だけに、この記事UPする頃には売り切れになってるかもしれない。
とにかく、そのくらい人気あるCD。

「トイレにサボテン (1年目)」の英文日記。☆添削済みです

いつも応援ありがとうございます。
「人気記事」のブログパーツを見ると、なぜか 英文日記が上位に来てる!
英語学習者的には、非常にうれしい限りです。
このまま天・・・・・・・まではいかずとも、木 くらいは登ってしまいそう(*^。^*)

調子に乗って、「サボテンについて書いた英文日記、他に残ってないかなぁ?」て探してたら、出てきた。
しばがサボテン道に嵌っていく過程の、一番初めの頃の日記なんで、日本語の日記と英文日記でブログを分けてた頃のWordPressの日記だけど(=分けてた頃も、Lang-8はやっていた、別アカで)、コピペします。


endiary_20120517

(WordPressの記事のスクショ。同じ画像使用)

<以下、本文>


I’ve started growing cacti since last month.
I grow my cacti in the bathrooms!

Why???


It was one day in the beginning of April.
I bought a fuu-sui book (fuu-sui: tips for interior decoration to bring good luck), and it said that a cactus bowl in the toilet room would help you block bad luck and people you dislike.


Since I was suffering from frequent quarrels with my mother at that time, I got an opuntia cactus for 100 yen and put it in the bathroom on the first floor.

My daughters chuckled when they first saw it, but I didn’t mind at all.
I simply believed what the fuu-sui book said and really thought the cacti were very cute.


From two weeks after I put a cactus bowl in the bathroom, my family members have had less arguments than before, and I got a job offer, even though it was a temporary one.

Happiness is surely coming!

My cactus is growing well too!!

I found one more good thing which has been brought with this cactus bowl in the bathroom.

I’ve become fond of cleaning the bathroom ;)


(注)読み上げついてます(今年になってからの収録)

しばんちのサボテン紹介 その3。

昨年度にお迎えしたサボテンの紹介の、第2弾。

マミラリア (お持ち帰り初日)
マミラリア (お持ち帰り初日) posted by (C)shibashiba

マミラリア 猩々丸

お持ち帰り日: 2013年5月5日

つぼみのついたサボならば、100均さんよりも耐久力が高いだろう」と思って、市内のホームセンターで購入。
ホームページ10周年記念草 でもある。

shoujoumaru_1stdaynikki01




生まれて初めての「サボテンの花」を見た感動をくれたサボ。
いろんな人に見てもらいたい・・・て思って、こんなの作ったりもした。

congplate_eiken1vocab500_3shuu_20130615

満開になると、花が草体の周りをぐるっと一周する。
これが、マミラリア属に共通の花のつき方。

冠(?)をかぶりました!
冠(?)をかぶりました! posted by (C)shibashiba

初めての冬越しは、しばの仕事部屋。
冬場はセラミックヒーターを多用するんであったかいのだけど、夜でも煌々と電気つけちゃうんで、原産地の屋外に近い日照や給水量 って考えると、いい場所で冬越しさせたとは言えないなぁ。
サボテンや多肉に限らず、植物たちにとって、暖房機の暖かさでは、草体が乾きすぎてしまうんだ (と、サイトめぐりしてて学んだ)。

マミラリア 猩々丸
マミラリア 猩々丸 posted by (C)shibashiba

先月末撮った猩々丸くん画像。
お彼岸明けに、根切りをして、植え替えたところ。
実は、前の鉢から取り出した後、根を水洗い ・・・ というミスをやってしまってた。
植え替え後は、気が向くまで水遣りしないことで、根腐れは回避できたのだけど、今後の新顔お持ち帰りの時とか、植え替えの時は、水洗いなしで行くことにする。

サボテンにとって、花が咲く=成熟株 なので、春と秋はバンバン日(直射日光)に当てられる。
猩々丸くんは、今年から、4~10月はベランダ暮らしさせることにしたよ。

しばんちのサボテン紹介 その2。

「トイレのサボテン2号」として、2012年4月下旬にセリアで購入したサボが、名札通りのものでないかもしれない」 と、昨年、サボテン栽培の先輩(ネットの)からツイッターを通して教えていただいた。
その時思ったことが、「明らかに 玉サボテン とわかるものを、何か育ててみよう!」だった。
んで、柱のような「ギムノ(本当にそうかどうかは不明)」を買ったのとは別の支店のセリアにて、金シャチくんを購入。


エキノカクタス 金鯱

201973053_org_v1397997512

購入したての頃の写真。
プラでない植木鉢を使い、サボテン用土に植わってるけど・・・ これもいい植え方じゃないんです。
昨年春では、この 金シャチくんが一番デカイなりをしてたけど、 フルサイズの金シャチはこんなもんじゃないの。
これでも、どうにか外に出られる程度の 幼体。
だから、もっと直径の小さい鉢で十分。
ただし、鉢は直径は小さくとも、根を下に伸ばせるように、深めのものを選ぶ。

底に敷く小石類はできるだけ小粒にするほうがいい。水はけがUPする。
しばんちでは、昨年度、鉢底に入れるものを2種類用意して、根張りの良さを比べてみた。
軽石(市販の鉢底石)と、備長炭とを用意したんだけど、軽石を入れた鉢は、思った以上に中の土が湿気を帯びてた。
備長炭を入れた鉢に植えたサボのほうが、根張りが1.5倍くらいよかった。

金鯱

金鯱
価格:3,500円(税込、送料別)


画像のものは、直径14センチ。
こんな姿になると、花が咲く。

エキノカクタス 金鯱 (購入2年目)
エキノカクタス 金鯱 (購入2年目) posted by (C)shibashiba

金シャチくんは、日に当てる時には、できるだけ置き方を変えて、草体にまんべんなく太陽光を受けられるようにしたよ。
水遣りは、じょうろで根元にあげるのは年に5~6回、冬季は水を一切あげないで冬越しモード。
春と秋には、うすめた木酢液を吹きかけるのはやったかな?
冬越しは、しばの仕事部屋の出窓。
家の中でいちばんあったかい部屋で、最初の冬を過ごした。

画像の鉢に植えていたら、心なしか、とある部分の根元だけ、うまく根付かないで地上に上がってこようと斜めになってきたんで、今は別の鉢に植え替えてある。
筆者。
通信制大学に通う 場末教員。デジタル機器の 人柱er。BIO詳細→https://t.co/0ORAVteKs5 (スマホ, タブレットの方はPC版を見て下さい)
読書記録場です。

来てくれてありがとう!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あの頃は・・・
テーマ別に分類。
livedoor 天気
RSSのURL
http://shibanchilog03.ldblog.jp/index.rdf


Yahooブログに当ブログをリンクしてくださる奇特な方は、「ブログリンク」のところに上のURLをコピペして入れてくださいね。
困った時の記事検索。
メール窓口。
  • ライブドアブログ